ニュース 「大雨」関連

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年7月8日(日) 8:00~ 8:57
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ニュース (ニュース)
08:00~

愛媛県と高知県に大雨特別警報が出された。川の氾濫・土砂災害などに最大級の警戒が必要。高知・宿毛では道路が水に浸かり、住宅が水に浸かり通報などが多く寄せられているという。愛媛・愛南町は強い雨が降り続けている。愛媛県の職員が宇和島と愛南町を中心に道路・川の巡回、被害情報の収集をしている。高知・宿毛では午前6時半現在、市役所の周りに水があふれているという。また、の複数の道路が浸水し、一部の市職員が出勤できずにいる。高知・大月町では一切地区の住民が隣の家に土砂が流れ込んでいるという通報が入ったという。住宅には1人が住んでいて、消防が確認を急いでいる。高知・宿毛では住宅が水につかるという通報が10件以上あり、現在も通報が相次いでいる。午前7時現在、愛媛県で18人が死亡し、愛媛県と高知県合わせて行方不明が8人いる。

気象庁はこれまでにふった大雨で数十年に1度の災害が差し迫るとして高知・愛媛にも大雨特別警報。岐阜県にも引き続き出されていて、三県では最大級の警戒をよびかけ。高知・大月町では82ミリの猛烈な雨を観測、宿毛では263ミリを達し統計史上最多。愛媛・愛南町は100ミリ、岐阜・下呂市や郡上付近などで100から110ミリを観測し、記録的短時間大雨情報を発表した。愛媛・宇和島市では364.5ミリと平年7月の1.5倍。岐阜・関市では津保川が氾濫。 降り始めからの雨量は郡上市ひるがので1050ミリに達した他、広島市で440.5ミリ、岡山・倉敷市で254.5ミリ。

岐阜県で断続的に雨が降り続き、約1000ミリの猛烈な雨となっている。大雨特別警報が出され土砂災害や川の氾濫など最大級の警戒を呼びかけている。岐阜市の長良川は水位は少しずつ下がってきている。岐阜・関市では津保川が氾濫し、住宅が浸水している。これまでに7件の救助要請があったという。岐阜ではきょう昼前にかけて1時間に80ミリの猛烈な雨のおそれがある。あす朝6時までの24時間雨量は200ミリと予想されている。気象庁は岐阜県の16市町村に大雨の特別警報を発表し、最大限の警戒をするよう呼びかけている。昨夜、岐阜市長良川の堤防の歩道を歩く男性が雷に打たれて重傷となっている。長良川の長良橋両岸の陸閘を閉鎖した。けさになって長良川の水位が下がり、午前6時前までに陸閘は開放された。岐阜県では8市町約2万9000世帯、7万7000人余りに避難指示(緊急)が出ている。県内の広い範囲に避難勧告が出されている。

岐阜・関市上空の映像を中継。壺川が大雨で氾濫し住宅が浸水。上流から流れ着いたものが散乱し住宅1階部分まで押し寄せている。

午前7時半で岐阜・高知・広島・岡山・熊本に氾濫危険水位超の川。土砂災害警戒情報が各地に発表される。西日本・東日本では局地的に1時間80ミリ以上の猛烈な雨の恐れ。気象庁は大雨の特別警戒情報が出ている高知・愛媛・岐阜では川の氾濫。土砂災害に最大級の警戒を続け、自治体情報に従い直ちに安全な場所に避難呼びかけ。周囲が浸水など危険な場合出来る限り安全確保すること。増水した川・用水路・急な崖など危険な場所には絶対に近付かないこと。

27%が浸水したとされる岡山・真備町から中継。現在雨は降っていないがカメラから見える範囲すべての住宅1階部分が浸水している。小田川が100m近く決壊し、現在応急処置として土嚢が置かれている。水の下でマンホールのふたが外れる、側溝に気付かないなどがあるため棒などで足元を確認しながら歩くよう伝えた。

岡山・真備町からの中継。住宅の1階に泥水が入り込み、町の面積27%が浸水したと推定される。川や用水路には近づかず、足元を確認するなど慎重に行動するとともに、土砂災害に警戒。

岡山県倉敷市真備町の様子を紹介。周囲が水に浸かり、まび記念病院には周辺の住民らが避難して一夜を過ごした。200人を超える人がいるが、電気や水道が止まり飲食物も不足し困っていると看護師は話している。簡易トイレや寝具なども足りていない状態。

気象庁はこれまでにふった大雨で数十年に1度の災害が差し迫るとして高知・愛媛にも大雨特別警報。岐阜県にも引き続き出されていて、三県では最大級の警戒をよびかけ。高知・大月町では82ミリの猛烈な雨を観測、宿毛では263ミリを達し統計史上最多。愛媛・愛南町は100ミリ、岐阜・下呂市や郡上付近などで100から110ミリを観測し、記録的短時間大雨情報を発表した。愛媛・宇和島市では364.5ミリと平年7月の1.5倍。岐阜・関市では津保川が氾濫。 降り始めからの雨量は郡上市ひるがので1050ミリに達した他、広島市で440.5ミリ、岡山・倉敷市で254.5ミリ。土砂災害警戒情報が13府県で発表。きょう、西・東日本では昼頃にかけ局地的に1時間80ミリ以上の猛烈な雨のおそれがある。警報のない地域でも土砂災害や氾濫に注意、落雷や激しい突風にも十分注意。

中国地方では29人の死亡が確認。孤立した地域から救助要請が相次いでる。真備町では引き続き消防などがボートで救助活動を行っている。広範囲で浸水し、朝から雨が降り続いている。まび記念病院では患者・避難してきた人など約160人が孤立しているため、消防などは救助活動を急いでいる。総社市の避難所には約100人が一夜を明かした。広島県内では土砂崩れなどが発生、23人が死亡し3人が心肺停止の状態となっている。岡山、山口ではそれぞれ3人の死亡が確認。孤立地域から救助要請が相次いでいる。中国地方には今日未明から雨雲がかかり、広島・山口などで1時間10ミリを超える雨が降った。明日朝までに予想される雨量は山陽で80ミリ、山陰で60ミリなど。広島・岡山では土砂災害などに厳重警戒するよう伝えた。

金森が解説。発達した雨雲が四国、九州、岐阜にかかっている。四国の状況は、高知に発達した雨雲がかかっている。土砂災害には最大級の警戒が必要で、愛媛や高知では極めて危険な状況の町があり既に発生してもおかしくない状況だという。岐阜県は、各地で発達した雨雲があり、同様に土砂災害に警戒。岐阜・関市北部では川の氾濫が発生。注意点は、遠い場所の安全な場所に避難するのが望ましいが、難しい状況では自宅の高い場所にいる、周囲の状況を確認した上で少しでも離れた場所などにいることが大事だという。特別警報が出ていない地域でも警戒が必要。

全国の気象情報を伝えた。各地で記録的な豪雨が観測され、土砂災害などに最大級警戒が必要である。 日中から夜にかけても大雨は続く見込み。

気象台は愛媛と高知にも大雨特別警報を発表した。愛媛県愛南町では床上浸水が5棟、床下浸水が10棟程度発生している。けが人の情報は現時点では入っていない。愛媛県では宇和島市と愛南町を中心に道路や川の巡回を行い、被害情報を収集している。愛南町では一本松地域を流れる篠川の一部が氾濫し、田んぼに水が流れ込んでいるとのこと。高知県宿毛市では午前6時半現在市役所の周りに水があふれている。複数の道路が浸水しており一部の職員が出勤できていないとのこと。高知県大月町では一切地区の住民から、隣の家に土砂が流れ込んでいるという通報が入った。この住宅には1人が住んでいるという情報があり、警察が確認を急いでいる。宿毛市内では自宅周りに水があふれて出られない、2階に避難しているので救助してほしいといった通報が約10件寄せられている。この大雨による災害で愛媛県では18人が死亡、愛媛県・高知県合わせて8人が行方不明になっている。

午前7時半現在、記録的豪雨の影響での死者は広島で23名など、合わせて51名。意識不明が7名、少なくとも44名が安否不明となっている。各地で消防などが救助活動などを行っているが被害全容はわかっていない。

特別情報が解除されたり、出ていなくても雨の量が多くなっている地域では、少しの雨でも土砂災害や氾濫の危険性があり厳重な警戒が必要。落雷や激しい突風にも十分な注意が必要。気象庁が会見し、最大の警戒を呼びかけた。「岐阜に加え高知・愛媛に大雨特別警報を発令した。経験したことがないような大雨で重大な危険が差し迫った異常事態。土砂崩れや浸水による重大な災害がすでに発生していてもおかしくない状況。西日本・東日本では記録的な大雨で災害発生の危険度が高くなっている。今日8日は局地的に猛烈な雨の降るおそれ。避難情報に直ちに従うなど適切な行動を。すでに外に出ることが危険な場合には少しでも命が助かる可能性が高い行動として2階以上や崖の反対側などより安全な場所に退避など、最善を尽くして。避難完了している場合も油断しないで。どこで災害発生の危険度が高まっているか危険度分布で確認を。警報解除・出ていない地域も厳重警戒が必要」と述べた。

停滞する梅雨前線が活発になっており、同じような場所で雨が降り続く。雷を伴う場合もあり、局地的に降る場所や大雨になる可能性もある。ここ1時間の雨量は1時間20ミリを超える雨が観測されている。24時間でも雨が強く、高知県では7月いっぱい分の1.5倍の雨などが観測されている。明日朝までの予想雨量は多い所で200ミリなど。土砂災害・氾濫が起きている場所に近寄らず身を守る行動をするよう呼びかけた。土砂災害の危険度が高い地域として、鹿児島県・愛媛県・岐阜県・広島県の一部を挙げた。岐阜の飛騨川や四国の川が氾濫の恐れがあるため、近寄らないように伝えた。

愛媛県宇和島市吉田より中継。路面がぬれ、現在も雨が降っている。奥では住宅が倒壊し、作業をしている様子が確認できる。

今回の記録的豪雨できょう午前7時半現在、全国で51人が死亡している。広島県で23人、愛媛県で18人、岡山県で3人、福岡・山口・兵庫・京都・滋賀で各1人。安否不明者は全国で少なくとも44人。

気象庁は岐阜に加え高知・愛媛にも大雨特別警報を発表した。高知県大月町では午前6時までに82mmの雨量が観測された。愛媛県愛南町では午前5時までに約100mmの雨が降ったとみられる。数十年に一度の災害が差し迫っているとして気象庁は最大級の警戒を呼びかけている。

気象庁の会見のポイントは、重大な危険が差し迫り土砂災害や浸水による重大な災害が既に発生してもおかしくない状態。直ちに身の安全を守る行動をとってほしい。外に出ることが危険な場合は家の中でも2階以上など少しでも命が守れる最善を尽くして欲しいということだ。雨雲の状況は、高知県では清水市、宿毛市、黒潮町では1時間に80ミリ以上の雨雲がかかっている。土砂災害危険なのは高知県大月町、宿毛市、安芸市。愛媛県では愛南町、宇和島市など。岐阜県は下呂市、郡上市、中津川市などが土砂災害注意。注意点は特別警報が出てるところは最大警戒が必要、ただちに身の安全を守る行動を。遠いところに避難や建物の2階以上に行くこと。最新の気象情報を確認しつつ周りの状況もしっかり確認を。

キーワード
大雨特別警報
愛南町(愛媛)
宿毛(高知)
宇和島(愛媛)
土佐清水(高知)
大月町(高知)
避難指示(緊急)
関市(岐阜)
避難勧告
岐阜市(岐阜)
郡上(岐阜)
下呂(岐阜)
長良川
津保川
宿毛市(高知)
宇和島市(愛媛)
下呂市(岐阜)
郡上市(岐阜)
倉敷市(岡山)
広島市(広島)
壺川
真備町(岡山)
小田川
土砂災害警戒情報
綾部市(京都)
岐阜県
愛媛県
高知県
長野県
福井県
大阪府
京都府
広島県
岡山県
徳島県
山口県
熊本県
鹿児島県
総社市(岡山)
安芸区(広島)
安佐北区(広島)
呉市(広島)
土砂災害
気象台
滋賀県
福岡県
兵庫県
奈良県
佐賀県
高解像度降水ナウキャスト
土佐清水市(高知)
黒潮町(高知)
四万十町(高知)
鬼北町(愛媛)
西予市(愛媛)
高山市(岐阜)
七宗町(岐阜)
飛騨川
篠川
吉田(愛媛)
氾濫
安芸市(高知)
中津川市(岐阜)
  1. 前回の放送
  2. 7月8日 放送
  3. 次回の放送