バスで!列車で!アッキーがゆく“復興の地” バスで!列車で!アッキーがゆく“復興の地”

放送日 2017年3月11日(土) 10:05~10:42
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
10:05~

先ほどのVTRで出てきたのは新しく出来た山下駅の近くの新市街地だったが、元々あった駅の周辺に今も住んでいる人も少なくないと紹介した。

キーワード
山元町(宮城)
山下駅

バスで!列車で!アッキーがゆく“復興の地” (バラエティ/情報)
10:05~

篠山輝信は旧山下駅周辺を散策。東日本大震災の津波で浸水した地域だが、もう一度同じ場所に住むことも許されている。駅があった場所の駅舎はすでに解体され、ホームの跡だけが残っていた。橋元さんが営む商店を訪れると、当時店内は壊滅となったが、悩んだ末2年後にこの場所で再建したという。

続いて、先ほど新駅の前で出会った菊地さんのお宅へ。ここにも1m80cmほどの津波が押し寄せたというが、かろうじて基礎などは残り、すぐに同じ場所に住むことに決めたという。菊地さん夫婦は、行く場所もないしお金もないのでとにかく直そうと、でもやっぱり怖い、怖さを知ってるからすぐ逃げられると話した。住民たちと話し合いを続け、車での避難も訓練している。

福島県では福島第一原発の事故の影響で、一部地域が帰宅困難区域・居住制限区域・避難指示解除準備区域に分けられて避難指示が出されていたが、今春に居住制限区域・避難指示解除準備区域の多くの避難指示が解除される。アッキーは福島・相馬市に向かった。まず、かならず訪れるという相馬市の野菜直売所「野馬土」を訪れた。2014年に訪れた時には貼られていた放射能検査の数値がなくなっており、もうほとんど数値が検出されなくなったとのこと。続いて、6年ぶりに避難指示が解除される予定の浪江町に向かった。町には店も少ないため仮設商店街「まち・なみ・まるしぇ」がオープンした。放射能への不安を抱える人がいる一方で、すでに準備宿泊で帰宅している人もいた。お昼は出会た人全員が勧める定食屋で美味しく頂いた。

福島・浪江町についてスタジオトークと説明。竹山さんは「長い草だと思ってたのが次行ったら木になってたりするところをみると、水田が終わっていくって思った。お父さんみたいに、将来わからないけど耕していかなきゃいけない。福島第一原発事故の一部で、全体では子どもたちもあそんでるし幸せに暮らしているところもあるので勘違いしないでほしい」などコメントした。篠山さんは「福島との以外ところで感覚や差が開いてるのが「食」。基準でてきてる手にとって安心できるから張り出すことはいいのって、以外の人にとっては安心は伝わらない」など話した。田んぼが釣ろうとするときには試験的な栽培を行って安全確認されて市場にだせる。その他にも、全袋検査というので放射能検査というのがある。調査によると知らない人が福島以外で36.5%もいる。柳澤さんは「誰が知らせてないって、僕らメディアの責任もある」などコメントした。今のところ基準を上回っていないため出荷はされている。

スタジオトーク。どうしても対策と考えると高台移転やかさ上げと考えるが、そこに住んでいる人の意識があるかどうかが重要、車での避難もどこででもできるわけではない、死に場所をどこにするか決めるという人生観もあると知った、海の近く以外でも自分たちが備えるという原則は変わっていないなどとトークした。

柳澤秀夫が防災についてスタジオ解説。鎌倉の町にもある津波避難ビルのマークを紹介し、意外と身の回りのマンションや公共施設にもある、自分たちの町に何が必要か分かっているかがポイントと話した。

農業の再開を目指している三浦さんの農家仲間・武藤さんを訪ねた。田んぼの除染は一昨年終わったが、試験的な栽培もいつ始められるのか、目処さえ立っていないという。それでも、これ以上田んぼが荒れないように手入れを続けているという。また、家の中にまだ線量が残っているためリフォームが必要だという。農業を継ぐ予定だった息子も、隣町で別の仕事に就いたという。それでも武藤さんは、かすかな望みはあると話した。

番組の内容を振り返ってスタジオトーク。しょこたんは「実際にアッキーさんが毎年変わり続けている被災者の現状を伝えさってくださっていることが、すごく言葉に刺さったし勝手に考えすぎてしまったこともあったので、今日見て電車に乗りたい!旅に行きたいと思いました」とコメントした。竹山さんは「宮城・福島ぜーんぶ時間的に難しいけどどっか一箇所でもなにかしら調べれば、電車でも飛行機でも安いチケットあったりするから、ぜひとも現地・生で見て楽しんで感じてもらってすべてを楽しむだけでもいいと思います」とコメントした。柳澤さんは「行くか行かないか、知るか知らないかものすごく大きい。一歩踏み出してもらえればそれができることを実感してほしい」と話した。篠山さんは「素直に聞かせてもらっているだけなので、遠く思ってるけど僕みたいな旅は誰でもできる」など話し、3つの県から行ける経路を紹介した。

キーワード
山元町(宮城)
東日本大震災
福島第一原発
福島第一原子力発電所事故
山下駅
相馬駅
野馬土
津波避難ビル
まち・なみ・まるしぇ
福島第一原発事故
避難指示区域
避難指示解除準備区域
準備宿泊
相馬市(福島)
浪江町(福島)
全袋検査
東北新幹線
いわて花巻空港
三陸鉄道
たろう観光ホテル
どんこのから揚げ丼
陸中野田
盛岡駅
仙台駅
松下駅
常磐線
名取駅
ゆりあげ港朝市
三春滝桜
磐越東線
福島空港
  1. 前回の放送
  2. 3月11日 放送