ごごナマ 「三浦雄一郎」

『ごごナマ』は、NHK総合テレビジョンにて2017年4月3日から平日午後に生放送されている大型情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月7日(火) 13:00~14:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
13:00~

ゲストの三浦雄一郎に「大型連休は何をしていた?」「尊敬する人は?」といった質問を出した。「アコンカグアを断念した気持ちは?」と聞かれると「残念」と答えた。

キーワード
アコンカグア

ニュース (ニュース)
13:01~

朝鮮による拉致問題の解決に向け、安倍総理大臣が前提条件をつけずに日朝首脳会談の実現を目指す考えを明らかにしたことについて、菅官房長官は金正恩朝鮮労働党委員長と直接向き合う決意をより明確に示したものだという認識を示した。

北朝鮮が今月4日に発射した複数の飛しょう体について岩屋防衛相は閣議のあと記者会見で、「国連安保理決議は弾道ミサイルの発射を禁じているが、北朝鮮が公開した画像も含め分析中だ。ロシアが保有している短距離弾道ミサイル『イスカンデル』に非常に似ている兵器が含まれているという指摘があることは承知している」と述べた。またアメリカや韓国と緊密に連携しながら、北朝鮮が公開した画像も含め、分析を進めていることを明らかにし、今後も北朝鮮の警戒監視に全力を挙げる考えを強調した。

アメリカのロシア疑惑の捜査結果をめぐり、司法省の元高官ら450人余りが連名で声明を発表し、トランプ大統領による司法妨害の疑いについて、大統領でなければ訴追されていたとする見解を明らかにした。司法妨害の証拠は不十分だとの判断を示したバー司法長官に強く異論を唱えるものとなっている。

福島県と山形県にまたがる吾妻山で火山性地震が増え、気象庁は「活火山であることに留意」を示す噴火警戒レベル1を継続したうえで、今後の火山活動の推移に注意するよう呼びかけている。

今月12日に初日を迎える大相撲夏場所に新大関で臨む貴景勝が所属する二所ノ関一門の連合稽古に参加し、平幕相手に10戦全勝と圧倒した。

為替と株の値動きを伝えた。為替や東証株価指数、日経平均株価の値動きについて報じた。

キーワード
菅官房長官
安倍総理大臣
金正恩朝鮮労働党委員長
岩屋防衛相
国連安保理決議
弾道ミサイル
イスカンデル
バー司法長官
トランプ大統領
ロシア疑惑
気象庁
噴火警戒レベル
火山性地震
火山性微動
吾妻山
貴景勝
二所ノ関一門
東京市場
日経平均株価
東証株価指数

ごごナマ (バラエティ/情報)
13:06~

今日のゲストはプロスキーヤー・冒険家の三浦雄一郎。世界七大陸最高峰のスキー滑降を達成し、70歳から3度もの登頂を成し遂げた。2019年1月にはアコンカグア登頂に挑戦するも、ドクターストップとなった。

三浦雄一郎が一番好きな食べ物は肉で、現在でもステーキは800gは食べられる。好きな焼き方はミディアムだとか。三浦雄一郎への質問・メッセージは番組HPまたはFAXで。

今日のラインナップは「アコンカグラ 断念の真実」「国宝級の器と食の秘密」ほか。

三浦雄一郎は1966年に富士山からの直滑降に挑戦。67年にはデナリ、83年にはビンソン・マシッフ、85年にはアコンカグラと、世界七大陸最高峰でのスキー滑降を達成した。

三浦雄一郎は世界七大陸最高峰 スキー滑降を達成。1970年にはエベレスト・サウスコル8000mから滑降したが、「無我夢中だった」と語った。

三浦雄一郎は2019年1月86歳でアコンカグア登頂に挑戦した。三浦雄一郎は85歳のときに中国のチョ・オユー登頂に挑戦しようとしたが、中国側から75歳以上の登頂を禁止されてしまう。そこで急遽、アコンカグアに登頂することにした。

登頂メンバーは次男の三浦豪太ら、エベレスト登頂を成功させたチーム。三浦豪太は4200mのベースキャンプに入り、高度順応トレーニングを行った。ベースキャンプでは立派なテントで、テーブルで食事をとった。食事には肉も出てきて、焚き火の炭で焼いた。

5580m地点に移動する様子を伝えた。三浦雄一郎は「景色がすごくいい。歩く時は1歩ずつ、ゆっくり、ゆっくり」と語った。そこで三浦雄一郎が登山に持っていた実際の道具が登場。着用したダウンは鴨の羽が入っていて、マイナスの世界で万が一寝てしまっても大丈夫なようになっている。

三浦雄一郎は6960mの頂上を目指したが、6000m地点で強風に見舞われる。チームドクターの大城和恵さんは、心臓の病を度々患っていた三浦雄一郎の心臓に限界が来ていると判断した。三浦雄一郎は絶対に頂上に登りたいと考えていたが、すでに一度アコンカグアの登頂に成功し、次の挑戦にも挑むため、アコンカグア登頂を断念した。ちなみに三浦雄一郎は帰国直後にスキーを楽しんだという。

三浦雄一郎の山のウワサを掘り下げていく。「標高6000mではのりが必需品!?」というウワサは本当。三浦雄一郎は8000mのエベレストで、手巻き寿司を楽しんだ。手巻き寿司を食べるのはチームミウラの恒例で、お米を炊くことも出来る。

「標高6000mでお茶会開催!?」というウワサは本当。お茶の道具も持参して、テントのなかでお茶会を開くが、器は人間国宝が作ったものである。そこでその器で美保純らが実際にお茶を嗜んだ。

三浦雄一郎に「じつは亭主関白だ?」などの質問を矢継ぎ早に5つした。「じつは亭主関白だ?」はNO、奥さんの朋子さんとは学生時代に出会ったが、三浦家はどちらかというとかかあ天下だという。「登山とスキー意外にやりたいことがある」はYESで、本を読んだり、音楽を聞きたい。「子供の頃はわんぱくだった?」はNO、子供の頃は大病を患っていたという。父からは病気が治ったら蔵王に連れて行ってやると言われ、とても嬉しかったという。

「山で死ぬかもと思ったことがある」はYESで、雪崩にあったり、クレバスに落ちたりといったことを何度も経験している。そこで南極で遭遇した雪崩の映像を紹介した。三浦雄一郎は雪崩に遭遇した時「これで助かったら贅沢だ」と思いながら落下していたという。

三浦雄一郎は還暦の頃、飲み過ぎ食べ過ぎで体重90キロ、体脂肪率40%まで太ってしまう。すると、糖尿病、腎臓病など次々と病気に見舞われる。しかし父・三浦敬三さんが99歳でモンブランをスキーで滑降、次男・三浦豪太さんが五輪に出場した事にジェラシーを感じ、70歳でエベレストを目指すことになった。

三浦雄一郎は5年間で体作りを行った。行ったのは足に10キロ、背中に30キロの重りを背負って歩くというもの。三浦雄一郎は重りをつけて9キロは歩くことができた。体の負担が大きそうだが、逆に膝痛などは治ってしまったという。

三浦雄一郎は70歳以降、エベレストの登頂を3度成功させ、80歳7か月の最高齢登頂記録を樹立した。三浦雄一郎は90歳でのエベレスト登頂を目指しているが、3週間ほど前に脳梗塞を発症したことを明かした。三浦雄一郎は挑戦し続ける理由について「自分の限界を旅してみたい。いろんなことやったけど、山が一番元気になる。最高のホスピタル」と語った。

キーワード
三浦雄一郎
番組HP
アコンカグラ
燃え尽き症候群
富士山
デナリ
ビンソン・マシッフ
コジアスコ
エベレスト
エルブルース
アコンカグア
チョ・オユー
高度順応トレーニング
三浦豪太
大城和恵さん
手巻きずし
朋子さん
南極
雪崩
糖尿病
腎臓病
高脂血症
高血圧
狭心症。
不整脈
三浦敬三さん
三浦豪太さん

番組宣伝 (その他)
13:55~

「うたコン」の番組宣伝。

「極上!スイーツマジック」の番組宣伝。

エンディング (その他)
13:57~

このあと 2時5分から川柳 お題“変わる”。

視聴者からのお便り「三浦さんのサインが入ったスキー板を買ってもらい、スキーが大好きになった」などを紹介した。三浦雄一郎は家族のサポートがありがたいと語った。

あすのおしゃべり日和 秋吉久美子さん。

キーワード
秋吉久美子さん
  1. 前回の放送
  2. 5月7日 放送
  3. 次回の放送