ごごナマ 外国人観光客も注目!日本のしょうゆ

『ごごナマ』は、NHK総合テレビジョンにて2017年4月3日から平日午後に生放送されている大型情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年12月3日(月) 15:08~16:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
15:08~

テロップ:メールはHP FAXは03-3465-4910

なぎら健壱の「フォークシンガー」が流れた。

船越英一郎らの挨拶。ゲストは増田明美。本日のラインナップを紹介した。

キーワード
フォークシンガー
なぎら健壱

突撃 リニアが行く! (バラエティ/情報)
15:09~

北原白秋が、児童文芸誌「赤い鳥」に童謡を発表して100周年を迎え松田利仁亜が「白秋童謡館」を訪れた。北原白秋は神奈川・小田原に住み、生涯に1200ほどの童謡を作り、その半数を小田原でつくったという。アカペラグループのベイビー・ブーが「待ちぼうけ」を披露した。ベイビー・ブーは白秋童謡100年ということで小田原童謡大使にボニー・ジャックスと一緒に任命された。ベイビー・ブーが「ゆりかごのうた」「ペチカ」など白秋がつくった童謡をメドレーで披露した。

テロップ:メールはHP FAXは03-3465-4910

キーワード
小田原市(神奈川)
この道
赤い鳥
待ちぼうけ
ボニー・ジャックス
からたちの花
ゆりかごのうた
ペチカ
アメフリ
ボニージャックス&ベイビー・ブー クリスマスコンサート

プロフェッショナル over80’s (バラエティ/情報)
15:18~

大分・別府市に住む87歳の岡本照さんは映画館を47年間、女手一つで守ってきた。照さんの映画館は70年近く続く老舗映画館で選りすぐりの映画を1日4~5本、365日休むことなく上映している。毎日、オープン前に照さんは映写室で亡き夫にお祈りをしていた。座席の数は80で従業人は雇っていないため全部の仕事を照さん1人で行っている。お客さんが入ると映写の準備をする。上映中は照さんがほっとひといきつける時間。照さんが一番大事にしているのは、客の見送り。感想を語り合うことでより映画を楽しんでもらうという。映画を見に来た男性は「ホームみたいな感じで迎えてくれる、ほかでやっていてもここで見たい」などと話した。照さんとの会話を楽しむために来る客も多かった。映画館の開業は昭和24年、照さんの父親が始め、その後、夫が館主を継いだが10ヶ月後に病気で亡くなった。館主となった照さんは無我夢中で走り続けた。多くの映画人とも交流し業界でも一目置かれる存在となった。しかし2000年、隣の市に最新型の映画館が出来た。閉館しようとしたが、お年のお客さんに閉めないでくださいと言われ続けたという。夜9時に過ぎに最終の上映が終わった。この日のお客さんは21人、平日は1桁の時もある。照さんは3年前から映画館を支えたいという若者と共にトークショーと組み合わせたイベントを始めた。この夏、若い人の意見を取り入れて上映した「カメラを止めるな!」が大ヒット。連日行列となり客席が満席になった。照さんは「なんとかトントンでも赤字でも続けていこうかな。一生現役でおりたい」などと話した。

テロップ:メールはHP FAXは03-3465-4910

キーワード
別府市(大分)
ゆずりは
渥美清
カメラを止めるな!

ちょい★トレ (バラエティ/情報)
15:31~

今回はベトナムで定番の料理「バインミー」を紹介した。高田馬場駅から徒歩1分ほどの場所にあるお店では、平日のランチタイムともなる行列ができていた鶏のレバーペーストをぬることで本場の味を再現している。東京・三軒茶屋にあるお店ではオープンとともに「バインミー」を求めてお客さんがやってきた。東京・恵比寿にある店はベトナム屋台をイメージし、スタッフはベトナムで研修を受け本場仕込みの味を再現した。

ベトナムに20年以上通いベトナム料理を中心にバインミーを研究している足立由美子さんがバインミーについて語った。バインミーはベトナム語でパンのこと。フランスの植民地時代にフランス人がフランスパンにレバーペーストなどを持ち込みサンドイッチを作っていた。統治下が終わり、ベトナム人が自分たちいろんなアレンジをし色んなサンドイッチを作り始め、たくさんの種類が広がってきた。スタジオにスタンダードなバインミーが登場し試食した。美保純は「私、なますが苦手なんですけど、これはいける」などと話した。

テロップ:メールはHP FAXは03-3465-4910

キーワード
高田馬場(東京)
バインミー
パクチー
レバーペースト
なます
三軒茶屋(東京)
恵比寿(東京)

外国人も気になる!?ニッポン (バラエティ/情報)
15:41~

今回のテーマは「日本のしょうゆ」。外国人に日本のしょうゆについて聞いてみると「スペインでも日本のメーカーを買うようにしている」「しょうゆを入れるとなんでも美味しくなる。いろんな種類があるけどどのように使い分けるの?」「しょうゆはどのくらい種類があるの?」などの声があがった。

しょうゆ専門店の代表を務めている高橋万太郎さんが、日本のしょうゆを紹介した。しょうゆの輸出量は増え続けている。しょうゆのメーカーだけで全国に1200社ほどあり、大きく分けて「白しょうゆ」「たまりしょうゆ」など6種類に分かれている。しょっぱさでいうと薄いほうが塩分濃度が高い。豆腐を用意し6種類の醤油をためしどれが一番合うかを試した。高橋万太郎さんのオススメは「再仕込み醤油」だった。熟成の期間が長くうま味が入っているという。高級な豆腐には薄口醤油が合う。おかかには甘口しょうゆが合う。アイスクリームに再仕込みとかけると、みたらし団子のようになる。

醤油の魅力を伝えるためにミーゲン・バグウェルが和歌山・湯浅町を訪れた。湯浅町は醤油発祥の地と言われ昔ながらの醤油蔵が今に受け継がれている。金山寺みそを作り、上に染み出したものが醤油の始まりだという。しょうゆまんじゅうを食べミーゲン・バグウェルは「おいしい、おすすめです」などと話した。

スタジオで、醤油をつかったスイーツ「しょうゆマカロン」や「しょうゆまんじゅう」などを試食した。船越英一郎は「スイーツ全部いける。めちゃめちゃ美味しい」などと話した。

ごごナマの番組宣伝。

テロップ:メールはHP FAXは03-3465-4910

キーワード
しょうゆ
白しょうゆ
薄口醤油
甘口醤油
濃口醤油
再仕込み醤油
たまり醤油
湯浅町(和歌山)
醤油
金山寺みそ
しょうゆまんじゅう
しょうゆゼリー
しょうゆマカロン
しょうゆチョコレート
  1. 前回の放送
  2. 12月3日 放送
  3. 次回の放送