ニュース 「大阪で震度6弱」関連

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年6月19日(火) 16:05~16:15
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ニュース (ニュース)
16:05~

震度6弱の地震を観測した大阪府で4人が死亡した。このうち高槻市では小学4年生の女の子が崩れたブロックの下敷きになったことを受け警察が現場検証を行った。現場の献花台では早朝から手を合わせる人の姿が見られた。手を合わせた人は「あまりにもかわいそうで献花させてもらった」「(子どもが)同じ目にあっていたらと思うと怖い」などと話していた。 警察は午前11時半ごろから、業務上過失致死の疑いで現場検証。高槻市は昨日の会見で、ブロック塀が基準よりも高く設置され建築基準法に違反していたことを明らかにしており、警察はブロック塀を押収して構造を確認するとともに、今後、市の担当者や施工業者から話を聞くなどして設置された経緯について調べることにしている。

高槻市や茨木市などでは、地震による電気やガスなどのライフラインへの影響が続いている。高槻市や箕面市の断は今日午前中までにほとんどが復旧した。午後2時現在、高槻市のい広い範囲と箕面市・吹田市の一部で水道水が濁る状態が続いているため各地で給水が行われている。また大阪ガスによると、茨木市・高槻市・摂津市・吹田市の合わせて11万戸余でガスの供給が止まっている。「不便、お風呂に入れないのがつらい」などの声も聞かれた。大阪ガスはおお元のガス管に異常がないか点検するため今朝から一軒一軒を周って住宅のガスの元栓を閉める作業を進めている。大阪ガスの担当者は、「一刻も早くガスを安全に使用していただけますよう、全力で迅速に復旧活動に取り組んでいきたい」と話した。大阪ガスはきょうから本格的な復旧作業をし、一週間をめどに復旧を完了したいとしている。地域ごとの状況などは大阪ガスのホームページの「復旧見える化システム」で最新情報を確認できるようにしている。

茨木市では被災した住宅などが安全に使用出来るかどうか判定する「応急危険度判定」がはじまった。今回の地震で茨木市では、住宅138棟が被害を受けたと市に連絡があった。これを受けて茨木市は今日から被災建築物の応急危険度判定を始めた。このうち市内中心部に近い住宅では、専門の資格を持つ職員が外壁や瓦の状態を確認したり、倒れたブロック塀の幅や家の傾きを測ったりしていた。その結果、この住宅は3段階の判定のうち、最も危険度が高く、立ち入り前に応急措置が必要な「危険」とされ、それを示す赤色のステッカーが貼られた。使用が可能な建物には「調査済」と書かれた緑色のステッカーが、立ち入りに注意が必要な建物には「要注意」と書かれた黄色のステッカーが貼られる。茨木市では判定の受付を平日の午前9時~午後5時までおこなっていて、判定作業は今月28日までおこなう予定。

大阪府内では午前中の時点で1000人あまりが自主的に避難していた。このうち高槻市内の避難所から現在の状況を中継で伝える。芳賀健太郎さんは「昨夜は60人ほどが一夜を過ごしたこの体育館ですが、今この時間中にいらっしゃるのは20人ほどです。一時的に家に帰っている方が多いということです。この後雨が予想されています。その前に壊れた屋根にシートをかけたい、あるいは最低限家の片付けをしたいと家に帰っている方が多いということでした。70代の女性の方にお話を伺いました。『家は築50年を超えています。壁にヒビが入りました。少しでも揺れると崩れるのではないかと怖い思いをする。こちらは安心なのでしばらく身を寄せたい。』と話していました。こちらの避難所は給水場も兼ねています。給水タンクには昼以降100人以上の方が訪れました。お話を伺いますと、午後に入って多くの方が水の濁りは大分とれてきていると話しています。ただ、子どもたちにあげるなどのために念のため水を汲みに来ているとのことでした。市の担当者によりますと、水道水の濁りなどの情報については、市のホームページで情報を発信するということです。それを見た上で水を汲みに行くか決めてほしいということでした。高槻市の小学校からお伝えしました。」などと伝えた。

キーワード
業務上過失致死
建築基準法違反
大阪府
高槻市(大阪)
市の担当者
大阪ガス
茨木市
応急危険度判定
茨木市(大阪)
復旧見える化システム
箕面市(大阪)
吹田市(大阪)
摂津市(大阪)
市のホームページ

気象情報 (ニュース)
16:11~

これからの時間帯は、ご自宅と避難所の行き来の際にも足元に注意してください。また地盤が緩んでいる地域ではこれからの雨に注意が必要です。

近畿地方の気象情報を伝えた。今後は1時間に50ミリという非常に激しい雨となる恐れがあるので注意が必要。今回の地震で地盤が緩んでいることにより、少しの雨で土砂災害を引き起こす恐れがあるので警戒が必要。

土砂災害の前触れについて伝えた。土砂災害の前触れは山や崖に亀裂が入ること、濁った水が流れ出してくること、小石が転がって来ること、異常な音がするなど。このような前触れがあるときは直ちに安全を確保するように、早めの避難を心がけること。この後も浸水や川の増水などに注意が必要。

キーワード
奈良県

エンディング (その他)
16:14~

近田雄一さんは「今回揺れが強かった大阪北部では、急な傾斜地が多い地域でもあります。早めの避難を考えるようになさってください。引き続き大阪からライフラインの情報をお伝えします。」などと話した。

キーワード
坂下さん
大阪府

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月19日 放送
  3. 次回の放送