大相撲 幕内の全取組「初場所 四日目」

大相撲(おおずもう)は、

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年1月18日(木) 3:45~ 4:10
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
03:45~

オープニグ映像。東京・両国の国技館で行われた初場所四日目の見どころを紹介。

キーワード
両国(東京)
国技館
初場所

初場所 四日目 (スポーツ)
03:45~

東【前頭十七】大奄美(2勝2敗)。西【十両一】妙義龍(1勝3敗)。大奄美の送り出し。

東【前頭十五】石浦(3勝1敗)。西【前頭十五】錦木(2勝2敗)。錦木の寄り倒し。

東【前頭十四】阿炎(2勝2敗)。西【前頭十六】竜電(1勝3敗)。阿炎の上手投げ。

東【前頭十六】朝乃山(4勝0敗)。西【前頭十四】豊山(1勝3敗)。朝乃山の寄り切り。

東【前頭十三】豪風(0勝4敗)。西【前頭十三】大栄翔(3勝1敗)。大栄翔の寄り切り。

東【前頭十二】蒼国来(2勝2敗)。西【前頭十二】輝(3勝1敗)。輝の突き出し。

東【前頭十一】琴勇輝(3勝1敗)。西【前頭十一】大翔丸(2勝2敗)。琴勇輝の押し出し。

東【前頭九】松鳳山(3勝1敗)。西【前頭十】安美錦(1勝3敗)。松鳳山のすくい投げ。

東【前頭九】千代丸(3勝1敗)。西【前頭八】魁聖(2勝2敗)。千代丸の引き落とし。

東【前頭七】千代翔馬(3勝1敗)。西【前頭八】栃煌山(3勝1敗)。栃煌山の押し出し。

東【前頭七】千代の国(0勝4敗)。西【前頭六】勢(1勝3敗)。勢の押し出し。

東【前頭五】隠岐の海(1勝3敗)。西【前頭六】宝富士(2勝2敗)。宝富士の寄り切り。

東【前頭五】遠藤(3勝1敗)。西【前頭四】荒鷲(2勝2敗)。遠藤の寄り切り。

東【前頭三】千代大龍(3勝1敗)。西【前頭四】正代(2勝2敗)。正代のつきひざ。

東【関脇】御嶽海(4勝0敗)。西【小結】貴景勝(2勝2敗)。御嶽海の引き落とし。

東【小結】阿武咲(1勝3敗)。西【関脇】玉鷲(2勝2敗)。阿武咲のはたき込み。

東【大関】豪栄道(4勝0敗)。西【前頭一】北勝富士(2勝2敗)。豪栄道の寄り倒し。

東【前頭三】栃ノ心(4勝0敗)。西【大関】高安(3勝1敗)。栃ノ心の突き落とし。

勝利した栃ノ心のインタビュー。栃ノ心は「最後なんとか突き落として勝てて良かったです。」と述べた。

東【横綱】鶴竜(4勝0敗)。西【前頭一】逸ノ城(1勝3敗)。鶴竜の寄り切り。

東【前頭二】琴奨菊(1勝3敗)。西【横綱】稀勢の里(1勝3敗)。琴奨菊の突き落とし。

東【横綱】白鵬(2勝2敗)。西【前頭二】嘉風(1勝3敗)。嘉風の突き落とし。

勝利した嘉風のインタビュー。嘉風は「懐に入ったら良い相撲なのかなと思って。思い切って行きました。沢山お客さん入ってくれてるので、沢山拍手をもらえるような相撲をとりたいと思います。」と話した。

十両の取組の結果を紹介。

キーワード
大相撲初場所
両国国技館
大奄美
妙義龍
石浦
錦木
阿炎
竜電
朝乃山
豊山
豪風
大栄翔
蒼国来
琴勇輝
大翔丸
松鳳山
安美錦
千代丸
魁聖
千代翔馬
栃煌山
千代の国
隠岐の海
宝富士
遠藤
荒鷲
千代大龍
正代
御嶽海
貴景勝
阿武咲
玉鷲
豪栄道
北勝富士
栃ノ心
高安
鶴竜
逸ノ城
琴奨菊
稀勢の里
白鵬
嘉風

エンディング (その他)
04:08~

初場所五日目の幕内取組の紹介。

大相撲 幕内の全取組の番組宣伝。

エンディング映像。

キーワード
初場所
  1. 前回の放送
  2. 1月18日 放送
  3. 次回の放送