大相撲名古屋場所 千秋楽 ▽賜盃の行方は ▽千秋楽 鶴竜・白鵬が直接対決

放送日 2019年7月21日(日) 15:30~18:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

大相撲名古屋場所 千秋楽(中継1) (スポーツ)
15:30~

横綱・鶴竜の土俵入りの様子を伝えた。

横綱・白鵬の土俵入りの様子を伝えた。

14日目の鶴竜・白鵬のそれぞれの取組を振り返った。1敗の鶴竜と2敗の白鵬が直接対決となった。北の富士勝昭は「おもしろくなっていいじゃないですか」などと話した。鶴竜と白鵬の対戦を振り返った。

剣翔のインタビュー。「やっとスタートラインに立てたといった感じですね。早い相撲を取ることを心がけたことがよかったと思います」などと話した。

幕内の取組を伝えた。

東【前頭十三】千代丸(5勝10敗)。西【前頭十一】錦木(6勝9敗)。錦木の押し出し。

寺沢にインタビュー。「まさか新三段目でこういった成績が残せると思わなかったので非常にびっくりしてます、ケガのない体作りをしてしっかり稽古をしていきたいと思います」などと話した。

東【前頭十四】炎鵬(9勝6敗)。西【前頭九】大翔鵬(6勝9敗)。炎鵬の下手投げ。

元林のインタビュー。「とても嬉しいです。来場所は序二段なので序二段で優勝して頑張りたいですね。親方を超えれるように頑張っていきたいです。押しを磨いて前に出る相撲をとっていきたいなと思います」などと話した。

東【前頭九】松鳳山(6勝9敗)。西【前頭十二】栃煌山(5勝10敗)。栃煌山の押し出し。

炎鵬のインタビュー。「15日間苦しかったですけど最後までしっかり戦い抜くことができたんでよかったです。これからまたしっかり頑張っていきたいです」などと話した。

北の富士勝昭は「炎鵬とちょっといま一言喋りたかったな。僕らねなかなか力士としゃべる機会がないんですよ」などと話した。

東【前頭十二】輝(7勝8敗)。西【前頭八】隠岐の海(8勝7敗)。隠岐の海の寄り切り。

東【前頭十六】照強(12勝3敗)。西【前頭七】友風(11勝4敗)。照強の押し出し。

幕下上位の成績を伝えた。

東【前頭七】妙義龍(8勝7敗)。西【前頭十六】琴勇輝(11勝4敗)。琴勇輝の突き出し。

照強のインタビュー。「自分で思ってるよりいい成績でよかったです。来場所に向けて稽古に集中して今場所のように頑張っていきたいと思います」などと話した。

東【前頭六】千代大龍(8勝7敗)。西【前頭十四】豊ノ島(7勝8敗)。千代大龍の突き倒し。

幕下上位・十両の結果を伝えた。

東【前頭十五】矢後(4勝11敗)。西【前頭五】宝富士(6勝9敗)。宝富士の寄り切り。

東【前頭十】琴恵光(9勝6敗)。西【前頭四】逸ノ城(9勝6敗)。逸ノ城の押し出し。

幕内前半の結果とこれからの取組を伝えた。

白鵬と鶴竜の過去の対戦成績と共に勝ったときの相撲を振り返った。北の富士勝昭は「鶴竜が早く攻めたいですね」などと話した。

東【前頭三】正代(7勝8敗)。西【前頭十】貴源治(4勝11敗)。正代の寄り切り。

インタビューの友風。「良い相撲も何番かありましたし、いろいろと経験になる場所だったと思います。来場所もしっかりなんとか若さを出して追いついていけたらなと思います」などと話した。

東【前頭二】碧山(8勝7敗)。西【前頭三】大栄翔(8勝7敗)。碧山のはたき込み。

東【前頭二】遠藤(10勝5敗)。西【前頭一】北勝富士(9勝6敗)。遠藤の寄り切り。

東【前頭一】朝乃山(7勝8敗)。西【前頭十三】佐田の海(9勝6敗)。朝乃山の寄り倒し。

遠藤のインタビュー。「1日一番だけ集中してやりきれたかなと思っています」などと話した。

東【前頭四】明生(4勝11敗)。西【小結】竜電(4勝11敗)。明生の寄り切り。

幕内の成績を伝えた。

東【前頭八】阿武咲(6勝9敗)。西【関脇】玉鷲(5勝10敗)。玉鷲の引き落とし。

三役揃い踏みの様子を伝えた。

東【小結】阿炎(8勝7敗)。西【前頭五】琴奨菊(7勝9敗)。阿炎のはたき込み。

白鵬と鶴竜の対戦について北の富士勝昭は「じっくり二番みたいね。場内の方はほとんどそう思うんじゃないんですか。1年間優勝がないのはちょっと辛いものがありますよね」などと話した。

東【関脇】御嶽海(9勝6敗)。西【前頭六】志摩ノ海(8勝7敗)。御嶽海の押し出し。

東【横綱】鶴竜(13勝1敗)。西【横綱】白鵬(12勝2敗)。鶴竜の寄り切り。

国歌斉唱し、表彰式を行った。優勝した鶴竜に表彰状と賜杯などが授与された。

鶴竜のインタビュー。「また一味違った優勝でした。名古屋でまだ優勝してなかった。ここ3年間ずっと名古屋で途中休場で名古屋のファンの皆さんに申し訳ない気持ちで。このままじゃ終われないなという思いがあったので、今年はいい報告ができて最高です。雨で大変だったと思いますけど、みなさん15日間本当にありがとうございました」などと話した。

白鵬と鶴竜の対戦について振り返った。鶴竜について北の富士勝昭は「やっぱり相撲がうまいもんね。攻め込まれて引く癖が出ますが今場所はそういうとこがなかった」などと話した。鶴竜の表彰席の様子を伝えた。舞の海秀平は「相撲の面白さ、奥深さを照強、炎鵬が十分に発揮してくれた」などと話した。

今場所の役力士の成績を伝えた。

今場所を振り返って北の富士勝昭は「なんとか形にはなりましたけど、期待に反した場所だと思います。大関候補、横綱候補が以外と伸びてこないね。良かったのは小兵。あと相撲のうまい人気力士がそれなりに勝ってくれた。あと立会いが今場所非常に悪かった」などと話した。舞の海秀平は「小兵が活躍して三賞獲得ですからこんな嬉しいことはない」などと話した。秋場所の日程を伝えた。

キーワード
鶴竜
白鵬
大相撲名古屋場所
照強
炎鵬

エンディング (その他)
17:58~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 7月21日 放送