どーも、NHK 2019年3月17日放送回

『どーも、NHK』(どーも、エヌエイチケイ)は、2016年4月10日より放送を開始したNHK総合テレビジョンの番組宣伝・自己批評番組である。日曜 11:20 - 11:54に生放送されている。番組タイトルの「どーも」は、NHKのステーションキャラクター『どーもくん』に因む。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年3月17日(日) 11:20~11:54
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
11:20~

きょうのパートナーは磯村勇斗さん。今年の桜について中條さんは「九州四国から今週桜前線がスタートする」などと述べた。

きょうは週刊どーもナビ「一週間のおすすめ番組」、もっとNHK「時代とともに 朝ドラ100作」、マンスリーNHK3月号など。

キーワード
大河ドラマ 麒麟がくる
スローな武士にしてくれ

週刊どーもナビ (バラエティ/情報)
11:21~

総合「超スゴい!クイズ若冲」が火曜日22時から放送する。欧州でも展覧会が開かれるほどのブームとなっている伊藤若冲の作品を8Kカメラで撮影。その凄さを徳井義実さん扮する若冲がクイズで出題。

BS1「GREAT RACE 最強王者を倒せ!」は21日20時放送。地上の楽園と呼ばれるレユニオン島で前代未聞のレースが開催。マウンテンバイクやシーカヤックなどを4人1組で425kmのコースに挑む。大会では世界大会4連覇中のニュージーランドが登場。ライバルも18の国と地域から集まった。

ドラマ「スローな武士にしてくれ」はBSプレミアムで23日夜9時から、BS4Kでは30日夜6時から放送される。時代劇の聖地・京都の撮影所に「最新技術を駆使して新選組の時代劇を撮影してほしい」というNHKからの依頼が舞い込む。主役に抜擢されたのは斬られ役一筋の大部屋俳優・村田茂雄。アクションは抜群だがセリフはさっぱり。斬られ役の後輩からは激しい嫉妬が。スタッフも歳を重ねたアナログ人間ばかりで、最新撮影機材に右往左往。アクションシーンに臨む村田だがセリフはなく、ただただ斬りまくる。クライマックスは世界最先端のハイスピードカメラで撮影される前代未聞のワイヤーアクションが繰り広げられる。

テロップ:NHKオンデマンドで配信します。

一週間のおすすめ番組「超スゴい!クイズ若冲」」「GREAT RACE 最強王者を倒せ!」「スローな武士にしてくれ」の番組宣伝。

キーワード
伊藤若冲
8K
徳井義実
チュートリアル
合原明子
ニワトリ
フランス
レユニオン島
NHKオンデマンド
NHK
柄本佑
田所新之助
村田茂雄
内野聖陽
新選組
近藤勇
中村獅童
朽木城太郎
京都府
若冲

もっとNHK (バラエティ/情報)
11:28~

朝ドラの現場について、磯村さんは「家族のような温かさがある」としていて今年春に100作目を迎える。昭和36年の「娘と私」からスタートし、朝にドラマを見るという視聴習慣を生み出し昭和41年に放送した「おはなはん」で女性の一代記を描くスタイルを確立する。ひときわ注目されたのが昭和58年放送の「おしん」で山形の貧しい農家に生まれ育ったおしん、ヒロインの明治から昭和までの激動の生涯を描き、平均視聴率52%を記録しドラマ史上最も高い数字となった。68の国と地域でも放送され、おしんに共感するおしんドロームと言う言葉も生まれた。平成22年の「ゲゲゲの女房」から視聴者のライフスタイルの変化に合わせ放送開始を午前8時に変更。こうした試行錯誤を契機に若い世代に新たなファンが増え、SNSでも話題を集めるようになっていった。朝ドラの魅力を伝える。

ちゅらさんのプロデューサーの菅さんと朝ドラの魅力を伝える。1作目は昭和36年の「娘と私」で高度経済成長期に産声を上げた。昭和58年の「おしん」は明治から昭和にかけての激動の時代を描いた。平成に入り、内容や演出に試行錯誤を重ねながらその時代と向き合う多彩な女性達の生き方を描いてきた。この春100作目の「なつぞら」の放送を迎える。一貫した狙いについて菅さんは「女性が中心で主人公の生き方を描く成長物語がベース。1年に渡り丁寧に描く、各時代の空気を感じ取って制作している。ベースにあるのが暖かくて共感を得るようなもの」と話した。ちゅらさんは放送後も人気で続編が作られた。沖縄小浜島出身のヒロインを演じた国仲さんにインタビュー、温かい家族の中で育ったヒロインは初恋の人との結婚の約束を果たすために上京、様々な出会いを経験しながら看護師という天職を見つける。平成15年、視聴者の投票による番組リクエストで1位となり、反響が大きかったのが食事のシーンなどで描かれる明るい家族の姿で多くの共感の声が寄せられた。

国仲さんも家族のありがたみを感じるシーンが心に残っていて、高校卒業後に上京したいと打ち明けるシーンで反対を押し切り家出を決意、覚悟を察していた父や母はカバンに手紙などが入っていた。沖縄出身の国仲さんは自らが上京した時を思い出しながら演じていて「照れくさくて出来ないことを愛情表現が強く出ていた。ほんわかするのが良かった」と話した。撮影が続く中今でも忘れられないのが現場のチームワーク、新人でヒロインに抜擢されプレッシャーも大きかった朝ドラで撮影は9ヶ月を越える長丁場でそんな中ベテラン俳優やスタッフたちが暖かく見守ってくれていて「違和感なく演じられた。菅さんはお父さんみたいな感じ」と話した。国仲さんは「ちゅらさんが俳優として成長させてくれた。セリフも膨大で大変だったが楽しかった。原点を作ってくれた」等と話した。

ちゅらさんについて菅さんは「9ヶ月ぐらい撮影をして、週1日リハーサルをやり3日間スタジオで撮影する。週4日スタッフなどと一緒にいるため仲良くなる感じはある。ベテラン俳優らが若いヒロインを支えるみたいな形で撮影が進む。ヒロインも成長するが本人も成長してくれた」と話した。お便りもたくさん届いていて菅さんは「面白いという封書が多く、返事をしていた。耳も痛い意見もあったができるだけ手書きで返事を出すようにしていた。朝ドラは撮影をしながら台本を作るため意見も取り入れられるものがあればやっていきたいという思いもあって返事をしていた」と話した。

朝ドラ100作!全部見せますスペシャルでは、朝ドラに出演した歴代ヒロインたちにチコちゃんが質問をぶつける。番組では好きな朝ドラランキングも発表され、投票は24万を超えた。

朝ドラ100作!全部見せますスペシャルの特設ホームページでは朝ドラにまつわるエピソードを募集していて、一部を紹介。40代女性は「小学校の給食時に先生がおしんを見せてくれた。今は母になりお弁当を作りながら明るく頑張るヒロインを応援している」とした。20代男性は「父は1日三回見ている。いつの間にか2回見るようになった」という。菅さんは「幅広い世代が楽しめるドラマを届け続けたい」と話した。エピソードはチコちゃんの特番の翌日、朝ドラ100作ファン感謝祭の中でも紹介する。4月1日から始まるなつぞらは広瀬すずさんが演じる。

100作目となる連続テレビ小説 夏空は広瀬すずさんが演じる。雄大な北海道を馬で駆け抜ける奥原なつを演じ「常に笑ってる女の子で届けられるものがあれば」等と話した。終戦後の昭和21年に両親を失ったなつは戦友の柴田に引き取られ十勝へ、豊かな自然と強く優しい大人たちに囲まれて暮らす。なつは愛情を受けたくましく育っていき、見つけた夢はアニメーター。東京へ向かいアニメの世界へ、懐かしいヒロインが登場し新たな出会いもある。4月1日月曜朝8時にスタート。

100作目となる連続テレビ小説 なつぞらについてスタジオでトーク。これまでヒロインとして出演した方も登場し、見どころ満載。今後の朝ドラについて菅さんは「出かける前に人が多いので元気を届けたい。同じものを作るのではなくその中で新たな視点や切り口も大事。時代の空気などを感じて朝ドラという作品として進化し続けるのを目標に頑張る」等と話した。

マンスリーNHK

キーワード
娘と私
朝ドラ
おはなはん
おしん
おしんドローム
ゲゲゲの女房
カーネーション
なつぞら
ちゅらさん
チコちゃん
特設ホームページ
広瀬すず
渋谷区(東京)

マンスリーNHK (バラエティ/情報)
11:46~

「究極ガイドTV 2時間でまわる」シリーズはあこがれの観光地や美術館などを2時間でリアルに散策する旅番組。4月7日はヴェルサイユ宮殿。ルイ14世やマリー・アントワネットが舞踏会を行った鏡の間など絢爛豪華な空間を8Kで撮影。22.2chの音声と共に臨場感たっぷりでお届けする。ほかにも日本の日光、厳島神社やイタリアのコロッセオなども紹介。放送スケジュールが表示された。

8日、NHK放送センターにて来年1月スタートの明智光秀を主人公に英雄たちが天下を争う大河ドラマ「麒麟がくる」の新出演者11人が発表された。光秀役の長谷川博己も出席。光秀の主君・斎藤道三を本木雅弘、織田信長を染谷将太が演じることになった。大河ドラマ初出演の岡村隆史は光秀の危機を助ける農民・菊丸を演じる。ほか、出演者の紹介がされた。

2020年度前期の連続テレビ小説 「エール」は昭和の激動の時代に人々の心に寄り添う数々の名曲を生み出した作曲家・古関裕而さんとその妻・金子さんの波乱万丈の人生をモデルにした物語。主演は「花子とアン」にも出演した窪田正孝さん。ことし秋から撮影を始め来年春から半年間放送する。

キーワード
8K
上田良一
ルイ14世
マリー・アントワネット
ヴェルサイユ宮殿
22.2ch
コロッセオ
日光市(栃木)
大河「麒麟がくる」
明智光秀
長谷川博己
斎藤道三
本木雅弘
織田信長
染谷将太
岡村隆史
菊丸
門脇麦
帰蝶
沢尻エリカ
望月東庵
堺正章
明智牧
石川さゆり
明智光安
西村まさ彦
連続テレビ小説 「エール」
古山裕一
窪田正孝
花子とアン
古関裕而さん
金子さん

エンディング (その他)
11:52~

大河ドラマいだてんの番組宣伝。NHKオンデマンドでも配信される。1912年ストックホルム大会開会式、四三と弥彦は日本初のオリンピック選手として入場。短距離に挑む弥彦はレース前極度の緊張状態になるが大森の言葉で本来の自分を取り戻し一世一代の大勝負に臨む。

磯村さんがひよっこ2の番組宣伝を行った。次回はハリー杉山さん。どーもくんとあっちむいてホイ、今日は左。

槇原敬之の「どーもありがとう」が流れた。

キーワード
NHKオンデマンド
ストックホルム大会
四三
弥彦
大森
極度の緊張状態
槇原敬之
どーもありがとう
ハリー杉山さん
  1. 前回の放送
  2. 3月17日 放送
  3. 次回の放送