クローズアップ現代+ 「ゴーンショック第2幕交渉舞台裏・新疑惑…日産どうなる?」

『クローズアップ現代+』(クローズアップげんだいプラス、英語: Today's Close-up)は、1993年からNHKで放送されているニュース・報道番組。放送開始時の番組名は『クローズアップ現代』。火曜日 - 木曜日の放送でNHK総合テレビジョンとNHKワールドTVおよびNHKワールド・プレミアム(2008年9月29日放送分からノンスクランブル放送)で放送されている。略称は『クロ現』。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月30日(水) 22:00~22:25
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ゴーンショック第2幕交渉舞台裏・新疑惑…日産どうなる? (ニュース)
22:00~

あすから開かれる会議で日産はルノーとのトップ会談にのぞみ、今後の提携関係について議論を始めようとしている。ルノー新会長にはミシュランCEOを努めフランス政府とも深い関係を築いてきたジャン=ドミニク・スナール氏が就任。日産がルノーの株式を15%持っているのに対しルノーは日産の43%の株式を持ち、ルノーだけに議決権がある。前会長が辞任したことで主導権争いが表面化し、今週ルノーの筆頭株主であるフランス政府は経営統合させたい意向を日本政府に伝えた。スナール新会長についてミシェル・サパン前経済相は「人望が厚く日産との信頼関係を回復するのにふさわしい」と評価している。一方ミシュランでスナール氏と労使交渉を重ねてきたジャンクリストフ・ラウルド氏は「従業員への配慮を示しながらも株主からの要望を実現してきた」としたたかな一面を語った。失業率などの不安を抱えるフランス政府は日産との提携関係を強化することで、国益を守りたいと考えている。株主コンサルタントのロイック・ドゥサン氏は、フランス政府はスナール氏の手腕を使って筆頭株主としての意向を実現させるだろうと見ている。また自動車業界が転換期を迎える中日産の高い技術力を生かしてルノーの競争力を高めたいとの思惑も、日産との提携関係を深めたい理由だ。これに対し日産の西川廣人社長は会見で提携関係を維持する上で「日産の経営の自主性」を強調した。

自動車アナリストの中西氏は「ルノーとフランス政府にしたら日産と経営統合進めていくのはここ数年既定路線として進めてきた話」「スナール氏は実績を持った優秀な経営者なので、対話を重視しながらの戦略をとってくると考えられる」「日産側の新しい会長職は新しい第三者がなる可能性はある」などとコメントした。経済部の小坂記者は「日産は経営統合に関しては拒否をする姿勢を示している」「強硬策に出られた場合日産は逆にルノーの株式を売却してしまうなどの動きにでかねない」などとコメントした。

パリから藤井記者の中継。スナール新会長の動きについて「スナール新会長としてもまずはトップ同士で話せる環境を作ろうという姿勢でのぞむと見られる」「日産がルノーにもとめている経営の自主性やより対等な関係はフランス政府の意向と両立できるものなのか探る」などと解説した。また日産前会長の事件については「同情論ばかりではないが、日本の司法制度に対する批判も根強くある」とした。

日産前会長の「CEO リザーブ」が注目されている。緊急時に前会長の裁量で使える予備費で、前会長はサウジアラビアの実業家のもとだけでなく、レバノンやオマーンにも支払われたことが分かってきた。

番組は現地オマーンで資金の流れを追った。日産オマーン販売代理店にCEOリザーブから販売奨励金などとして38億円が支払われていた。そこで浮かび上がった代理店の「幹部X」という人物の個人口座から支出された15億円がクルーザーなどの購入代金に充てられていたことがわかった。代理店の関係者はこの人物について「優秀な人物」と語り、長年代理店の経理を担当しており前会長とも関係が深かったという。秘書に電話をかけるもX氏と話すことはできなかった。さらに流れを追うと15億円はGFIという別の会社を経由していたこともわかった。GFIの所在地はレバノンのベイルートと登記されていた。所在地に向かうとそこに事務所はなく「ペーパーカンパニー」だった。さらに以前その場には前会長の親友の弁護士の事務所があったという。またこの住所には他に、前会長がレバノンで使っていた総額18億円の邸宅を所有していた会社など7つの会社が登記されていた。これらの会社の役員の男性に話を聞くことができ、「亡くなった弁護士に頼まれて設立に関わっただけで活動実績はなかった」「目的はマネーロンダリングの可能性もあるでしょう」などと語った。

取材をした永田記者は「オマーンの代理店の元幹部は日産からの奨励金の存在は知らなかったと証言した」「特捜部は中東への巨額の資金が前会長に還流していた可能性もあるとみて中東の関係各国に捜査協力の要請をしている」などと話した。中西氏は「これだけの独裁的な疑惑は一人では出来ない」「日産の中に大きな疑惑があると思う」「スナール新会長が鍵を握っている」などと話した。

NHKオンデマンドで配信のテロップ。

キーワード
日産自動車
ルノー
ゴーン前会長
ジャン=ドミニク・スナール
ミシュラン
西川廣人社長
マクロン大統領
三菱自動車工業
レバノン
オマーン
サウジアラビア
日産
GFI
ベイルート(レバノン)
NHKオンデマンド

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月30日 放送
  3. 次回の放送