クローズアップ現代+ 「人生変えた裁判員経験9割がやってよかった▽経験者の証言」

『クローズアップ現代+』(クローズアップげんだいプラス、英語: Today's Close-up)は、1993年からNHKで放送されているニュース・報道番組。放送開始時の番組名は『クローズアップ現代』。火曜日 - 木曜日の放送でNHK総合テレビジョンとNHKワールドTVおよびNHKワールド・プレミアム(2008年9月29日放送分からノンスクランブル放送)で放送されている。略称は『クロ現』。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月23日(水) 22:00~22:25
放送局 NHK総合大阪

番組概要

人生変えた裁判員経験9割がやってよかった (バラエティ/情報)
22:00~

ある日、突然届く黄色の封筒。これを受け取ると裁判員になるかも知れない。封筒を受け取った女性は殺人事件の裁判員を担当した。女性は「凄い責任があることなんだなと思いました」などと話した。裁判員制度が始まって10年。これまでに候補者になったのは280万人を超えている。裁判員を経験した人たちが貴重な経験を語った。「社会に目を向ける機械があって参加してよかった」「大きな気づきがあった」などと話した。裁判員の経験をきっかけに地域の子供を支える活動を始めたのは澁谷友光さん。澁谷さんは女性を乱暴し金を奪った事件だった。当初は被告に憤りを感じていたが、被告の証言を聞くうちに微妙に変わったという。澁谷さんたちが下した判決は懲役15年だった。数カ月後、澁谷さんは「法廷で私のために泣いてくれた裁判員がいます。私はあのひとの涙を忘れられません」という被告の言葉を聞いた。澁谷さんは孤独を感じている子供たちを救いたいとNPOを立ち上げた。

裁判員裁判を経験したあと、96.3%の人が良い経験と感じた答えた。大城聡は「市民が裁判員になることで、見て聞いて分かる裁判に変わっていった」などと話した。厚切りジェイソンは「裁判員制度になると裁判官も一緒にいる。裁判員がいる意味はあるんですか?」と質問。大城聡は「日本は有罪無罪の判断と、刑の重さをどれくらいにするのかも裁判官と一緒に考える」などと話した。裁判員になるはまず20歳以上の有権者に無作為に選ばれる、その後、事件ごとの候補者が選ばれ、最終的に抽選などによって裁判員になる。

4年前に裁判員を務めた女性。担当したのは首謀者の女が中心となって監禁、殺害した事件だった。女性はメモを取り続けるうちに強いストレスを感じてしまった。殺すや死ぬ、虐待などの言葉が多くて、選ばれたことへの重みと不安と怖さを感じるようになっていたという。裁判の期間は127日、守秘義務が科されていたため誰にも相談できず追い込まれていったという。

木村浩之さんは8年前に起きた強盗殺人事件を担当した。会社を休み裁判に参加。2週間ぶりに出勤すると、席は荷物置き場になり、悩んだ末に退職した。木村浩之さんは「一生懸命やってきたことが報われていなかった」などと話した。

大城聡は「刑事裁判なので大きなストレスがあるという心の準備が必要。急性ストレス障害を抱えてしまったこともあるので、証拠の見せかたを白黒にしたり、メンタルヘルスの窓口を設けた。守秘義務があるので誰にも相談できずに余計に負担を重くしている」などと話した。最近では裁判の長期化で辞退する人が増えているという。

東京地方裁判所の裁判員係を取材した。裁判員候補者から送られてきた大量の辞退の申し入れ。この日は事態の理由ごとに書類を整理していた。仕事や病気などを理由に辞退が認められた人は66%。手続きに無断で欠席する人も増えているという。会議では裁判の期間を短縮する努力が必要だとの声が上がった。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで働く男性は、子育て中に妻が裁判員に選ばれ会社の特別休暇制度を利用した。この会社では配偶者が選ばれた場合も育児や介護の必要があれば特別休暇を取得することができる。

厚切りジェイソンは「会社の理解がなければ参加し辛い。会社の対応も義務化したほうがいい」などと話した。大城聡は「裁判員経験者が増えると社会への関心が高まっていく」などと話した。アメリカでは陪審員経験の投票率が上がっているという。

9年前に裁判員を経験した古谷衣美さん。都内で起きた殺人未遂事件を担当した。様々な意見が飛び交い判断に迷った古谷さん、裁判のあとも結論が正しかったのか悩みつづけたという。古谷さんは将来を担う子供たちには議論する力を身に着けて欲しいと近所の子供を集め勉強会を始めた。古谷は「自信もって臨めるようになればよりよい議論ができる。それがよりよい社会につながるんじゃないかと思います」などと話した。

クローズアップ現代+の番組宣伝。

キーワード
青森地方裁判所
裁判員裁判
東京地方裁判所
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  1. 前回の放送
  2. 1月23日 放送
  3. 次回の放送