林家正蔵の演芸図鑑 小佐田定雄、ぴろき、立川談笑

放送日 2017年1月22日(日) 5:15~ 5:45
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
05:15~

林家正蔵によるオープニングの挨拶。林家正蔵が落語をポイント制にしたらどうかと提案し、出演者はぴろきと立川談笑だと紹介した。

オープニング映像。

キーワード
ぴろき
立川談笑

林家正蔵の演芸図鑑 (バラエティ/情報)
05:16~

ぴろきがウクレレを使った漫談を披露。

立川談笑が落語「粗忽の釘」を披露。

キーワード
粗忽の釘

林家正蔵のスペシャル対談 (バラエティ/情報)
05:33~

「林家正蔵の演芸図鑑」の番組宣伝テロップ。

林家正蔵がなぜ落語は面白いのかと小佐田定雄に質問した。小佐田は最終的に裏切るからだと解説。最後にひっくり返るので悲劇ではなく喜劇になるのだと語った。また考えながら落語を聞くのでボケ防止にもなると話した。落語については、新しい人を落語の世界に案内する人物が必要だという。

小佐田定雄が初めて林家三平を観た時、面白くなさそうだと舐めた態度で観ていたが、気づくと終始笑いっぱなしだったと語った。小佐田は林家三平は凄く考えて出来ない人を演じているように見えたが、実際はどうなのかと正蔵に聞いた。正蔵は父親について、凄く真面目な人で、古典落語をしようとしていたが、お客さんはそれを望んでいなかったと明かした。

小佐田定雄が、落語を作るにあたって一番難しいのは落ちを考えることであると明かした。落ちが決まっている話を作るのは簡単だが、納得がいく落ちを作るのは難しいのだという。小佐田は初代の桂春團治に会って喋ってみたいと語り、師匠の落語を生で観てみたいと話した。

キーワード
落語
林家三平
桂春團治

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月22日 放送
  3. 次回の放送