阪神 金本新監督就任会見 2015年10月19日放送回

放送日 2015年10月19日(月) 16:25~16:50
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
16:25~

オープニング映像。「金本知憲 “鉄人”と呼ばれ愛された男 新監督の決意は」。

この時間は阪神・金本知憲新監督の就任会見の模様を伝える。大阪市北区の会場の現在の様子を伝えた。

キーワード
金本知憲
阪神
北区(東京)
北区(大阪)

金本知憲選手の歩み (バラエティ/情報)
16:26~

このあと阪神監督就任会見を行う金本知憲氏を紹介。平成3年にドラフト4位で広島に入団し11年間プレー、平成12年には打率3割・HR30本・盗塁30のトリプルスリーを達成。平成14年にフリーエージェントで阪神に移籍し、2回の優勝に貢献、平成17年にはセ・リーグの最優秀選手に選ばれた。右手首骨折時にも出場するなど“鉄人”とも呼ばれ、歴代最多1492試合連続フルイニング出場を果たす。平成24年に現役を引退。おととい、阪神からの監督就任要請を受諾。

金本知憲新監督について小澤正修デスクらがスタジオトーク。阪神はここ数年は終盤に失速していて今年はリーグ優勝を逃した。球団は建てなおしを目指しOBである金本氏に監督就任を要請し、おととい受諾した形。阪神は投打ともに全体的な底上げが必要な状況。

キーワード
金本知憲
阪神
北区(東京)
広島
トリプルスリー
フリーエージェント
金本知憲新監督

金本新監督 就任会見 (ニュース)
16:30~

阪神・金本知憲新監督の就任会見を大阪市北区の会場から中継、まずは坂井信也オーナーの挨拶。金本さんは紹介するまでもなく現役時代はファンや選手に愛され優勝にも貢献してくださった、その金本イズムを指導者として注力していただきたいと監督就任を要請してきた、指導者としての経験はないが我々が支援体制をひいてともに戦っていける態勢をつくっていきたいと話した。また記者からの質問に対し、具体的な年数はないが出来る限り一緒にやっていきたいなどとも話した。

阪神・金本知憲新監督の就任会見を中継。記者からの質問に対し、今は希望というかやってやるという強い気持ちがある、フロントの方々から一度壊してでも立て直したいという熱意を受け、意気に感じた、今後目指すチームは見てておもしろい、ワクワクするようなチーム、一軍も二軍もフロントも結束力のある戦う集団を作っていきたいと思う、1つのアウト、1つのプレー、1つの塁などがすごく大事となりそこをちゃんとクリアできる試合をやっていきたい、現状のタイガースは気持ちが少し欠けていたのではないかという印象があるが、まず自分がそういう気を示して話をして伝えていく、理想の監督像は勝たせる監督、1回チームを立て直し再建し結果を出すのは厳しいと思うが、勝ちながら再建出来るように目指していきたい、選手には意識を変えて練習をしてもらうと話した。

また、若手では振れる選手に期待したい、コーチには選手を育てる情熱を持った人を選ぶ、補強は実際まだ考えていない、できれば補強なしで今の選手で勝っていくのが理想、ドラフトでは将来中心となってやっていける選手をとってほしい、ドラフト会議でくじも引かないといけない責任ある立場になったと思うと話した。阪神ファンへ対しては、どういう結果になるか、自分に何が出来るか、変えることができるかわからないが、自分が全力を尽くす事は頑張りますので暖かく見守っていただきたいと思うと話した。

阪神・金本知憲新監督の就任会見を振り返りスタジオトーク。小澤正修デスクらは、気持ちの面を強調した言葉が多く金本さんらしい会見だった、金本さん自身の記録になったひとつひとつのプレーに全力で取り組んだというところだと思うので、そういうチームを目指すということがはっきりした会見だった、阪神は監督を含めて1軍スタッフは大きく変わることになるが球団側は複数年契約でじっくりチーム作りをしてもらおうと考えているのでは、阪神はドラフトでしばらく抽選を外しているので金本さんの運というのも楽しみだと話した。

キーワード
金本知憲新監督
阪神
坂井信也オーナー
北区(大阪)

エンディング (その他)
16:49~

渡辺憲司が「金本新監督がどんなチーム作りをするのか。新監督の就任会見の模様をお伝えしました」と述べ、番組が終了した。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 10月19日 放送