京都 雅のしずく 京都 雅のしずく「器に四季を盛って」

放送日 2016年12月17日(土) 2:09~ 2:24
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
02:09~

オープニング映像。

器に四季を盛って 京料理・京菓子 (バラエティ/情報)
02:09~

京都の夏を彩る祇園祭。毎年7月、およそひと月に渡り、京都の町は熱気に包まれる。この祭りを京都の人々は「ハモ祭り」と呼ぶ。祇園囃子の音色と共に、ハモが都の食卓に並ぶ。ハモを使った様々な料理や、幸野楳嶺の「群魚図」という絵(滋賀県立近代美術館寄託)に描かれたハモ、江戸時代の料理本「当流料理献立抄」(資料提供/臨川書店)に書かれているハモ料理などが紹介された。

京都の食の世界では古くから、四季の季節感が大切にされてきた。京菓子は、色・形・名前に四季の風物が取り入れられている。草むらに宿る蛍を表現した京菓子、滝に紅葉の葉が浮かぶ様子を表現した京菓子など、様々な京菓子とその製造工程が紹介された。

京都の南座。芝居見物の楽しみの一つは幕間の弁当。弁当の楽しさは盛り付け。仕出し屋は色艶やかな盛り付けを工夫してきた。元禄時代創業の老舗に伝わる弁当箱の数々が紹介された。都の人々は、重箱いっぱいに季節の食材を詰めていた。

都の食を支えてきた錦市場。全国からあらゆる食材が集まっている。そこで売られている京野菜の賀茂なす、鹿ヶ谷かぼちゃ、鷹峯とうがらしが紹介された。また、振り売り(野菜を売り歩く人)の仕事の様子、京野菜を使った料理「賀茂なすの田楽」「伏見とうがらしとおじゃこの炊いたん」、京料理で使う色々な種類の箸、なども紹介された。

キーワード
ハモ
祇園祭
幸野楳嶺
群魚図
当流料理献立抄
滋賀県立近代美術館
臨川書店
京都市(京都)
南座
賀茂なす
鹿ヶ谷かぼちゃ
鷹峯とうがらし
伏見とうがらしとおじゃこの炊いたん
賀茂なすの田楽
錦市場

キャスト

この番組の出演者は登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 12月17日 放送
  3. 次回の放送