これでわかった!世界のいま ▽W杯成功で追い風?プーチン氏 次の一手は

放送日 2018年7月22日(日) 18:05~18:42
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
18:05~

アメリカテキサス州のホワイトライオンを映した。

キーワード
テキサス(アメリカ)
ホワイトライオン

1時間目 (バラエティ/情報)
18:05~

W杯直後の首脳会談ではプーチン大統領がアメリカとの絆の改善をアピール。プーチン大統領は今何を狙っているのか?

坂下千里子はプーチン大統領が見た目がダンディーでかっこいいと答えた。

これまで20か国以上取材した権平恒志がロシアについて詳しく伝える。

権平恒志はプーチン大統領の狙いは国際社会で孤立した悪者のイメージからの脱却を狙おうとしている。その要因にはクリミア併合やマレーシア航空機撃墜やロシア疑惑やドーピングなどがある。しかしプーチン大統領はいずれもでっち上げたとしている。クリミア併合は欧米との対立が増し新たな冷戦にまで発展。クリミアはウクライナにあるクリミア半島がありそこにはロシア語を使う人や海軍がいた。4年前の政治混乱に対し自治政府が一方的に住民投票を実施してロシアへの編入を宣言。欧米各国は武力を背景に一方的に併合したと国際社会の枠組みから外し、経済制裁に踏み切った。さらにイギリスの元スパイを暗殺未遂という事件があり、使われた神経剤がロシアで製造されたものとしてロシアへの責任を要求し欧米など20カ国がロシアの外交官を国外追放した。しかしプーチン大統領はワールドカップをうまく利用し孤立からの脱却を図ろうとした。その追い風の要因はW杯でのロシア代表の活躍とそのW杯での要人の集結。スパイの暗殺未遂事件で一部欧米から訪露をボイコットされていたが蓋を開けてみればマクロン大統領などがW杯を生で観戦。さらに各国がロシアの見方を変えたと自画自賛している。

ロシアW杯で配られたファンIDは簡単にロシアに行けて交通機関も無料。さらにテロ対策も行われパスポート情報などの個人情報も必要。この情報をロシア政府はICPO国際刑事警察機構に照らし合わせテロ組織と関わりがないかどうかをチェックするためだったという。ロシアでは各地でテロが起きていた。訪れた外国人が安全に過ごしてもらうために国際社会にイメージアップをアピールした。一方イスラム過激派のテロリストはロシアへ入国する前に断固阻止したい。世界中の人を歓迎しながら厳しい目を光らせている。

さらにファンIDは有効期限を今年の年末まで伸ばしたという。坂下千里子は日本でもやればいいと思うと答えた。さらにトランプ大統領tの首脳会談ではプーチン大統領としてはしてやったりという結果になった。その理由はロシア疑惑に対してはプーチン大統領は干渉していないと繰り返し、トランプ大統領も同調。クリミア問題についてはプーチン大統領は解決済みとしトランプ大統領は何も反論しなかった。今回でプーチン大統領の印象派は悪者ではなくなった。さらに最近アメリカとEUの関係が悪化し、トランプ大統領は牽制するためにロシアに接近した。プーチン大統領は自らトランプ大統領がヨーロッパと各国と溝を深めてくれたとコレも追い風になりロシアファンと公言する首相や政権も現れた。

9月に東宝経済フォーラムが行われ中国、北朝鮮を招待。日本も出席の意向を示している。プーチン大統領がトランプ大統領を出し抜いて朝鮮半島の情勢に加わり、ロシアでの存在感を取り戻したいと考えている。権平恒志は現実はクリミア問題で欧米からの経済制裁は解かれることはないと答え、ロシアの疑惑の実態は変わっていないと答えた。

キーワード
2018 FIFAワールドカップ
プーチン大統領
公式ツイッター
フィンランド(ヘルシンキ)
マクロン大統領
ICPO

2時間目 (バラエティ/情報)
18:30~

世界中の女性がセクハラや性暴力被害を訴えた#MeTooのその後について久米井彩子が解説。アメリカでは「男らしさ」を考え直す動きが出ているという。専門家はアメリカ人男性には古いタイプの男らしさが刷り込まれていて、それがセクハラや性暴力につながっていると指摘。男らしさの価値観を変えようという教育が広がり始めている。

ニューヨークの中学校では、感情を隠さず外に出すことを学ぶ授業が行われている。大人になっても感情表現をするのは悪いことではなく当たり前のことだと教えている。こうした教育は家庭でも広がり始めている。2人の子を持つルドさんは、4年前に仕事に行き詰まり退職。彼にとっては働いて家族を支えるのが男らしさで、仕事をしていないことに罪悪感を覚えた。自分の子にはそうなってほしくないと、泣きたいときに泣いていいと教えている。

坂下千里子は息子が泣き虫なので、「男の子は泣かないものだ」としょっちゅう言っていると話した。吉沢悠はアメリカではもっと感情を出しているイメージがあり意外だったと話した。

オハイオ大学の講義では、男らしさとは何か、それが社会にどう影響を与えているかを議論した。男性を男らしさから解き放てば、社会はもっと良くなるはずだという意見が出た。

坂下千里子は、「男らしさではなく自分らしさ」というのは素敵な言葉だと話した。久米井彩子は印象に残った専門家の指摘として、「思春期の男子の多くは、女子が感情を表に出すのを羨ましいと話していた」と述べた。

キーワード
#MeToo
ニューヨーク(アメリカ)
オハイオ大学

エンディング (その他)
18:40~

少年らが洞窟から救出されたタイのチェンライ県で地元の芸術家らが絵画を制作している。中央には救助活動中に死亡したダイバーが描かれ、タイトルは「英雄」。完成した絵は洞窟の前に設置される。

番組HPの告知テロップ。

キーワード
世界のいま

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月22日 放送
  3. 次回の放送