助けて!きわめびと ゲームはまりからの脱出〜きわめびと大集合〜

放送日 2017年1月19日(木) 11:05~11:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
11:05~

オープニング映像。

今回は子どもがゲームに夢中で心配な親御さんた登場。きわめびとはプロナチュラリストの佐々木洋、コピーライターの佐々木圭一、塾講師の坪田信貴。

ゲームはまりからの脱出 (バラエティ/情報)
11:07~

今回は子どもがゲームに夢中で心配な親御さんた登場。きわめびとはプロナチュラリストの佐々木洋、コピーライターの佐々木圭一、塾講師の坪田信貴。

プロナチュラリストの佐々木洋の極意は「ゲームはリアルへの扉」。子どもがゲームに夢中になる理由には「珍しいキャラクターをゲットする」という共通点がある。そこでゲームの特徴を取り入れて、自然の魅力を伝えるのが佐々木流。ビンゴカードに、佐々木さんが指定した植物や昆虫の特徴を書き出し、9つすべてが見つかればパーフェクト。子供たちはゲームを通じて、リアルへの扉を開いた。

親からは「家の近くに自然がない」という意見が出たが、佐々木洋は「豊かさの違いはあるけど、ベランダとかにも自然はある。いろんなおじさんを探したり」と語った。

コーピーライターの佐々木圭一の極意は「“一緒”は魔法の言葉」。佐々木圭一によると2013ワールドカップ予選時、渋谷のサポーターを鎮めたDJポリスの技が有効だという。DJポリスは「一緒」という言葉を使ってサポーターに呼びかけたが、佐々木圭一はこれを「チームワーク化」と名付けた。家族で一つのことをやり遂げれば、チームワークがよくなる。

親からは「とってもいいが、一緒に勉強するのも本気にならないといけないし、時間調整も必要になる」という意見が出たが、佐々木圭一は「“一緒に”はマジックワード。本能的に“一緒にやること”が好き」と説明した。このあとは「ビリギャル」の坪田信貴が登場する。

塾講師の坪田信貴によると、「勉強ばっかりじゃなくて、ゲームしなさい」と毎日ゲームを強制すると、ゲームが大嫌いになるという。

坪田信貴によると「勉強ばっかりじゃなくて、ゲームしなさい」と言い続けると効果はあるが、絶対にオススメはしないという。子どもには「成長したい」という欲求があるからこそゲームをやっているという。

坪田信貴が目を付けたのは子どもがゲームに夢中になる理由。それは強敵を倒すなど、ゲームの達成で自分の成長が実感できるため。成長したい気持ちを勉強に活かすのが坪田流。ポイントその1は「イケてる将来をイメージさせる」で、これは坪田著書の「ビリギャル」にも活用している。また「ゴールへの道筋を具体的に!」することもポイント。どこまでやるという全体像を見せると、不安が軽減されるという。

親からは「子供に京都大学行きたく無い?でも入るの大変なんだよねって伝えたら、やめるって言われた」という意見がでた。坪田信貴は「漠然としすぎ。よいイメージを具体的に伝える」と答えた。

お悩み募集中。詳しくは番組HPまで。

極意を聞いてから最初の日曜日。ある母親は掃除を早めに終え、息子に「一緒に勉強しない?」と声をかけると応じてくれた。

「NHKオンデマンドで配信します」のテロップ表示。

テーマ曲 ザ・なつやすみバンド

キーワード
坪田信貴
DJポリス
ワールドカップ
ビリギャル
nhk.or.jp/kiwamebito/
NHKオンデマンド
ザ・なつやすみバンド

エンディング (その他)
11:28~

助けて!きわめびとの次回予告。

お悩み募集中、詳しくは番組ホームページまで。

キーワード
助けて!きわめびと ホームページ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月19日 放送
  3. 次回の放送