助けて!きわめびと 元ひきこもり社長に学ぶ“仕事力”

放送日 2016年4月28日(木) 11:05~11:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
11:05~

今回のきわめ人は家入一真さん。家入さんは起業家で、引きこもり、高校中退などの経歴を逆手に取り、自分にしか出来ない仕事を手がけている。今回は無職の4人が、家入さんに離島に呼び出され合宿を受ける。

キーワード
引きこもり

元ひきこもり社長 働き方革命 (バラエティ/情報)
11:08~

今回のきわめ人は家入一真さん。家入さんは起業家で、引きこもり、高校中退などの経歴を逆手に取り、自分にしか出来ない仕事を手がけている。今回は働きたいけど働けない無職の4人が、家入さんに海士町の離島に呼び出され合宿を受ける。家入さんが4人と面談すると、自信喪失、やりがいに迷走している、などの理由が判明した。

翌日、家入さんは高熱を出した女性を残し、3人を外へと釣れだした。家入さんは4人に「逃げろ」というメッセージを伝えていたが、その真意について「言いわけから逃げて、自分をさらけ出さないと、次の一歩に踏み出せない」と伝えた。

現在、新卒で入社して3年以内に辞める人は3人に1人。家入さんは今回の4人のように悩む人は多く、「甘えんなって言葉で切り捨てる人がいるのも事実だと思う」などと語った。

家入さんの極意は「あなただけの物語に仕事の種はある」。家入さんは引きこもりで高校中退し、極度の人見知りという経歴を逆手にとって仕事を勝ち取ってきた。お金がなくて夢を叶えられなかった経験から、クラウドファンディングを設けたり、家にも学校にも馴染めなかった経験からシェアハウスを作った。家入さんは4人に自己紹介をしてもらい、自己批判を続ける男性の物語から仕事の種をみつけた。

家入さんは男性には人を楽しませる力があると判断。それが仕事を生み出す種になるのか4人は半信半疑だったが、男性が地元の人に自己紹介をすると「非常に興味深い」などの意見が寄せられた。男性は海士町社会福祉協議会事務局長から、介護施設のおじいちゃん、おばあちゃんを笑わせてくれと依頼され、「保健福祉センター ひまわり」で精一杯の笑顔で接した。

自己批判ばかりをしていた男性について、三宅裕司は「芸人さんによく似てる。ちょっとした事で何かをみつけて本当の芸に変わっていく」、松嶋尚美は「最初はくすんで見えたのに、仕事って時に思っているほど老けてないぞとか気づいた」などとコメント。

「NHKオンデマンドで配信します」のテロップ表示。

キーワード
保健福祉センター ひまわり
NHKオンデマンド

エンディング (その他)
11:28~

助けて!きわめびとの次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月28日 放送
  3. 次回の放送