趣味どきっ! 防災キャンプ 第2回「火に慣れよう!」

放送日 2019年6月12日(水) 10:15~10:40
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
10:15~

オープニング映像。

たのしく防災!はじめてのキャンプ (バラエティ/情報)
10:15~

今回のテーマは火に慣れよう!キャンプで使う火はバーナーとたき火。たき火台はたき火をする道具で、キャンプ場でレンタルできることが多い。バーナーのコンロは火力の調節が簡単で、糧にあるガスコンロと似た操作感がある。たき火はキャンプならではの調理が楽しめ、暖を取ったり、明かりとして利用できる。たき火をする場合は、強い風が吹くと一気に燃え上がるので、風の状況を常にチェックしないといけない。またたき火の側には燃えやすいものを置かず、風下に立ってはいけない。

たき火をする際、化学繊維の服は燃えてしまうことがあるので、たき火用のポンチョや燃えにくいコットン記事を着用。またたき火用の手袋も必須アイテムである。

火をおこすための燃料は、ほぐした麻ひも、フェザースティック。日を育てるためには燃料を入れる順番がある。使い終わった割り箸、牛乳パックなどを備蓄しておけば、いざというときにも役立つ。火口にティッシュ、割いた牛乳パック、割り箸を投入。空気が通るように空間を作るように置く。ライターは風上から火をつける。ここで薪の登場。針葉樹は油分が多く燃えやすく、広葉樹は時間をかけて燃える。火に空気を送るための火吹き棒もある。

道具なしで火に空気を送るわザを紹介。両手の親指と人差し指で小さな穴を作り、穴に火を吹き入れる。そこで津田篤宏が挑戦した。最後になかなか火がつかない広葉樹をいれて、燃えてきたら完成。火が起きてからは、上昇気流に載ってしまうので紙などの軽いものは入れてはいけない。

寒川一がデンマークのパンケーキボール「エイブルスキーバー」の作り方を紹介。ホットケーキミックスが入ったボールに、カルダモンパウダー、シナモンパウダーを入れて混ぜ合わせる。牛乳、卵黄を軽く混ぜ、さらみメレンゲを加える。鍋にバターをなじませ、焼いていく。

寒川一がジーノの作り方を紹介。いちご、キウイ、バナナを1センチほどに霧、全体にレモン汁をかける。バナナの表面にとろみが出るまでフライパンで温め、火を止め、いちごとキウイも混ぜる。あとは器に持って、ホワイトチョコレートを散らして完成。

津田篤宏らが「エイブルスキーバー」「ジーノ」を試食。エイブルスキーバーについて横山歩は「甘くて美味しい!」、ジーノについて益若つばさは「これ好き!美味しい」とコメント。

たき火に水をかけると水蒸気でやけどしたり、焚き火台が変形してしまう可能性がある。そのため、燃えている炭などは火消しツボに入れ、蓋をすれば短時間で火を消すことができる。

今回のおさらいが流れた。

テキストの紹介。他にも“キャンプの知恵”を掲載。NHK出版0570-000-321、電子版http://nhktext.jp/

キーワード
キャンプ
バーナー
たき火
ポンチョ
割り箸
火口
ティッシュ
広葉樹
針葉樹林
エイブルスキーバー
ホットケーキミックス
カルダモンパウダー
シナモンパウダー
バター
いちご
キウイ
バナナ
ホワイトチョコレート
ジーノ
趣味どきっ!
http://nhktext.jp/

エンディング (その他)
10:39~

趣味どきっ!の番組宣伝

番組宣伝 (その他)
10:39~

アイキャッチ映像。

世界の哲学者に人生相談の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 6月12日 放送
  3. 次回の放送