趣味どきっ! 国宝に会いに行くII[終]「もう一度見たい!国宝セレクション」

放送日 2016年12月1日(木) 10:15~10:40
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
10:15~

オープニング映像。

国宝に会いに行くII 橋本麻里と旅する日本美術ガイド (バラエティ/情報)
10:15~

国宝、世界に類を見ない建築技術や工芸まで国宝に会いに行く2で放送したもう一度見たい国宝セレクションを放送する。案内人の橋元さんを紹介した。今までの放送を振り返った。

桃山時代の二人の絵師の戦いから振り返る。京都大徳寺では国宝障壁画を元々あった部屋に戻し公開していた。狩野永徳の国宝花鳥図は16面のふすまに描かれ大自然が部屋の中にあるようにみえる。かみてのふすまにある梅の巨木を起点に下手へと水の流れとともに季節が移ろう。季節の花と鳥たちが絶妙に配置されている。室中の間の襖絵には春秋冬が描かれているが夏は隠れていると説明する山本さん。襖を開けると聚光院の開祖を祀った仏間がある。仏壇下の小襖に描かれた蓮池藻魚図に蓮の花が咲く夏がある。花鳥図のハイライトといえば襖4面だ。梅の巨木を拡大して描いた力強い表現は大画様式と呼ばれる画法だ。永徳の檜図屏風は最も永徳らしい作品だ。永徳は若くして狩野派の4代目棟梁となり朝廷や寺院、武将たちの注文を独占し画壇に盤石な権力を築き上げた。

清水寺本堂は懸造りと呼ばれる日本独自の技法で作られている。懸造り欅の柱に”貫”と呼ばれる横板を足して、格子状に組んだ構造。釘を使わず”くさび”で固定している。現在の舞台は1633年に徳川家光の寄進により再建されたもの。傷んだ柱を部分的に取り替える”根つぎ”では、樹齢数百年の欅が使われている。現在は300年後の修理に向けて植樹されているとのこと。

国宝・松江城天守には数々の謎が秘められている。そのひとつが柱である。城の柱には”包板”と柱を板で囲む工法が用いられている。この松江城を国宝にするため、プロジェクトの卜部さんは築城の年が書かれている”祈祷札”を探していた。しかし、所在不明で市は札に500万円の懸賞金をかけた。祈祷札は松江神社から発見された。これにより、慶長16年に建てられたことが判明し、2015年国宝に指定される決め手となった。この時、祈祷札も国宝になった。

対抗したのが長谷川等伯だ。元々は能登から上洛した一匹狼の絵師だった。長谷川等伯が永徳を意識して描いた楓図。巨木の不気味さは感じられず、楓のまわりに秋草を置いているためだという。永徳の大画様式を用いながら異なる装飾的な画面作りをした等伯の画面づくりが伺える。色とりどりの紅葉、この楓図を書き終えた東伯は72歳で生涯を終え長谷川派は先細りになっていった。狩野派は徳川幕府の御用絵師の座を得て長く画壇に君臨し続けた。永徳と等伯の戦いは永徳の勝利となった。

松江城の国宝指定の決め手となった祈祷札は12月13日まで松江歴史館に展示されている。そのような貴重な国宝には、東京国立博物館でも出会うことができる。

奈良県桜井市の安倍文殊院から騎獅文殊菩薩像だ。獅子の上に左足を垂らして座り右手に剣、左手に蓮華を持つ文殊菩薩だ。快慶は金泥塗りにより柔らかな肌触りを表現した。にかわと金粉を混ぜ塗り込めたという。文殊菩薩は4人の家来を連れて海を渡る様子が描かれているため渡海文殊菩薩像群として国宝指定されている。先導するは善財童子像だ。振り返る童子の一瞬を切り取ったリアルな像だ。重要文化財の阿弥陀如来立像、通称裸形阿弥陀。快慶ならではの耳の形がわかる。他の仏師にはないカーブの耳だという。耳の形はお経にはかかれていないため仏師の創意工夫でなんとでもできる場所だという。力強さインパクでは運慶を上回るという。快慶は日本人の心の琴線に触れる美を作り上げたのではと話す。

東京国立博物館には日本最大の銅鐸が展示されている。銅鐸は弥生時代に次第に大型化して、ある時ふっつりと姿を消してしまったが、その理由は今も謎である。巨大な銅鐸は12月4日まで展示されている。

春日大社にある国宝・赤糸威大鎧も来年の東京国立博物館の特別展で展示される。98羽の雀など様々な装飾が施されているこの鎧は「高肉透彫」という高度な技法が使われている。また、金具に梅と鶯が付いたもうひとつの「赤糸威大鎧」は正面に獅子の装飾が用いられている。こちらも東京国立博物館で期間限定で見ることができる。

兵庫県小野市の浄土寺に安置されている阿弥陀三尊像。高さ5m阿弥陀様は均整の取れた優美な姿をしている。西日が差すと朱塗りの堂内が黄金色に染まる。遥か西にあるという極楽浄土から阿弥陀如来が雲に乗って往生者を迎えに来るという瞬間が現れている。

快慶の耳の形には驚いたと話す2人。浄土寺の阿弥陀三尊像を見たかったという。あの映像は資料映像だと説明した。次は清水寺の懸造だという。

キーワード
国宝
大徳寺
大徳寺 聚光院
創建450年記念特別公開
京都
狩野永徳
懸造り
清水寺
花鳥図
京都府教育庁
徳川家光
蓮池藻魚図
狩野松栄
松江市(島根)
松江城
大画様式
檜図屏風
本法寺
長谷川等伯
楓図
松江神社
祈祷札
松江歴史館
安倍文殊院
東京国立博物館
騎獅文殊菩薩像
加茂岩倉遺跡
銅鐸
快慶
渡海文殊菩薩像群
弥生時代の祭りの道具 -銅矛、銅剣、銅戈と銅鐸-
善財童子像
春日大社
なら仏像館
奈良国立博物館
赤糸威大鎧
阿弥陀如来立像
春日大社 千年の至宝
運慶
桜井市(奈良)
浄土寺
阿弥陀三尊像
小野市(兵庫)

エンディング (その他)
10:38~

姫旅~華麗なる戦国ヒロイン紀行~第1回 女城主 家を守り抜く!~井伊直虎~の番組宣伝。

現在、国宝は1101件あり、今回紹介したのはその一部である。2人は「ぜひ各地の国宝に会いに行ってみてください」と話した。

エンディング映像。

「趣味どきっ!」のホームページアドレスの表示。

「趣味どきっ!」のテキストを紹介した。書店にないときはNHK出版0570-000-321まで。または、電子版で。

キーワード
国宝
趣味どきっ!
NHK出版
電子版

スポット

レジャー/交通

東京国立博物館
松江城
松江歴史館
なら仏像館
奈良国立博物館

宗教

大徳寺
大徳寺 聚光院
春日大社
浄土寺
安倍文殊院
清水寺
本法寺
松江神社

情報/通信

NHK出版
  1. 前回の放送
  2. 12月1日 放送
  3. 次回の放送