趣味どきっ! 国宝に会いに行く 第8回「お宝ごろごろ 国立博物館!」

放送日 2015年5月21日(木) 10:15~10:40
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
10:15~

国宝を身近なものにしてくれる注目のライター橋本麻里と国宝に会いに行く。今回は「お宝ごろごろ 国立博物館!」

キーワード
国宝

国宝に会いに行く 橋本麻里と旅する日本美術ガイド (バラエティ/情報)
10:16~

今回は東京国立博物館と京都国立博物館。2つの国立博物館をマキタスポーツを橋本が案内し巡る。

日本で最古の博物館の東京国立博物館には約11万4000件の文化財がある、「檜図屏風」「秋冬山水図」「舟橋蒔絵硯箱」などの国宝は143件にのぼる。そしてこの建物自体が重要文化財となっている。まず橋本は本館の展示室を案内し、ここのテーマになっている日本美術の流れを一覧できる。遮光器土偶などが展示されており、定期的に入れ替えられる。

今回のポイントは国宝ハンティングで、東京国立博物館にある数ある展示品の中から、お気に入りの国宝をハントする。早速出会った国宝は「興福寺鎮壇具」と呼ばれる、寺を建立する際に埋められた工芸品で、奈良の興福寺から発見されたとのこと。

続いては京都国立博物館を訪れ、コレクションの一部を保存している平成知新館には釈迦金棺出現図、蓮池水禽図などがある。そして橋本がまず案内したのは名品ギャラリーで28体並べられた仏像を拝見。そこで「多聞天立像」を裏から見るなど様々な角度で楽しむことができる。今後の展示のテーマは「日本とアジアの彫刻」「護法神」とのこと。

そして京博ナビゲーターの2人に触れながら国府を体験。奈良 興福寺で出会った運慶の仏像の玉眼のからくりを、複製を使って見させてもらう。この仏像は12個のパーツで出来上がっており、解体後に、玉眼作りに挑戦した。そして再び展示室で護法神立像などを鑑賞した。

まず橋本はマキタにQ.東京国立博物館の所蔵品の数は?を出題。「1000」「1万」「10万」の三択の中からマキタは「1万」を選んだ。正解は「10万」だった。

そして東京国立博物館には国宝室があり、ここでは期間限定で1つの国宝をじっくり鑑賞できる贅沢な空間となっている。そしてこの日見られる国宝が「平治物語絵巻」で全長約9.5メートルに「平治の乱」の様子が描かれている。マキタが「臨場感がすどくありますね」と語った。橋本は同じ作品を何度も見ることで、前に見た時から自分の成長で、新たに気付かされることも博物館巡りの醍醐味だと話した。

東京国立博物館の国宝室では「和歌体十種」「松林図屏風」などが展示される予定。そして続いては刀剣の展示室を案内。そこで出会った国宝は「短刀 銘行光」で加賀百万石の前田に伝わっていたものとのこと。

キーワード
平成知新館
檜図屏風
秋冬山水図
舟橋蒔絵硯箱
遮光器土偶
重要文化財
興福寺鎮壇具
平治物語絵巻
平治の乱
和歌体十種
松林図屏風
短刀 銘行光
釈迦金棺出現図
蓮池水禽図
多聞天立像
護法神立像

エンディング (その他)
10:37~

エンディングで、マキタは「縄文の時代から表現せずにいられないものを感じました」と語った。橋本は「日本美術あるいは日本の歴史を見る地図ができる」と話した。

エンディング映像。

趣味どきっ!の次回予告を行った。

告知 (その他)
10:39~

ぐるかんの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 5月21日 放送
  3. 次回の放送