趣味どきっ! 簡単&かわいく ペットを描こう!第3回「ネコや動物を描こう」

放送日 2015年4月15日(水) 10:15~10:40
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
10:15~

オープニング映像。(テーマ音楽:葉加瀬太郎)

キーワード
葉加瀬太郎

ネコや動物を描こう (バラエティ/情報)
10:15~

茨城・つくば市「つくばわんわんランド」から、「ねこのおうち」前に一行が登場。きょうはネコやさまざまな動物を描く。佐藤藍子は夫が乗馬クラブのインストラクター、馬やたくさんの犬と生活。具志堅用高は犬を飼っているが、ネコはなじみがないという。講師はイラストレーターのカモさん。

ネコのイラストに佐藤藍子・具志堅用高が挑戦。描きやすいポーズなどをカモさんが解説した。まずはおさらいとしてネコの顔のイラスト作り。輪郭の丸から描くのがポイントだが、具志堅用高は顔が三角になってしまった。

続いて、ネコの体全体のイラスト作りに挑戦。丸を3つ使って描くのがポイントといい、頭とおしりを大きな丸、胴体を小さな丸で描くと特徴的な輪郭が描ける。カモ先生が見本のイラストを披露した。

佐藤藍子・具志堅用高の2人が、ネコの体全体のイラスト作りに挑戦。首筋は細めに、しっぽは同じ太さの丸いしっぽにするなどのポイントを紹介した。佐藤愛子は首筋を細くしすぎたといい、首は頭を支える位置に描くとバランスがとれると解説した。

続いて、ネコのさまざまなしぐさやポーズのイラストに挑戦。佐藤愛子は床をゴロゴロするネコのイラストを描きたいという。具志堅用高はネコの飛び上がるポーズに挑戦した。例として「伸びる」ポーズ、「丸くなる」ポーズなどの描き方を紹介した。

ネコのポーズのイラストに2人が挑戦、講師が添削する。具志堅用高が描きたかった「飛び上がる」ポーズの描き方は、胴体とおしりの丸を離して胴体の伸びるようすを表現。両足は胴体につながるように描く。「ゴロゴロする」ポーズは、頭・胴体・おしりを一直線に並べて足の折り曲げで表現。

続いて、毛の長さが違うネコの描き分け方を紹介。長い毛の「ペルシャ」はほお、胴体の腹側、しっぽに長い毛を表現。短い毛の「アメリカンショートヘア」は、毛の表現はせずに特徴的な縞模様を入れて仕上げる。

その他の動物のイラストに挑戦。佐藤藍子は乗馬クラブにいる「ポックル」が描きたいという。具志堅用高は孫の喜びそうな「パンダ」に挑戦した。パンダは笹の葉などを加えて特徴を強調、馬は首を長く描くと体型を表現しやすい。

続いて、Tシャツに布用サインペンを使って動物のイラスト作り。教わったポイントをふまえてパンダと馬のイラストに挑戦した。講座を振り返って、描き方のポイントがわかるとたくさん描きたくなるなどと2人が話した。

エンディング映像、番組HPの案内。

番組テキストの案内。NHK出版の問い合わせ用電話番号、電子版の購入用サイトをあわせて案内した。

キーワード
つくば市(茨城)
ネコ
趣味どきっ!
電子版

エンディング (その他)
10:39~

「簡単&かわいく ペットを描こう!」の次回予告。

「知らないって、ワクワク。Eテレ」の映像、「白熱教室」のロゴ。

キーワード
白熱教室

お知らせ (その他)
10:39~

NEXT 未来のためにの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 4月15日 放送
  3. 次回の放送