バナナ♪ゼロミュージック ディズニー音楽スペシャル

『バナナ♪ゼロミュージック』(英:BANANA ZERO MUSIC)は、NHK総合テレビで放送されていた音楽バラエティ番組。バナナマンの冠番組。2016年4月23日から9月3日までレギュラー第1期として、2017年1月7日から2018年3月3日までレギュラー第2期として毎週土曜日 22:20 - 22:53(JST)に放送されていた。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年8月5日(土) 22:30~23:04
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
22:30~

今回はディズニーランド後編。今年11月で終了する「ワンス・アポン・ア・タイム」をテレビでたっぷりお届けする。前回の放送では「トゥモローランド」、「ウエスタンランド」など様々なエリアの音楽を紹介。エリア同士で音楽が重ならないような工夫も施されていた他、出題されたBGMが流れるアトラクションを探索した。さらに「ワンマンズ・ドリームII ザ・マジック・リブズ・オン」、「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」を鑑賞した。

キーワード
東京ディズニーランド
ワンス・アポン・ア・タイム
トゥモローランド
ウエスタンランド
スプラッシュマウンテン
ジャングルクルーズ・ワイルドライフ・エクスペディション
ワンマンズ・ドリームII ザ・マジック・リブズ・オン
エレクトリカルパレード・ドリームライツ

ディズニー音楽スペシャル (バラエティ/情報)
22:33~

東京ディズニーランドにおける「アトモスフィア・エンターテインメント」は園内で突然始まるショーで、参加できるゲーム形式のものもある。ウエスタンランド周辺でショーが開催され、日村勇紀、May J.、小沢一敬のチームと設楽統、岡井千聖、サイトウ“JxJx”ジュンのチームがミニゲームで対決。助っ人としてウッディーとジェシーが登場し、ゲーム終了後にステッカーをプレゼントされた。

日村勇紀ら一行はどこからか聞こえてくる音とパントマイムでゲストを楽しませる「ファン・メンテナンス」を観賞。滅多に観ることができないので、パフォーマーに出会えたらラッキーだという。

トゥーンタウンはギャグとユーモアに溢れ、音を使った仕掛けが盛り沢山。日村勇紀が仕掛けを押したところ、出演者は少しだけ濡れた。日村は「もっと濡らしてよ」とコメント。

日村勇紀、May J.、小沢一敬のチームと設楽統、岡井千聖、サイトウ“JxJx”ジュンのチームがトゥーンタウンにてサウンド探し対決。事前に番組スタッフが探して、見つけるのが難しかったサウンドほど高得点が与えられる。様々なサウンドがあった中、日村チームは「ポスト」、設楽チームは「ドア」を選択。2つのうち見つけるのが難しかったのは設楽チームで、見事勝利。ちなみに最高難度は「マンホール」で、踏むと音が鳴る。敗北した日村チームは設楽が触ったら面白いフレーズを発するという罰ゲームを受けた。

ディズニー音楽スペシャルもクライマックスに差し掛かり、日村勇紀は「入り口からずーっと音楽で、本当に感動だった」とコメント。

アトラクションの企画・設計、ショーの演出などディズニーリゾートを作り出す専門家集団は「イマジニア」と呼ばれる。設楽ら出演者がこれから鑑賞する「ワンス・アポン・ア・タイム~スペシャルウィンターエディション~」を手掛けたのはスティーブン・デイヴィソン氏で、世界中のディズニーリゾートで30年以上に渡ってショーを作り続けてきた。同氏は「ワンス・アポン・ア・タイム」の魅力として、シンデレラ城を魔法の物語を伝える装置に変身させることを挙げた。音楽にも細心の注意を払っている。最後にデイヴィソン氏は「みんなを感動させられるこの仕事は世界で一番だと思います」と番組にメッセージを寄せた。

設楽ら出演者は「ワンス・アポン・ア・タイム」を観賞。川田裕美アナは感涙し、日村は「オレたまたま泣いてないだけだけど、泣いてるから本当は」と共感していた。

キーワード
アトモスフィア・エンターテイメント
東京ディズニーランド
ウエスタンランド
ファン・メンテナンス
トゥーンタウン
斎藤司
シンデレラ城
ワンス・アポン・ア・タイム

エンディング (その他)
23:02~

「バナナ♪ゼロミュージック」の番組宣伝。

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 8月5日 放送
  3. 次回の放送