古代中国 英雄伝説 「項羽と劉邦」

放送日 2019年6月29日(土) 14:20~14:40
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
14:20~

中国を統一した秦の始皇帝の死後にまた戦乱が起きた。そこで2人の英雄が戦いを続けた。それが項羽と劉邦だ。項羽は中国史上屈指の不敗の英雄だと伝えた。劉邦は項羽との戦いでは連戦連敗だった。しかい最後に勝利を掴んだのは劉邦だと伝えた。劉邦は何故勝利したのか伝える。

キーワード
劉邦
始皇帝
項羽

項羽と劉邦 (バラエティ/情報)
14:21~

秦の滅亡後に項羽と劉邦が激突した。それが彭城の戦いだ。項羽は圧倒的な武勇があり、劉邦の軍は敗走した。彭城の戦い後は戦況はこう着状態になり、持久戦になった。劉邦は各地に配下の武将を送っていた。項羽と劉邦が雌雄を決する戦いの垓下の戦いでは、劉邦側に見たこともない軍勢が付いてた。兵力も項羽の軍の6倍の60万だったと伝えた。戦いに負けて、項羽は自らの命を絶った。劉邦は紀元前202年に皇帝に即位して漢王朝を開いた。

劉邦も楚で生まれており、金劉村に劉邦の子孫が暮らしている。劉邦はこの村で4人兄弟の末っ子で生まれた。司馬遷の史記によると酒と色を好みいつも酔いつぶれていたと記載されている。そんな劉邦が40代後半になり項羽の配下に加わったと伝えた。そこで南陽の戦いで急速に勢力を強めたと伝えた。3ヶ月で劉邦の勢力は10万になったと伝えた。都に入ったからの劉邦と項羽には違いが出てきた。項羽は秦の王宮に火を放ったと伝えた。劉邦はひそかに独自の動きを始めたと伝えた。

中国の宿遷は古代には楚と呼ばれた地域で項羽はこの地方の名門の武将の家に生まれた。紀元前208年には秦に対する反乱は各地で起こっていた。かつて秦に滅ぼされた国が次々に立ち上がっていた。その中で強かったのが楚の反乱軍だった。鉅鹿の戦いで秦の主力軍は敗退して項羽は一気に有名になった。この勝利によって沢山の兵士が集まった。

キーワード
垓下の戦い
彭城の戦い
項羽
劉邦
西安(中国)
南陽の戦い
史記
司馬遷
金劉村(中国)
鉅鹿の戦い
宿遷(中国)

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月29日 放送
  3. 次回の放送