所さん!大変ですよ 「不思議な求人広告 急募“ニート&無職”」

『所さん!大変ですよ』(ところさん・たいへんですよ)は、NHK総合テレビで放送されている日本の教養番組。司会を務める所ジョージの冠番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月22日(水) 23:50~ 0:17
放送局 NHK総合大阪

番組概要

不思議な求人広告 急募ニート&無職 (バラエティ/情報)
23:50~

4月上旬、年間休日300日、月額15万~40万円ほど。1万人以上採用予定という怪しい求人広告があった。ニートや無職を積極的に呼びかけているがどんな仕事か、求人を出した人物を訪ねた。男性は全国のニートや無職に地方議会に立候補しようと呼びかけていた。

男性は就職試験に失敗し大学卒業以来ずっと無職。12年前に地域のために役に立てないかと立候補し見事当選し、4年間議員を務めた。男性の呼びかけに対し問い合わせは後を絶たないという。先月行われた、統一地方選挙では男性自ら市議会議員選挙に立候補した。500票獲得したが結果は落選だった。全国的に地方議員のなり手不足が問題になっている。そのため全国のニートや無職に呼びかけているという。

今議会のなり手不足が深刻で地方議会が大変な事になっているという。地方議員は、公立の保育園などをどうするかや、ごみ収集の回数、地域の介護施設の職員の数をどうするかなどを決めている。

岐阜県坂祝町議会では、議員の半数が引退する。松永さんも引退するという。高齢化で、体力、気力、判断力などで非常に衰えを感じてきている。議長を含め引退を決めた殆どが70歳以上。特に記憶力の衰えが深刻だった。4月の選挙に向け新たな議員のなり手を探しているが引き受けてもらえなかった。久保田哲也さんは32歳で宅配業者に務めながら消防団など、地域の役員を掛け持ちしている。人望をあついので議員に立候補してほしいと何度も頼まれたが久保田哲也さんは「マイホームを立てたので月10万のローンもあるし、議員報酬では暮らしていけない」などと話した。男性の出費は毎月約26万円。議員報酬は19万円だった。こうした中、議長が頼ったのは近所に住むまだ元気な同級生の三品敏男さんだった。

取材を進めていくとシニアのなりてすら見つからない場所も見つかった。群馬・藤岡市で町の人に話を聞くと、市議会に関心がない人が84%。なり手不足を知らない人が59%だった。こうした中、藤岡市では統一地方選挙では定数を20から18にすることが決まった。反町清さんは「このままいくと、議会は自然消滅する危機がある」などと話した。4月に行われた統一地方選挙では無投票の市町村が104か所もあった。佐々木信夫さんは「無投票は当選と言われた方も一票も得ていない。通ってほしくない人も当選するので民意が歪んだ形で意思決定が行われる可能性がある」などと話した。その結果、住民の声が反映されにくくなる恐れがあるという。

モーリー・ロバートソンは「選挙に興味がないとかありえない」などと話した。澤口俊之は「好奇心がないのが相当問題だと思います。今の地方議会は好奇心が出てこない」などと話した。なんとか新人を探そうと、今各地で秘策があみだされている。

長野・喬木村の秘策は夜にあった。この村では議会を原則、夜と休日に開くように変更した。喬木村議会は議員報酬が14万3000円なので、夜間に議会を開くことで昼は他の仕事ができるという。佐藤文彦さんは左官職人をしながら夜に議員の仕事をしている。さらに議会を夜開くことによって傍聴に訪れる人が増え議会への関心が深まった。

高知・大川村では、議員不足解消のため新しい条例まで作った。その条例は議員の兼業禁止を緩和した。法律によると知事体から仕事を請け負う企業や団体に務める人は議員に立候補することが出来ない。地方議会は自治体が税金をどう使うかチェックする役割を担っていて不正が行われる可能性がある。大川村では民間産業が殆ど無く、多くの住民が第三セクターに勤務している。新しい条例では請負比率が低い法人の職員に限り議員との兼業が認めらることになった。統一地方選挙の提示日、議員定数6人に対し7人の立候補者が現れ、村では8年ぶりに選挙戦が行われることになった。

選挙にはけっこうお金がかかる。ポスターは1000枚で7万円程度。裏地がシールになってるのは17万円。ウグイス嬢の日当は法律で決められていて1日1万5000円が上限だという

キーワード
船橋市(千葉)
統一地方選挙
坂祝町(岐阜)
喬木村(長野)
大川村(高知)

鋼太郎のちょっと大変ですよ! (バラエティ/情報)
00:12~

長崎・小値賀町で議員に立候補したのは、民宿を営んでいる今田光弘さん61歳だった。今田さんは2003年に神奈川からIターンしてきた。仕事に追われる生活に疑問を抱き早期退職し値賀町に移住し民宿をしながら農業もはじめ、ゆとりある生活を手に入れた。4年前に立候補者が足りない事態が発生し、回りの住民から都会で培った経験をいかしてほしいと頼まれた。立候補したところ見事当選。今回の統一地方選でも、自分が立候補しないと定員割れすると知って再び立候補した。

所ジョージは「本来あるべき形じゃないですかみんなから求められて。あと選挙カーが素敵だね」などと話した。今後地方議会を盛り上げるためにはと聞かれ所ジョージは「かっこいいイメージにしないとね」などと話した。

キーワード
Iターン
小値賀町(長崎)

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月22日 放送
  3. 次回の放送