世界入りにくい居酒屋 2014年11月24日放送回

世界入りにくい居酒屋(せかい はいりにくい いざかや)とは、NHK BSプレミアムで放送される旅行番組・料理番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年11月24日(月) 3:00~ 3:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

世界入りにくい居酒屋 (バラエティ/情報)
03:00~

地元の人しか知らないディープな名店を紹介。今回の舞台はイギリス・リバプール。リバプールはビートルズのふるさとで、至る所にジョンとポールらメンバーの顔写真などが飾られている。イギリスといえばパブだが、「グローブホテル1888」という看板が出ながら実際はパブというお店を紹介した。

リバプールは18世紀から国際的な貿易港として発展し、当時の港の繁栄ぶりが残るピアヘッドは世界遺産に登録されている。またリバプールの象徴であるライバー・バードは「飛び立つと街が滅びる」という伝えがある。一方、街の新名物のワイヤーチャレンジは1回2500円で体験できる。

リバプール1入りにくい居酒屋は「BRIDEWELL」で、静かな裏通の100年あまり拘置所として使われていた場所にある。店内では1850年代の独房で飲む事もでき、客達はビートルズを口ずさんでいた。このお店では「監獄ロック」と呼ばれる常温・短期間で発行させるエールビールを飲めるが、室温の低い地下室の保管庫で保存されている。

お昼時の一番人気はアツアツの白身魚のフライ「フィッシュフィンガーバティ」である。ここでクイズ「衣に入れる“秘密の隠し味”とは何でしょう?」。正解は「注ぎたての“監獄ロック”」。塩・こしょう・ビールで作った特製の衣で揚げて、揚がるタイミングに合わせてイタリアのパン「チャパタ」を焼き、マヨネーズなどを塗る。そこにフライとルッコラを乗せて完成。フィッシュフィンガーバティはエールビールとの相性も抜群である。ちなみに新人コックさんはお調子者で、オーダーを作るのを忘れていた。

午後2時。オーナー・ポールさんの娘さんが来店し、「フィッシュフィンガーバティ」を食べた。ポールさんは店を始める前に音楽業界で働いていたが、家を空ける事が多く、子どもとの時間を大切にするためにこの店を開いた。

夕方5時半。この日は地元のプロのバンドの生演奏。夜7時を過ぎると深酒タイムとなり、客は飲めば飲むほど言いたい放題になっていった。

第二次大戦の空爆など数々の苦難に見舞われたリバプールだが、2000年から始まった再開発計画により再び活気を取り戻した。リバプールにはリバプールFCとエバートンという2つのサッカーチームがあり、このパブがもっとも混雑するのはサッカー中継のある日である。取材した日はエバートンの試合の日だったが、厨房はてんてこ舞いだった。

MCを務めている篠田麻里子と椿鬼奴の元に「スカウト」が届けられたが、「監獄ロック」は3日で味が落ちる為、この日は出てこなかった。

引き続きリバプールの入りにくいパブへ。この日は客が自由に歌えるオープンマイクデーだったが、2年前にデビューし人気急上中のモナリサ・ツインズも食事に訪れていた。そんな彼女たちが飛び入りでステージに立ち、THE BEATLESの「WHEN I’M SIXTY FOUR」を披露した。

店の看板娘のローラさんはリバプールの方言・スカウスを話すが、スカウスというメニューはこの店でも人気がある。スカウスは牛肉と玉ねぎなどを煮込んだ料理で、起源は北欧の船長のシチューと言われている。スカウスの食べ方は人それぞれで、赤キャベツやブラウンソースを加える人もいた。

キーワード
ビートルズ
リバプール(イギリス)
ジョン
ポール
グローブホテル1888
ピアヘッド
エールビール
フィッシュフィンガーバティ
リバプールFC
エバートン
監獄ロック
スカウス
モナリサ・ツインズ
THE BEATLES
WHEN I’M SIXTY FOUR
ブライドウェル
ライバー・バード
BRIDEWELL

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 11月24日 放送
  2. 次回の放送