ニュース 「第4次安倍内閣 内閣改造」

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年10月2日(火) 13:00~13:43
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
13:00~

オープニングの挨拶。

ニュース (ニュース)
13:00~

首相官邸から中継。自民党・橋本聖子 、甘利明氏が鑑定に到着した様子が伝えられた。

首相官邸から中継。政調会長に再任となる岸田文雄氏、幹事長に再任となる二階俊博氏が鑑定に到着した様子が伝えられた。

第4次安倍改造内閣の顔ぶれを紹介。副総理・財務相に麻生太郎氏が留任、総務相に石田真敏氏が初入閣、法相に山下貴司氏が当選3回目で初入閣。外相に河野太郎氏が留任。文部科学相に柴山昌彦氏が初入閣。厚生労働相に根本匠氏が再入閣。農相に吉川貴盛氏が初入閣。経済産業相に世耕弘成氏、国土交通相に石井啓一氏が留任。環境相に原田義昭氏が初入閣。防衛相に岩屋毅氏が初入閣。官房長官に菅義偉氏が留任。復興相に渡辺博道氏が初入閣。国家公安委員会・防災相に山本順三氏が初入閣。沖縄北方相に宮腰光寛氏が初入閣。科学技術担当相に平井卓也氏が初入閣。経済再生相に茂木敏充氏が留任。地方創生相に片山さつき氏が初入閣。五輪相に桜田義孝氏が初入閣。

スタジオ解説。政治部・原聖樹さんは今回の内閣改造について「政権の骨格を維持しながら、党内7つの派閥の意向に配慮した派閥均衡型と言える。」などと指摘した。

初入閣となった閣僚を紹介した。石破派の山下貴司氏は法務相に、無派閥の石田真敏氏は総務相に、細田派の柴山昌彦氏が文部科学相に、二階派の吉川貴盛氏は農相に、麻生派の原田義昭氏は環境相に、麻生派の岩屋毅氏は防衛相に、竹下派の渡辺博道氏は復興相に、細田派の山本順三氏は国家公安委員長・防災相を兼任している。岸田派の宮腰光寛氏は沖縄北方相などを兼任している。岸田派の平井卓也氏は科学技術担当相などを兼務していて、二階派の片山さつき氏は地方創生相・女性活躍担当相に、二階派の桜田義孝氏は五輪相となった。また、留任となったのは副総理・財務相の麻生太郎氏、経済産業相の世耕弘成氏はロシア経済分野協力担当相も兼務する。菅義偉氏は拉致問題担当相も兼務する。経済産業相は茂木敏充氏が留任となっている。また、再入閣は岸田派の根本匠氏で厚生労働相・働き方改革担当相などを兼務する。

安倍総理大臣と山口代表による与党党首会談が午後1時過ぎから始まった。会談のあと、内閣改造が行われ菅官房長官が第4次安倍改造内閣の閣僚名簿を発表することにしている。

今回新たに起用された閣僚を紹介する。地方創生担当大臣に起用される片山さつき氏は参議院比例代表選出の当選2回、59歳で初入閣。財務相の主計官を経て平成17年の衆議院選挙で初当選した。総務政務官などを努め現在は党の政務調査会長代理を務めている。安倍総理は良性や幅広い政策に精通していることを評価するとともに政権の掲げる女性活躍をアピールすることも念頭に片山氏を地方創生担当大臣に起用したものとみられる。文部科学大臣に起用される柴山昌彦氏は衆議院埼玉8区選出の当選6回、52歳で初入閣。会社員を経て弁護士として活動し平成16年に衆議院の補欠選挙で初当選した。選挙戦では当時幹事長を務めていた安倍総理大臣も応援に入った。総務副大臣などを経て第3次安倍内閣では安全保障や選挙制度を担当する総理大臣補佐官を務めた。現在は自民党の総裁特別補佐として安倍総理の政権運営を支えている。安倍総理は幅広い政策に精通する柴山氏を文部科学大臣に起用することで重要政策の着実な推進に繋げる狙いもあるとみられる。法務大臣に起用される自民党石破派の山下貴司氏は衆議院岡山2区選出の当選3回、53歳で現在は法務政務官を務めていて初入閣となる。東京地方検察庁の検事などを経て平成24年の衆議院選挙で初当選した。安倍総理は司法制度や法務行政に精通し先の総裁選挙で争った石破元幹事長を支持した山下氏を法務大臣に起用することで来年の参議院選挙などに向けて挙党態勢を築く狙いもあるものとみられる。

自民党の役員人事を受けて新執行部が午前中記者会見を行った。再任した二階幹事長は国民のために謙虚に丁寧に仕事を進めたいなどと述べた。加藤総務会長は自民党が期待されている機能を果たしていけるように努力していきたいなどと語り、安倍総理が秋の臨時国会にも党としての憲法改正案を提出したいとしている事に対し、推進本部でも更に議論を深めていくことになるなどと述べた。岸田政調会長は災害対応のための補正予算を早急に取りまとめ臨時国会に間に合うよう手続きを進めていきたいなどと語り、甘利選対委員長は少しでも安定的な政権・制作運営できる基盤が確保できるよう職責を果たしたいなどと述べた。

安倍総理大臣から電話を受ける沖縄北方大臣に起用され行政改革担当大臣などを兼務する宮腰光寛氏は安倍総理大臣から「担当が多岐にわたるので国会も大変だと思うが頑張ってもらいたい」などと言い渡されたそう。国家公安委員長に起用される山本順三氏は安倍総理大臣から、国家公安委員長、防災担当に加え国土強靭化をやるように伝えられたと明かした。文部科学大臣に起用される柴山昌彦氏は、文部科学省の信頼回復に務めるよう伝えられたという。また、文部科学省の事務次官が2代続けて任期途中で辞任したことについて「職員の方々と議論しながら信頼回復に全力を尽くしていきたい」などとコメントした。

総理大臣官邸からの中継が入り、この後菅官房長官が第四次安倍改造内閣の閣僚名簿を正式に発表するという。先ほど組閣本部が設置されたという情報が入っているという。留任が決まっている麻生副総理が官邸に到着したと伝えられ、麻生氏と菅氏は特に長いと述べられた。その後菅長官が到着し、閣僚名簿が発表された。横畑龍助

第4次安倍改造内閣の名簿が発表されていて、官邸には起用された閣僚が集まっている。竹下派・渡辺博道氏は復興相に起用され、二階派の吉川貴盛氏は農相となった。岸田派の根本匠氏は厚生労働相となり、参院細田派の世耕弘成氏は経済産業相に留任している。

原聖樹は今回の内閣改造について、麻生副総理兼財務大臣など政権の骨格を維持しながら石破派に配慮した派閥均衡型とみている。石破派からは山下貴司氏を法務大臣に起用、安倍総理大臣はこれまで政策の継続性や安定性を重視し再任や留任をとる形をとることが多くなったが、今回は最も多い12人の初入閣となった。安定的な政権を損なう可能性はあるが石破茂の善戦などを配慮して構築したものとみられる。

片山さつき氏は地方創生相として入閣している。山本順三氏は国家公安委員長・防災相を兼務する。桜田義孝氏は五輪相となり、河野太郎氏は外相を続投している。

今回初入閣となった中でも注目するのは山下氏。当選3回目だがこれで初入閣というのは抜擢と言える。衆議院では通常は大体5回以上、参議院では当選3回以上が自民党の中では入閣の候補と言える。今回安倍総理は総裁選挙で安倍総理を支持した議員の間からは”総裁選挙は権力闘争という側面があるので安倍総理を支持した議員を多く登用すべきだ。”という声が強く出ていた。

拉致問題の担当は加藤勝信氏から菅義偉氏に変わっているが、安倍総理は北朝鮮情勢に万全を期すために菅官房長官を担当にしたとみられる。

菅官房長官が閣僚の名簿を発表した。麻生太郎氏を副総理・財務相に、石田真敏氏を法務相に、山下貴司氏を法務相に、河野太郎氏を外相に留任している。文科省は柴山昌彦氏、厚生労働相は根本匠氏、農相は吉川貴盛氏、経済産業相などを世耕弘成氏が留任している。公明党から石井啓一氏が国土交通相などを留任している。環境相などを原田義昭氏、防災相を岩屋毅氏、官房長官などを菅義偉氏自身が留任している。渡辺博道氏が復興相を、山本順三氏が国家公安委員長・防災相など、宮腰光寛氏が沖縄北方相などを、平井卓也氏が科学技術担当相など、茂木敏充氏が経済再生相、片山さつき氏が地方創生相などを、桜田義孝氏が五輪相となったと発表した。

安倍総理大臣と公明党の山口代表による党首会談が終わりこのあと組閣本部が設置されて内閣改造が行われ、菅官房長官が第4次安倍改造内閣の閣僚名簿を発表することにしている。公明党の幹部の姿も見えている。

原さんは今後の課題について、総裁選挙で述べたように日本経済の活性化を進められるかや、安倍総理が訴えた憲法改正、戦後の外交・社会保障などだと見ていて、政権運営をめぐっての森友・加計問題や財務省の改ざん問題を払拭できるかが課題だと見ていた。また、安倍内閣としては最も多い12人が初入閣となっている。

新たに就任する内閣総理大臣補佐官が発表された。江藤拓氏が就任し、その他薗浦補佐官、泉補佐官、羽瀬川補佐官は留任と伝えられた。宮中における認証式は午後3時、総理の記者会見は午後6時、初閣議は午後6時45分を予定しているという。

先の総裁選挙で安倍総理大臣を支援した議員の間からは”総裁選挙は権力闘争という側面があるのだから安倍総理を支持した議員を多く登用すべき。”との声が上がっていた。各派閥とも先程終わったいわゆる入閣待機組、初入閣の議員を多く抱えているのでそうした議員を数多く閣内に入れたいという思いがあったのだろう。ある政権幹部は総裁選挙の際、仮に対応を変えなければ人事で冷遇するという自身も圧力を受けたことがあったと言っており、だからこそ支援した議員を大事にすべきと言っていた。一方で石破氏を支援した議員の間からは”挙党態勢を築くためにも適材適所、石破派からも議員を登用すべき。”との声が出ていた。双方の声に配慮する形で安倍総理は山下氏の起用を決めたのではないか。

安倍総理と公明党の山口代表の会談が終わり組閣本部が設置された。この後内閣改造が行われ菅官房長官が閣僚名簿を発表することになっている。内閣改造も最終段階に入った。

スタジオでのトーク。「菅官房長官が閣僚名簿を正式に発表しました。改めて安倍総理大臣の人事の狙いどのように読み解けるでしょうか?」「そうですね、政権の骨格を維持しながら推進力、あるいは政権の安定性を維持しながら安定的な推進力も維持したいという両睨みの人事と言えると思います」などと語れられた。麻生財務大臣ら重要課題を抱える閣僚6人が留任され、一方12人の初入閣となりこれは第一次安倍内閣も含めて最も多い人数となっているという。

キーワード
甘利明氏
首相官邸
岸田文雄氏
二階俊博氏
自民党
麻生太郎氏
石田真敏氏
山下貴司氏
河野太郎氏
柴山昌彦氏
根本匠氏
吉川貴盛氏
世耕弘成氏
石井啓一氏
原田義昭氏
岩屋毅氏
菅義偉氏
渡辺博道氏
山本順三氏
宮腰光寛氏
平井卓也氏
茂木敏充氏
片山さつき氏
桜田義孝氏
橋本聖子さん
内閣改造
安倍総理
安倍総理大臣
山口代表
菅官房長官
総理大臣官邸
第4次安倍改造内閣
二階幹事長
加藤総務会長
岸田政調会長
甘利選対委員長
文部科学省
沖縄基地
麻生副総理兼財務大臣
拉致問題
安倍晋三
石破さん
デフレ
マイナンバー制度
山下貴司
東京地方検察庁
河野外務大臣
茂木経済再生担当大臣
働き方改革
石井国土交通大臣
原田義昭
加藤勝信さん
渡辺博道
山本順三
参議院
一億総活躍担当
宮腰光寛
少子化対策
平井卓也
茂木敏充
公明
片山さつき
党首会談
東京オリンピック
京パラリンピック
桜田義孝
西村康稔
野上浩太郎
総裁選挙
憲法改正
森友・加計問題
横畠裕介
財務省
江藤拓
薗浦健太郎
和泉補佐官
長谷川補佐官
山下さん
総理
麻生副総理
河野太郎
  1. 前回の放送
  2. 10月2日 放送
  3. 次回の放送