ニュース 日ロ首脳会談

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年12月16日(金) 14:00~14:35
放送局 NHK総合大阪

番組概要

日ロ首脳会談関連ニュース (ニュース)
14:00~

安倍首相とプーチン大統領との2日目の首脳会談は、プーチン大統領が予定より遅れて東京に着いたのを受け、先ほど午後2時まえから首相官邸で始まった。両首脳は安倍首相が提案した経済協力プランに基づいた合意内容を確認したあと、共同会見で2日間の成果を発表することにしている。日本側の経済協力は、総額で3000億円規模になる見通し。

日ロ両政府は15日の首脳会談を踏まえ、北方領土すべてを対象として共同経済活動を実現するために特別な制度を国際的な約束として締結することを検討することや、元島民の島へのアクセスを改善する目的で対話を始めることなど、会談の成果を盛り込んだ声明を発表する方向で最終調整に入った。安倍首相とプーチン大統領は今日午後、東京で改めて会談し、先に安倍首相が提案した8項目の経済協力プランをめぐって両政府間などで合意した内容を確認したあと、そろって記者会見することにしていて、声明はこれに合わせて発表される方向である。

声明では共同経済活動や人の往来について触れられる。共同経済活動の分野は漁業、観光、医療など具体的に明記し、四島全部を対象とするとの方針が盛り込まれている。また共同経済活動を実現するため、日ロ両政府で国際的な約束として締結することを検討するとしている。一方、ロシア国内に対しては、今回の合意が「日本に対する大きな譲歩でない」とアピールするものと思われる。

ロシアのメディアが伝えたプーチン大統領の日本訪問。きのうの山口・長門での会談から一夜。プーチン大統領は予定より約1時間遅れて姿を現し、山口宇部空港から東京へと向かった。警視庁は最大7000人態勢で警備し、高度道路など一時的に交通規制も行う。日ロ首脳会談に会わせて、日ロビジネス対話が開かれており、午後には安倍首相とプーチン大統領も出席する予定である。

北海道 根室 納沙布岬から、現在の北方領土の様子を中継で伝えた。

2日目の日ロ首脳会談は、エネルギー分野、医療など安倍首相が提案した8つの経済協力プランの具体的な合意内容を確認することがポイント。政府間での協定でいうと医療保険分野での協力や、企業間での共同炭鉱開発など70点余の合意文書が取り交わされる。日本側の経済協力は総額3000億円規模となる。一方、ロシア側は経済面でのメリットを重視した交渉となる。

露による実効支配が続く北方領土では、日本人の往来は事実上制限されている。日本政府はロシアが不法占拠をしている実態を認めることがないよう、平成元年に日本人がこうした往来をしないよう求める閣議了解を行っている。こうした中、平成4年からは、領土問題解決まで島のロシア人と日本国民の相互理解を促すため、ビザなし交流が始まった。一方、ロシアは北方領土を自国の領土として、開発を加速化させる立場も鮮明にしており、道路の整備、軍事インフラ建設も進めている。択捉島、国後島に配備されているロシア軍は約3500人で、400近い関連施設の建設が行われている。またロシア国防省は国後島・択捉島を極東地域と北極海を結ぶ、シーレーンの拠点として新型地対艦ミサイルを配備している。

昨日行われた首脳会談では、安倍首相が北方領土への元島民の自由な往来ができるようプーチン大統領に働きかけ、これで調整する方向で合意した。安倍首相は会談に先立って島民と面談してプーチン大統領に宛てた手紙を受取り、プーチン大統領にもみせたという。しかし合意したとしても、自由往来については、道路、宿泊施設の整備など、様々な課題がある。現状では往来に制限があるが、ロシア側は人道問題に配慮し、ロシア主導で開発するため、便宜的な手続きも日本ととる姿勢を示すと思われる。

首相官邸で行われる日ロ首脳会談 2日目冒頭の映像が流れた。安倍首相は日ロ関係の潜在力を発揮することが、首脳の責務と感じ、8項目の協力プランを提案したが、ロシア国民も恩恵を受けるものとなっているなどと、両国の経済協力について説明した。

プーチン大統領からの挨拶。プーチン大統領は平和条約を締結の話を含む、ロシアと日本の関係全体をしっかりと議論し、経済で協力することにより、日ロの更なる発展に繋がるよう期待しており、基礎となるのば安倍首相が提案した8項目のプランにある、などと述べた。

日ロ首脳会談2日目の冒頭での発言のポイントを解説。安倍首相は日ロ関係は最も可能性の秘めた二国間関係であると表現し、8項目の経済プランを提案。8項目の協力プランを具体化し、増加していくなどとしている。一方、プーチン大統領は経済協力は日ロ関係の基礎となるなどと話している。

安倍首相とプーチン大統領との2日目の首脳会談は、プーチン大統領が予定より遅れて東京に着いたのを受け、先ほど午後2時まえから首相官邸で始まった。両首脳は安倍首相が提案した経済協力プランに基づいた合意内容を確認したあと、共同会見で2日間の成果を発表することにしている。安倍首相は会談の冒頭「日ロのダイナミズムを支えた大きな要因が経済で、日ロ関係は最も可能性を秘めた二国間関係だ。発揮を責務と感じ、8つの項目を提案した。ロシア国民も恩恵を受けるものとなっている」などと述べた。

キーワード
プーチン大統領
安倍首相
日ロ首脳会談
首相官邸
羽田空港
経済協力プラン
共同経済活動
北方四島
平和条約
長門(山口)
山口宇部空港
千代田区(東京)
警視庁
根室(北海道)
納沙布岬
北方領土
北方領土問題
ビザなし交流
択捉島
国後島
ロシア国防省
シーレーン
協力プラン

気象情報 (ニュース)
14:33~

全国の天気予報を伝えた。

経済情報 (ニュース)
14:34~

為替と株の値動きについて伝えた。

キーワード
日経平均株価
東証株価指数(TOPIX)
為替
  1. 前回の放送
  2. 12月16日 放送
  3. 次回の放送