ニュース 2016年10月13日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年10月13日(木) 12:00~12:20
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
12:00~

オープニング映像。 

ニュース (ニュース)
12:00~

昨日、埼玉・新座市にある東京電力の地下施設で火災が起き、都内の広い範囲が停電した。警察と消防は、地下の状況を確認し調査を進めているが、温度の高い状態が続いているため、地下の安全が確認でき次第検証を始め出火原因を調べることにしている。警察によると、現場付近は火災の影響でアスベスト濃度が高くなっているおそれがある。送電線ケーブルの場所に外部からの侵入の形跡はないという。東京電力が世耕経済産業相と面会し陳謝した。世耕経済産業相は事故後の記者会見が遅かったことを指摘し丁寧な情報提供を求めている。燃えたケーブルが35年以上使用され、年1回の目視点検だったことを問題視しているとし、徹底的な原因究明と再発防止策の提出を求めた。 

豊洲市場問題で、東京都は担当局の責任は免れないとして、市場長や複数幹部を更迭する方針を固めた。豊洲市場報告書では、事務系と技術系職員の連携不足など組織の問題が背景にあるなどをまとめ、小池知事は、今月5日の都議会で、懲戒処分も含めしかるべき対応をとるとして関係者の処分検討の考えを示している。東京都は中央卸売市場に新たに技術系幹部を置くことも含め体制検討を進めることにしている。

東証マザーズ上場のインターネット関連会社の株価を、東京の会社役員らが不正に釣り上げていたとして、証券取引等監視委員会は相場操縦の疑いで、強制調査に乗りだし、インターネット関連会社の本社を警視庁と合同で捜索している。

北方領土問題を含む平和条約交渉について、安倍首相は、先月のプーチン大統領との首脳会談で、交渉を具体的に進める道筋が見えてくるような手ごたえを感じたと述べ、問題解決に向けた決意を重ねて示した。ロシア経済分野協力担当大臣を兼務する世耕経済産業相は、8項目の協力プランについて、11月のペルーでの首脳会談までには一定の成果を出したい、首相がペルーに行く前にモスクワ訪問しロシア側の関係大臣と調整したいと述べた。

米・有力紙は、大統領選のトランプ候補に体を触られた女性2人のインタビューを掲載した。トランプ氏の陣営は全面的に否定しているが、各メディアが大きく取り上げ波紋が広がっている。クリントン候補を巡っては、先週からウィキリークスが、クリントン氏陣営のものとするメールの公開を進めている。私用メール問題を巡る裁判で司法省から情報提供を示すものもあり、トランプ氏が癒着だと批判している。クリントン氏陣営は、ロシア政府がトランプ氏のためハッキングを行っているとし、FBIが捜査していることを明らかにした。 

岩手県の東北道と静岡県の新東名高速のそれぞれ一部区間で試験的に来年度以降、時速110キロに引き上げる。東北道は花巻ICと盛岡南ICの間の上下線。新東名高速は新静岡ICから森掛川ICの間の上下線。高速道路の最高速度は上限の時速100キロだがそれを超えて走行する車が多く、警察庁は引き上げを検討してきた。構造上時速120キロ走行可能で事故が少ないこの区間で、大型貨物自動車などを除き、試験的に最高速度を引き上げる方針をそれぞれの県の公安委員会が決定。国内で高速道路が開通して初めてで、来年度以降実施される。

ソニーは、仮想の世界を実際のように体験できるVR(バーチャルリアリティー)ゲーム用機器をアメリカや中国など42の国と地域で同時発売した。プレイステーション4に接続して使うゴーグル型VR機器。予約していた客が、さっそく手にした。日本での販売機器は、4万4980円(税抜き)。海中での仮想遊泳や、キャラクターとの会話を楽しむソフト21本も発売された。VRのゲーム用機器の市場では、アメリカ・台湾の企業が先行しているが、ソニーは世界中の販売網でシェア獲得を狙い、競争が激化される予想だ。

石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油は、出光の創業家が今の計画での統合に反対していることを受けて、来年4月としていた経営統合を延期とすることをかためた。夕方に両者は記者会見を開くことにしている。

大坂冬の陣で、徳川方についた武将・片桐且元が西本願寺の門主に宛てて、近く和議が成立する見込みであるなどの詳しい状況をつづった慶長19年の12月18日付の書状が発見され、京都市内で展示されている。今年6月に東京都内の古書店で見つかったもの。実際に翌日に和議が成立している。本願寺史料研究所の大喜直彦上級研究員は、その時のリアルタイムの中身であり、今までそのような手紙はなかっただろう、新しい研究の広がりになると語る。龍谷大学大宮学者本館(京都下京区)で今月21日まで展示される。

為替と株の値動きを伝える。

キーワード
新座市(埼玉)
東京電力 
停電
アスベスト 
経済産業省
世耕経済産業相 
豊洲市場問題
豊洲市場
岸本良一市場長
中央卸売市場
東証マザーズ
証券取引等監視委員会
警視庁
ストリーム
港区(東京)
安倍首相 
日ロ平和条約交渉
長谷川元総務政務官
プーチン大統領
8項目の協力プラン
ニューヨーク・タイムズ
フロリダ州(アメリカ)
ウィキリークス
コロラド州(アメリカ)
FBI
トランプ氏
クリントン氏
新東名高速
東北道
警察庁
花巻IC
盛岡南IC
新静岡IC
森掛川IC
大型貨物自動車
公安委員会
岩手県
静岡県
プレイステーション4
ソニー
バーチャルリアリティー
銀座(東京)
アメリカ
中国
台湾
出光興産
昭和シェル石油
経営統合
龍谷大学大宮学舎本館
西本願寺
本願寺史料研究所
大坂冬の陣
片桐且元
大喜直彦
東京市場
日経平均株価
東証株価指数
下京区(京都)
東京都

関西のニュース (ニュース)
12:15~

姫路市建設局の局長が去年5月の橋の補修工事で入札価格の情報を知人に漏らし見返りに現金50万円を受け取った疑い。2人は少なくとも数年前からの知り合いで知人の容疑者は入札前後の去年5月から6月にかけ市役所局長室に頻繁に出入りしていた。警察は癒着の実態の解明を進めている。

大阪弁護士会が今月初め事前に予約を受け付けた上で行っている。最近は定年退職前後の離婚の相談や相続争いを避けたいと言った相談が増えている。離婚・相続など身近な問題。会社で勤めていて給料が遅れているとか残業代を払ってもらえないなど日頃悩んでいることを相談して解決してもらいたいと田渕さんは話した。無料相談会予約受付19日まで(日曜除く)弁護士会館など大阪府内5ヵ所。

近畿運輸局が企画したもので大阪市立愛珠幼稚園の年長の園児21人と保護者が大阪市交通局の中津営業所を訪れた。園児たちは整備担当の職員からエンジンやライトの説明を受け油圧ジャッキでバスが持ち上げられると歓声を上げながらバスの下に入り込んで見学した。洗車の様子を車内から見学した。バスのお風呂が楽しかったと園児の感想。

大坂冬の陣の戦況を記した書状を展示。この書状は豊臣秀頼に仕えていたものの大坂冬の陣の直前に徳川方についた武将片桐且元が西本願寺のトップ門主宛に書いたもの。書状は豊臣方が徳川方に謝罪の意思を伝え近く両者の間で和議が成立する見込みであること。視察した2代将軍徳川秀忠が上機嫌だったことなどが記されていて実際に翌日に和議が成立した。臨場感のある内容で新しい研究の広がりになるのだと思うと大喜さん。 この書状はは龍谷大学大宮学舎本館で展示されている。

キーワード
大阪府
姫路市(兵庫)
大阪弁護士会
大阪弁護士会館
大阪市立愛珠幼稚園
大阪市交通局 中津営業所
北区(大阪)
龍谷大学 大宮学舎
大坂冬の陣
片桐且元
豊臣秀頼
西本願寺
徳川秀忠
下京区(京都)

スポット

スクール/教育

大阪市立愛珠幼稚園
龍谷大学大宮学舎本館
龍谷大学 大宮学舎

レジャー/交通

花巻IC
盛岡南IC
大阪市交通局 中津営業所

宗教

西本願寺
本願寺史料研究所

政治/経済/地方自治体

経済産業省
大阪弁護士会館

流通

中央卸売市場

金融/保険

東証マザーズ
東京市場
  1. 前回の放送
  2. 10月13日 放送
  3. 次回の放送