国会中継 「衆議院予算委員会質疑」 〜衆議院第1委員室から中継〜

国会中継(こっかいちゅうけい)は、日本の国会の会期期間中に随時放送される中継番組であり、現在では、通常はNHK(日本放送協会)の総合テレビとラジオ第1で「国会中継」のタイトルで放送されているテレビ番組・ラジオ番組と、株式会社ドワンゴのニコニコ生放送でNHKと同一タイトルでライブストリーミング配信しているインターネット番組を指す。ただし、過去にはNHK以外の放送局が委員会審議を中継した例もある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月28日(木) 9:00~11:54
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
09:00~

オープニング映像。

衆議院予算委員会質疑 (ニュース)
09:00~

自由民主党の大塚拓氏による質疑。大塚拓氏は厚生労働省の統計問題について、根本匠厚生労働大臣の見解を求めた。根本匠厚生労働大臣は、毎月勤労統計については段差が生じるもので、利用者にとっては分かりにくいので長年の課題として指摘されており、サンプルの部分入れ替え方式を取り入れることで段差が少なくなるので、経済実態をより的確に反映できると語った。

自由民主党の大塚拓氏による質疑。大塚拓氏は厚生労働省の統計問題について、諸外国ではどのような人員態勢で行っているのか質問した。総務省総括審議官は、アメリカの統計職員については9000人程度で、それと比較すると我が国の統計職員数は少ないといえると語った。

公明党の中野洋昌氏による質疑。中野洋昌氏は毎月勤労統計について、今後の改革をどのように取り組みを進めるのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、厚生労働省においては今回の事案を真摯に反省するとともに報告書の厳しい指摘を重く受け止め、信頼回復と再発防止に全力を挙げる必要があると考えていると語った。

公明党の中野洋昌氏による質疑。中野洋昌氏はUR住宅に関する要望に対して、どのような取り組みを行うのか質問した。石井啓一国土交通大臣は、UR住宅に安心して住み続けられるようにすることは重要なことと認識しており、具体的には修繕負担については大部分をUR負担とし、居住者負担は11項目に軽減するという見直しを公表しており、適用しているところであると語った。

公明党の中野洋昌氏による質疑。中野洋昌氏は防災減災について、国と地方自治体が連携し、現場で必要な効果的なインフラ整備を行っていくことについて見解を求めた。安倍晋三内閣総理大臣は、国と地方自治体が連携することが重要と認識しており、地域の特性や課題を共有しながら事業計画の調整を進めるなど防災減災対策を実施してきたところであると語った。

国民民主党・無所属クラブの原口一博氏による質疑。原口一博氏は防災対策の予算について、安倍晋三内閣総理大臣の所見を求めた。安倍晋三内閣総理大臣は、防災においては各地域においてばらつきがあるので、そのことも含めて対応していかなければならないと考えていることを語った。

国民民主党・無所属クラブの原口一博氏による質疑。原口一博氏は田畑議員の説明責任について安倍晋三内閣総理大臣の所見を求めた。田畑議員について安倍晋三内閣総理大臣は、個別の事案となっているので、政府としては発言することは控えさせて頂きたいと思うが、女性に対する暴力はあってはならず、その根絶に向けて政府としても全力で取り組んでいかなければならないと思うと語った。

国民民主党・無所属クラブの原口一博氏による質疑。原口一博氏は岩屋毅防衛大臣が、「沖縄には沖縄の、国には国の民主主義がある」と発言していたが、どういう意味なのか質問した。岩屋毅防衛大臣は、沖縄にも地方の民主主義があると思うが、一方で国は民主的に選ばれた国会が内閣を構成しており、沖縄の結果は真摯に受け止めるが、安全保障に責任を担っている国としても沖縄に説明しながら事業を進めさせて頂きたいという文脈で発言したものであると語った。

国民民主党・無所属クラブの原口一博氏による質疑。原口一博氏はマクロ経済スライド分で年金の伸び率が0.1%抑制されることについて、理由を求めた。安倍晋三内閣総理大臣は将来世代のためのマクロ経済スライド調整を行った上で、未調整だったものも含めて今回行ったものであると語った。

国民民主党・無所属クラブの原口一博氏による質疑。原口一博氏は統計について、厚労省の中だけで総務省に必要な申請、承認をしなかったことについて、総務省になぜ聞いておらず、報告がないのか質問した。特別監査委員会委員長は、特別監査委員会の目的は統計法違反を含む、不適切な取扱が疑われるケースについて調査を行うと語った。

国民民主党・無所属クラブの原口一博氏による質疑。原口一博氏は統計について、12月13日に委員長が指摘をして発覚しており、その経緯の説明を求めた。統計委員会委員長は、厚生労働省との打ち合わせの時に統計委員会から何度もお願いしていた情報があまり出てこなかったので、事務局から話を聞くと全数調査でないとの回答を受け、驚いたというのが状況であったと語った。

国民民主党・無所属クラブの原口一博氏による質疑。原口一博氏は消費増税について、去年の実質賃金はいつ出るのか質問した。根本匠厚生労働大臣は毎月勤労統計で既に公表しているが、0.2の伸びであると語った。また原口一博氏は、世帯全体で収入は増えているのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、総雇用者取得で見れば名目においても実質においてもプラスになっていると語った。

国民民主党・無所属クラブの原口一博氏による質疑。原口一博氏は核の段階的削減、拉致問題解決についての安倍晋三内閣総理大臣の決意を質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、北朝鮮の核ミサイルは脅威であり、CVIDについて米国に主張しているところであると語った。

国民民主党・無所属クラブの西岡秀子氏による質疑。西岡秀子氏は消費税増税について、予定通り現行の8%から10%に増税することで間違いないのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、法律に則って引き上げさせて頂く考えであると語った。また西岡秀子氏は、複数の対策が並列している中で、消費者にはわかりにくく、事業者にとっても過度な負担を強いる状況になっていることが問題になっていると考えており、安倍晋三内閣総理大臣の見解を求めた。安倍晋三内閣総理大臣は、総合的に関すれば政策全体として所得の低い世帯には手厚く、逆進性に対して十分な緩和策になると考えていると語った。また茂木敏充経済再生担当大臣は一定期間の需要は一定であり、駆け込み需要が大きければ反動減が大きくなるので、今回我々がとっている対策は駆け込み需要を起こさないので反動減も抑制されるということで、その後に反動減が出るという話ではないと考えていると語った。

立憲民主党・無所属フォーラムの長妻昭氏による質疑。長妻昭氏は、米朝首脳会談についてトランプ大統領に釘を刺しているのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、米朝首脳会談に対して事前に入念な打ち合わせをしており、電話会談だけでなく何度も会談していると語った。

立憲民主党・無所属フォーラムの長妻昭氏による質疑。長妻昭氏は毎月勤労統計問題について、国家の危機になりかねないという認識を持っているのか質問した。安倍晋三内閣総理大臣は、公的統計は国民にとって合理的な意思決定を行うための基盤となる重要な情報となると考えていると語った。

立憲民主党・無所属フォーラムの長妻昭氏による質疑。長妻昭氏は統計について、ベンチマーク更新における賃金指数について、ベンチマーク由来のものは過去遡るということをすることを存じているのか質問した。元厚生労働省政策統括官は、統計の分析を知っている中で知っていると語った。

立憲民主党・無所属フォーラムの長妻昭氏による質疑。長妻昭氏はギャップ由来の補正については遡らないということは当時、存じているのか質問した。統計委員会委員長は、30年7月の時点では、それを議論しないということになっていたので、その意味では知らなかったと語った。

立憲民主党・無所属フォーラムの長妻昭氏による質疑。長妻昭氏は部会での議論について、議事録を出して頂きたいと語った。石田真敏総務大臣は、毎月勤労統計の改善について検討が行われており、この間にワーキンググループでは平成28年6月~8月にかけて、標本交替に伴う断層への対応について議論されていると語った。

キーワード
厚生労働省
毎月勤労統計
UR
田畑毅
年金
F-35
CVID
消費税
トランプ大統領

エンディング (その他)
11:53~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 2月28日 放送
  3. 次回の放送