ドリームライブ 2014〜世界からのメッセージ〜

放送日 2014年5月24日(土) 0:50~ 2:04
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
00:50~

今年、ニューヨークなど世界の3カ所で豪華アーティストによるライブが開催された。3つのライブは東日本大震災から3年を機に開かれた。復興を応援する彼らの熱い想いに迫る。

滝川クリステルは世界3都市で行われた東日本大震災復興支援チャリティーコンサートについて、ニューヨークのコンサートに足を運んだ。3年が過ぎた今でも変わらず応援してくれるなどと話した。

キーワード
ニューヨーク(アメリカ)
ボビー・コールドウェル
ボブ・ジェームス
ウィル・リー
マイク・スターン
ロン・カーター
小曽根真
ベン・E.キング
大江千里
ニューオーリンズ(アメリカ)
会津若松市(福島)
ライン国立歌劇場児童合唱団

ドリームライブ2014~世界からのメッセージ~ (バラエティ/情報)
00:52~

アメリカニューオーリンズはジャズ発祥の地とも言われている。2005年にはハリケーン カトリーナにより甚大な被害を受け多くのミュージシャンが住む家を無くしミュージシャンズ・ビレッジがつくられた。「スタンド・バイ・ミー」で知られるベン・E・キングさんらがエリス・マルサリス・センター・フォー・ミュージックでライブを開催。東日本大震災の被害に対するニューオーリンズの人々の関心は高くたくさんの人が集まった。

東日本大震災復興支援のためベン・E・キングさんらがアメリカニューオーリンズにあるエリス・マルサリス・センター・フォー・ミュージックでライブを開催。「Under The Boardalk 渚のボードウォーク」などを披露した。

東日本大震災復興支援コンサート前日、ベン・E・キングさんはリハーサル中の地元ゴスペルグループ「ゴスペル・ソウル・チルドレン」のもとを訪ねた。地元ライブハウスで活動する藤井美紀さんや大江千里さんも参加する。

ベン・E・キングらが上を向いて歩こうを披露。

ベン・E・キングらがStand By Meを披露。

ボブ・ジェームスらがライン・フォー・ライオンズを披露。

10回以上来日経験のあるベン・E・キングさんは東日本大震災のニュースに心を痛めていた。被災地を励ましたいと岩手県陸前高田市を訪れ地元でジャズ喫茶を営む照井由紀子さんと出会った。ジャズ喫茶ジョニーは震災で全て流されてたが仮設の店舗で営業を再会した。ベン・E・キングさんが地元の人たちと一緒に「スタンド・バイ・ミー」を歌った。

ボブ・ジェームスはは、東北の震災から半年後に「いわてジャズ」で演奏したという「Put Your Hearts Together(心をひとつに)」という曲を書き下ろした。2011年9月、岩手県大船渡市をと訪れたボブさんは「理解し難いほど不意に襲った自然の恐るべき破壊力」などと感想を述べた。大船渡市赤崎地区で、奇跡的に残ったプレハブを練習場にしている地元のジャズバンド、サンドパイパースオーケストラ。住む家をなくしたメンバーも少なくないが活動を再開することにした。ボブさんは、サンドパイパースオーケストラとPut Your Hearts Togetherを演奏することにした。練習は深夜にまで及んだ。そしていわてジャズでの本番は見事な演奏になった。

アメリカニューオーリンズで行われた東日本大震災復興支援ライブ参加者の声を紹介。

Drumsの三浦和士さんは「私は津波で家も思い出も全部流されてしまった」などとボブさんに語る。ボブさんは涙を流した。ボブさんは、娘のヒラリー・ジェームスに、大船渡での体験を話し、ヒラリーさんはこの曲につける歌詞がすぐ浮かんできたという。ボブさんはタイトルを「Put Your Hearts Together」から「Put Our Hearts Together」に変更した。2012年夏、横浜市では、松田聖子が日本語の歌詞をつけることになり面会した。松田聖子がPut Our Hearts Togetherを歌った。

アメリカニューヨークにあるJazz Clubブルーノートで東日本大震災復興支援ライブが開かれることになった。発起人となったのはジャズピアニストのボブ・ジェームスさんだった。

ニューヨークのブルーノートで、アリス・ソイヤーとジャニス・シーゲルが「Put Our Hearts Together」を歌った。

ボブ・ジェームスさんはこれまでに世界的なヒット曲を生み出しグラミー賞も2回受賞している。今回のライブのメンバーについてとてもユニークな組み合わせでマイク・スターンたちと共演する機械はめったにないなどと話した。

ロン・カーターは「日本人は精神力が強いけど、まだ心配」などと話した。ジョン・スコフィールドは「今回演奏したことは光栄なことで、少しでも日本の力になれれば」などと語った。小曽根真は「ボブ・ジェームスだからこのメンバーが集ったんじゃないか」などとコメントした。ボブ・ジェームスは「ミッションを達成できた思い、リラックスしている」などと述べた。

ボブ・ジェームスらが「What You Won’t Do For Love 風のシルエット」を披露した。

フランス・ストラスブールで開かれたコンサートに福島県の1人の女子高校生が招待された。ストラスブールから80キロのところに、フェッセンハイム原発があり、市民の東日本大震災への関心は高いという。チャリティ・コンサートは、セント・ポール教会で行われ、被災地への募金も集められた。

タイスの瞑想曲より Meditation from Thais/Massenetを演奏した。

観光局のパトリス・ジェニーさんは「我々の街の近くには、原子力発電所があり、福島での事故が他人事ではナイと考えるようになった」「その体験を説明できる日本の若者をコンサートに招待したいと考えた」などと話す。福島県立葵高校の阿部真季さんは、ブラスバンド部で活躍している。

阿部さんは双葉郡大熊町で暮らしていた。震災の翌日避難を余儀なくされ、今は会津若松市で暮らしている。阿部さんは大熊町に一度だけ帰宅している。

阿部さんは1人、ストラスブールに向かった。ホームステイ先でソフィア・カラチさんに会った。ソフィアさんは、ライン国立歌劇場児童合唱団のメンバー。歌うのは復興支援ソング「花は咲く」(作詞:岩井俊二、作曲:菅野よう子)。阿部さんは、曲を練習してくれていたことについて「つながりを感じますね」などとコメントした。

ストラスブール大聖堂を訪れた映像が映る。阿部真季さんは、一緒に歌うメンバーの前で、自身の被災体験を語った。ソフィアさんは「福島で原発事故という大変な出来事を経験したのに、マキはフランスまで伝えに来るなんて本当に勇気がある」などと語った。ソフィアさんの母は「マキにあってから今までの1000倍 震災被害の酷さを感じた」などと話した。

セント・ポール教会が、マキさんにとっての晴れの舞台となる。マキさんは「世界中からの温かい声が支えになった」などとステージで挨拶をした。

「花は咲く」(作詞:岩井俊二、作曲:菅野よう子)をストラスブール フィルハーモニー管弦楽団が演奏し、ライン国立歌劇場児童合唱団が歌った。

「歌も演奏も素晴らしかった、特に日本の歌「花は咲く」には感動した」などの観客の声を紹介した。阿部さんは「帰りたくない」と笑顔で語った。

スマイルキャラバン春コンサート IN 鶴ヶ城で、福島県立葵高校の阿部真季さんが参加した演奏会の模樣が映され、「感動した」などの観客の声を紹介した。

キーワード
ニューオーリンズ(アメリカ)
ハリケーン カトリーナ
スタンド・バイ・ミー
ミュージシャンズ・ビレッジ
エリス・マルサリス・センター・フォー・ミュージック
Under The Boardalk 渚のボードウォーク
ゴスペル・ソウル・チルドレン
上を向いて歩こう
Stand By Me
ライン・フォー・ライオンズ
陸前高田市(岩手)
Put Your Hearts Together
サンドパイパースオーケストラ
横浜市(神奈川)
大船渡市(岩手)
Put Our Hearts Together
Jazz Club ブルーノート
ニューヨーク(アメリカ)
ボビー・コールドウェル
ブルーノート
マイク・スターン
ウィル・リー
小曽根真
What You Won’t Do For Love 風のシルエット
ストラスブール(フランス)
フェッセンハイム原発が
東日本大震災
セント・ポール教会
タイスの瞑想曲より Meditation from Thais/Massenet
大熊町(福島)
会津若松(福島)
ライン国立歌劇場児童合唱団
花は咲く
岩井俊二
菅野よう子
ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団

エンディング (その他)
02:02~

エンディング映像。

  1. 5月24日 放送