ゆうどき 2015年2月19日放送回

『ゆうどき』は、NHK総合テレビジョンで放送された生活情報番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年2月19日(木) 17:14~18:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

ニャンカメが行く! (バラエティ/情報)
17:14~

千葉県勝浦市にある遠見岬神社で明日、かつうらビッグひな祭りが行われる。遠見岬神社の60段ある石段に1200体のひな人形が飾られる。朝7時からひな人形を並べるという。ひな人形が保管されている衣装ケースにはすべて番号がついていて、どの段に並べるかが決まっている。かつうらビッグひな祭りは2月20~3月3日まで行われる。この祭りは遠見岬神社だけでなく市内各所で楽しむことができる。

キーワード
ひな人形
かつうらビッグひな祭り
勝浦市(千葉)

いま旬一本勝負! (バラエティ/情報)
17:16~

山梨県笛吹市のビニールハウスでは桃の花が満開だ。通常山梨の桃の花の開花は4月上旬だ。ハウスもも園の中は17.4度と暖かい。このハウスに植えられている桃は「日川白鳳」という種類の桃だ。農家の人が一番気をつけていることは温度管理だ。桃は暑すぎてもよくないため、ハウスの中のシートを巻き上げ温度を調整する。これを日に5~10回行う。このハウスの桃の花は一般人も自由に見に行くことができる。笛吹市に来ないと味わえないものは桃ジュース、桃ケーキ、桃カレーなどがある。この桃の見頃は3月上旬までだ。

キーワード
日川白鳳
笛吹市(山梨)

発酵漫遊記 (バラエティ/情報)
17:21~

岡山県のスーパーに並ぶ発酵食品「テンペ」は栄養満点でさまざな料理に使える。

岡山県岡山市のスーパーにやってきた。テンペは大豆の発酵食品だ。テンペは東南アジアのインドネシアで400年以上前から食べられている伝統食だ。バナナの葉などに包んで売られていて揚げたり、スープにして食べる。JA岡山女性部は13年前からテンペを作り始め、毎日欠かさず食べているという。

テンペの作り方を紹介。大豆を水に浸してふやかし圧力釜で煮る。原料の大豆には岡山県産のたまほまれを使う。この大豆は甘みが強くそのまま茹でてもおいしい。煮た大豆を釜から取り出し扇風機で一気に水気と熱を取り除く。水分があるとキレイに発酵しないためこの作業は重要だ。大豆を30℃まで冷ましたら、テンペ菌をふりかける。テンペ菌はハイビスカスの葉の裏などに生息している菌でクモノスカビとも呼ばれている。テンペ菌をふりかけた大豆を袋に入れ発酵室に移し、朝まで置き完成する。テンペ菌が大豆のタンパク質を分解しうまみ成分のアミノ酸を作る。

テンペの発酵のポイントとなるのは温度だ。テンペは発酵するとき熱を出す。テンペを重ねておくとその熱で発酵が進み過ぎたり、発酵しなくなる。また熱が天井などに貯まると温度差がうまれ、発酵がバラバラに進む。そこでテンペを置くとき上下に隙間をあけ、空気の通りを良くした。また天井にファンを取り付け、室内の空気を循環させた。こうして部屋の温度を一定に保ち、同じ品質のテンペが作れるようになった。

テンペについてトークを展開。小泉武夫は味について「栗の味と香りがする。」などとコメント。テンペを作ろうとして納豆になったという話について小泉武夫は「両方とも大豆で出来ている。空気中には納豆菌が40℃以上で集まってくる。しかしテンペ菌は30℃が適温だ。そのため温度管理が大切だ。」などと解説した。

テンペコロッケとテンペの炊き込みご飯についてトークを展開。山本哲也は炊き込みご飯について「モチモチ感があり、栗のような味がする。」などとコメントした。コロッケについて合原明子は「甘みが強い。クリーミーでコクがある。」などとコメントした。

岡山県矢掛町でテンペ料理紹介。訪ねた店は50年続く家具屋でその一角で売られているテンペ料理が人気だ。この店でテンペコロッケを食べた。手作りのテンペを売り始めたのは24年前で、初めは生のものを売っていた。しかしお客さんにどう料理していいのかわからないと言われ、料理を振る舞うようになった。様々な人にテンペを知ってもらおうと週末には駅前やデパートで路上販売をしている。

テンペ料理を教えてもらった。1つ目はテンペとひじきの炒めもの。テンペはほぐしてから使う。フライパンに油を敷いてテンペを炒める。炒めることでもちもちとした食感が引き立つ。つづいてひじきをお湯でもどし、野菜を加える。先ほど炒めたテンペを戻し調味料であじを整え完成。2つ目はテンペの炊き込みご飯。だしを入れたごはんの上に野菜を加え、ほぐしたテンペを入れ炊飯器で炊き完成。

キーワード
テンペ
東京都
岡山県
JA岡山女性部
大豆
バナナ
岡山市(岡山)
インドネシア
ハイビスカス
矢掛町(岡山)

にっぽん縦断こころ旅 (バラエティ/情報)
17:44~

俳優の火野正平さんがお手紙の中のこころの風景を尋ねる。今回は熊本県。

熊本・小国町。お便りは大阪府堺市の方から、こころの風景は「肥後小国駅」。

熊本駅を出発し鉄道で阿蘇駅まで移動。阿蘇駅でバスに乗り換え、大観峰入口まで行く。ここから自転車で17キロ先の肥後小国駅を目指す。出発から程なくして道は下り坂に。坂の途中に食堂らしき建物を見つけた。ここは旧道だと話した。日野さんが注文したのは地鶏のソテー、ソースが美味いと話し、再び自転車に乗った。道はずっと下り坂、いつになく楽な旅路。峠道を抜け人里へ。道の駅の奥に肥後小国駅という看板を発見。昔の線路、信号も残っていた。この場所で再びお便りを読んだ。

三重・愛知の「こころの風景」募集中。

キーワード
小国町(熊本)

気象情報 (ニュース)
17:54~

関西の気象情報。

エンディング (その他)
17:57~

「詳しいレシピは番組ホームページまで」とURL表示テロップ。

あすの放送内容を伝えた。

小泉さん流、テンペのココナッツスープを紹介。

キーワード
テンペのココナッツスープ
  1. 前回の放送
  2. 2月19日 放送
  3. 次回の放送