ツール・ド・フランス 2013

ツール・ド・フランスまたは(ル・)トゥール・ド・フランス(仏: Le Tour de France、以下「ツール」)は、毎年7月にフランスおよび周辺国を舞台にして行われる自転車ロードレース。1903年から開催されており、主催は傘下にスポーツ新聞レキップや一般紙ル・パリジャンなどを抱えるフランスの大企業・アモリ・スポル・オルガニザシオン (ASO, Amaury Sport Organisation)。名称はフランス語で「フランス一周」を意味する。フランス語による同様の名称のレースには、スイスで行われるツール・ド・スイスなどがある。単にル・ツール(Le Tour:ル・トゥール)と称されることもある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年8月8日(木) 1:55~ 3:35
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
01:55~

オープニング映像。

ツール・ド・フランス2013 (スポーツ)
01:57~

今年100回目を迎えるツール・ド・フランスの開幕の地は初開催となるコルシカ島、今大会のエントリーは22チーム198人。そこで注目のチームと選手を紹介、スカイプロサイクリングは去年の総合優勝者であるブラッドリー・ウィギンスを欠くもののエースには昨年総合2位のフルーム、山岳に強いポートなど力のある選手が揃っており2年連続優勝を狙っている。フルームの最大のライバルと見込まれるのサクソ・ティンコフのエースで過去2回優勝経験のあるコンタドール、他にも優勝経験のあるBMCレーシングのエバンス、昨年は怪我で欠場したレディオシャック・レオパードのシュレク、モビスターのバルベルデとキンタナ、ユーロップカーのローランとサポートの新城幸也がいる。今大会は全てフランスで行い、全21ステージの構成になっている。

ツール・ド・フランス2013、第1ステージのポルト・ベッキオからバスティアまでの213kmの区間の模様をハイライトで紹介。スタート直後に5人の選手が集団から飛び出して先頭集団とメイン集団を形成するも、残り37kmの地点でメイン集団が先頭集団を吸収した。残り10kmを通過した所でゴール地点ではチームバスがゴールゲートに挟まり動けなくなるというアクシデントが発生、急きょゴール地点が3km手前に変更されるがバスが移動できた為にゴール地点が元に戻された。この混乱が引き金になりメイン集団で大規模な落車が発生、落車を免れた20人ほどの選手でゴール前スプリントが行われアルゴス・シマノのキッテルがステージ優勝を果たした。落車はゴール地点の変更が切っ掛けになった為に大会審判団は選手に順位は付けるものの全員を同タイムにするとの措置が取った。

ツール・ド・フランス2013、第2ステージのバスティアからアジャクシオまでの156kmの区間の模様をハイライトで紹介。このステージは峠など登りの場面が多くスプリンターは苦戦しメイン集団から脱落していった。残り7キロの地点で集団から6人が飛び出し先頭集団を形成。追走集団にはスプリンターがいないとみると、先頭集団に居たレディオシャックのバークランツがゴール前のスプリントでは分がないとみてアタックを仕掛けて逃げ切りを図りわずか1秒の差でステージを制した。このステージでは日本人の新城幸也は12位と健闘した。このステージでバークランツはステージ初優勝しマイヨジョーヌを手にした。

ツール・ド・フランス2013、第3ステージのアジャクシオからカルビまでの145.5kmの区間の模様をハイライトで紹介。ユーロップカーのローランからマイヨ・ブランを奪おうとオリカ・グリーンエッジのクラークが積極的な走りをみせ、最初の山岳ポイント獲得の為にゴール前スプリントのような接戦をみせた。ユーロップカーはクラークのポイント獲得を阻止しようとゴティエを送り出すもクラークについて行けず、クラークは5ポイントを取りローランと並んだ。最後の山岳ポイントを取られるのを防ごうとローランが前に出て最後の峠を制した。クラークはマイヨ・ブランを取れなかったものの敢闘賞が贈られた。ゴール前ではオリカ・グリーンエッジのゲランツとキャノンデールのサガンが競り、写真判定の結果ゲランツがステージ優勝を果たした。

キーワード
コルシカ島
ツール・ド・フランス
スカイプロサイクリング
ブラッドリー・ウィギンス
フルーム
ポート
サクソ・ティンコフ
コンタドール
BMCレーシング
エバンス
レディオシャック・レオパード
シュレク
モビスター
バルベルデ
キンタナ
ユーロップカー
ローラン
新城幸也
ツール・ド・フランス2013
アルゴス・シマノ
キッテル
ポルト・ベッキオ(フランス)
バスティア(フランス)
アジャクシオ(フランス)
レディオシャック
バークランツ
オリカ・グリーンエッジ
キャノンデール
クラーク
ゲランツ
サガン
カルビ(フランス)

ツール・ド・フランス今昔物語 (バラエティ/情報)
02:12~

ツール・ド・フランスの歴史を解説。100年位上前にフランスの新聞社がライバル紙に対抗する為にフランス全土で順位を競うという自転車レースを企画した。1903年7月1日、60人の選手が参加して1回目のツール・ド・フランスが行われた。

キーワード
ツール・ド・フランス

ツール・ド・フランス2013 (スポーツ)
02:12~

ツール・ド・フランス2013、第4ステージのニースでの25kmのチームタイムトライアルの模様をハイライトで紹介。優勝候補の一角であるオメガファルマ・クイックステップはチームタイムトライアルの世界チャンピオンで、先に走ったチームに1分以上の差を付けて暫定1位を獲得した。マイヨジョーヌ候補のフルーム擁するスカイプロサイクリングは万全の態勢で臨み暫定2位に付けた。オリカ・グリーンエッジは抜群のチームワークを発揮しオメガファルマを抜いてステージ優勝、さらにマイヨジョーヌはエースのゲランズが獲得した。

第5ステージから第7ステージまでは序盤恒例のスプリント合戦になった。激戦を繰り広げたのは、ツールステージ優勝通算23回のオメガファルマのカベンディッシュ、去年彗星のように登場したキャノンデールのサガン、ドイツチャンピオンのロット・ベリソルのグライペルで、この3人がマイヨ・ベールを掛けて争った。

ツール・ド・フランス2013、第5ステージのカーニュ・シュル・メールからマルセイユまでの228.5kmの区間の模様をハイライトで紹介。スタート直後に6人の選手が集団から飛び出して先頭集団を形成、中には日本チャンピオンのナショナルジャージを身につけたユーロップカーの新城幸也の姿があった。新城幸也は山岳ポイントを1位で通過するなど果敢に攻めるも、メイン集団の激しい追い上げにあい残り9キロの地点でメイン集団に吸収された。残り4キロの地点からゴールスプリント対決、ロット・ベリソル、キャノンデール、オメガファルマがトレインを形成し、残り2キロのコーナーでガベンディッシュ擁するオメガファルマが先頭に付けた。そして万全の態勢からカベンディッシュがスパートし見事にステージ優勝を果たした。

ツール・ド・フランス2013、第6ステージのエクサン・プロヴァンスからモンペリエまでの176.5kmの区間の模様をハイライトで紹介。中間スプリントでもゴール前さながらの競り合いが行われ、ロット・ベリソルのグライペルがポイントを獲得した。ゴールまで残り33キロの地点でカベンディッシュが落車の影響で集団から遅れるがチームメイトのシャバネルがペースダウンを要求、集団は合意しカベンディッシュはメイン集団に復帰する事が出来た。ゴール前、ロット・ベリソルが完璧なトレインをみせてグライペルがステージ優勝を果たした。

ツール・ド・フランス2013、第7ステージのモンペリエからアルビまでの205.5kmの区間の模様をハイライトで紹介。登りを得意とするサガン擁するキャノンデールは峠をハイスピードで進み、登りが苦手なカベンディッシュ・グライペルを突き放してサガンが中間スプリントポイントを獲得した。ゴール前、カベンディッシュ・グライペルが居ない状況で優勝を狙うサガンがゴール前を制しステージ優勝した。

キーワード
オメガファルマ・クイックステップ
スカイプロサイクリング
フルーム
ツール・ド・フランス
オリカ・グリーンエッジ
ゲランズ
キャノンデール
ロット・ベリソル
グライペル
サガン
カベンディッシュ
新城幸也
ユーロップカー
カーニュ・シュル・メール(フランス)
マルセイユ(フランス)
エクサン・プロヴァンス(フランス)
モンペリエ(フランス)
シャバネル
アルビ(フランス)

ツール・ド・フランス今昔物語 (バラエティ/情報)
02:28~

ツール・ド・フランスの歴史を解説。昔の自転車は重さは14kgでギアは付いていなかった。コースは舗装されておらず、今のようにチームのサポートもなかった。選手たちはパンクに備えてチューブを体に巻きつけてレースに臨んでいた。

キーワード
ツール・ド・フランス

ツール・ド・フランス2013 (スポーツ)
02:29~

ツール・ド・フランス2013、第8ステージのキャストゥルからアクス・トロワ・ドメーヌまでの195kmの区間の模様をハイライトで紹介。今大会最初の本格的な山岳ステージに、優勝候補のフルーム擁するスカイプロサイクリングは他のチームが脱落する中でポートがハイペースで峠を攻め、シュレク・エバンスらフルームのライバルが遅れだした。そんな中、モビスターのキンタナが飛び出し峠をトップで通過した。追走集団はスカイのフルーム、ポートや5人になり残り6キロの地点で逃げていたキンタナを捕まえた。その中からコンタドールが遅れだすのを見るとフルームが一気に抜け出した。これに対応できたのはキンタナのみで、フルームがそのままステージ優勝を果たしマイヨジョーヌを手にした。

ツール・ド・フランス2013、第9ステージのサン・ジロンからバニェール・ド・ビゴールまでの168.5kmの区間の模様をハイライトで紹介。スタートから熾烈なアッタク合戦が繰り広げられた為に中々逃げが決まらなかった。スカイを揺さぶりかけるアタックが繰り広げられ、総合2位のポートが遅れるなどフルームは100キロを残して1人で走る苦しい展開になった。モビスターのバルベルデがアタックを仕掛けると、フルームはそれに1人でついて行き、キンタナは最後の1級峠で4回に渡ってアタックを仕掛けてフルームに揺さぶりを掛けるもその全てにフルームは対応し強さを見せた。ステージ優勝は集団から抜けだしたガーミンのマーティンとアスタナのフルサングの一騎討ちとなりマーティンがステージ優勝を果たした。

ツール・ド・フランス2013、第10ステージのサン・ジルタ・デ・ボアからサン・マロまでの213kmの区間の模様をハイライトで紹介。休息日明けのこの日は総合争いの選手は体を休めてレースはゴール前のスプリント勝負に持ち込まれた。ロット・ベリソルのグライペルとアルゴス・シマノのキッテルが争い、キッテルがステージ優勝を果たした。

ツール・ド・フランス2013、第11ステージのアブランシュからモンサンミッシェルまでの33kmの個人タイムトライアルの模様をハイライトで紹介。注目はタイムトライアル世界チャンピオンのオメガファルマのマルティンで、第1ステージの落車でリタイアしてもおかしくない程の大怪我を負うが他の選手1分近く差を付けてゴールした。BMCレーシングのエバンスはタイムトライアルを得意とするものの振るわずマルティンから2分遅れてゴール、サクソティンコフのコンタドールはタイムトライアルを得意とせずまずまずな結果でゴール、モビスターのバルベルデはタイムトライアルが苦手でまずまずな結果に終わった。最後にマイヨジョーヌのマイヨジョーヌのフルームがスタート、向かい風に見舞われたが2位につけた。

ツール・ド・フランス2013、第12ステージのフジェールからバスティアまでの218kmの区間の模様をハイライトで紹介。ほぼ平坦なコースのこの日、レースはゴール前のスプリント勝負になった。しかし落車えロット・ベリソルのグライペルが巻き込まれてしまい、アルゴス・シマノのキッテルがカベンディッシュを抑えてステージ優勝を果たした。

ツール・ド・フランス2013、第13ステージのトゥールからサン・タマン・モントロンまでの173kmの区間の模様をハイライトで紹介。平坦でスプリンターの為のステージで総合優勝争いの選手は体力の温存に務めるのがセオリーなレースだったが、折からの横風が吹く中で、カベンディッシュ擁するオメガファルマは風を遮るものが無くなった一瞬をついてペースアップし集団後方にいた選手を引き離す事に成功した。そんな中、バルベルデのマシンがパンク、チーム全員でバルベルデを集団に押し上げようとするも5人では風に対応できずバルベルデは総合争いから後退した。コンタドール擁するサクソ・ティンコフが風を利用し前にでると、それに付いて行こうフルームが対応するがチームメイトが対応出来ずにサクソ・ティンコフの先行を許してしまう。ゴール前はカベンディッシュとサガンの一騎討ちで、カベンディッシュがツール通算25勝目を果たした。

ツール・ド・フランス2013、第14ステージのサン・プルサン・シュル・シウールからリヨンまでの191kmの区間の模様をハイライトで紹介。有力選手が明日からの山岳ステージに備えて無理をしない中、ステージ優勝争いを繰り広げたのは普段はエースを支えるアシスト選手たちで、ソジャサンのシモンが飛び出すが後続集団が追走し追いつき集団でのスプリントの結果、オメガファルマのトレンティンがステージ優勝を果たした。

ツール・ド・フランス2013、第15ステージのジポールからモンバントゥーまでの242.5kmの区間の模様をハイライトで紹介。モンバントゥーはかつてレース中に選手が死亡する悲劇があった事から魔の山と呼ばれている。メイン集団はスカイが中心になって引っ張りモンバントゥーを目指した。サガンは中間スプリントをトップで通過しマイヨ・ベールをほぼ手中に収めるとメイン集団から遅れていった。頂上まで14キロになるとモビスターのキンタナがアタック、フルームはライバルのコンタドールを警戒してキンタナを追いかけなかった。残り10.2キロの地点で逃げていたエウスカルテルのニエベをキンタナが捉えた。メイン集団もペースを上げ、集団を引っ張っていたアシストが脱落しフルームのアシストはポート1人となり、コンタドールのアシストも1人脱落し2人になった。先頭ではキンタナがニエベを置き去りにし、追走集団もポート・フルーム・コンタドールの3人になるとフルームはコンタドールを突き放して加速、キンタナに追いつき共闘体制でゴールを目指した。残り1.4キロでフルームがアタック、一気にキンタナを引き離しステージ優勝を果たした。

ツール・ド・フランス2013、第16ステージのベゾン・ラ・ロメーヌからギャップまでの242.5kmの区間の模様をハイライトで紹介。休息日明けのこの日、総合争いの選手たちはこの後のタイムトライアルと山岳ステージに向けて体力を温存させていた。そんな中、少しでもフルームとの差を詰めたいコンタドールが単独でアタックするもスカイがブロックしアタックを阻止した。ステージはモビスターのコスタがステージ優勝を果たした。

ツール・ド・フランス2013、第17ステージのアンブランからショルジュまでの32kmの個人タイムトライアルの模様をハイライトで紹介。2つ峠があり、2回目の下りをどのように攻め、自転車選びと交換がポイントのステージで、選手は自転車の交換を行うかに中っ木が集まっていた。中でもBMCレーシングのバンガーデレンはノーマルタイプの自転車でスタートし最後の下りでタイムトライアル用の自転車に乗り換える作戦で前の選手より30秒以上も早いタイムを記録していた。コンタドールはノーマルタイプの自転車にディスクホイールを装着してスタートし交換しない作戦でいき、フルームはノーマルタイプの自転車でスタートし途中でタイムトライアル用の自転車に乗り換えた。結果、フルームがコンタドールに8秒の差を付けてフィニッシュした。

ツール・ド・フランス2013、第18ステージのギャップからラルプ・デュエズまでの172.5kmの区間の模様をハイライトで紹介。つづら折りのある難関なステージで、メイン集団を引っ張るのはスカイプロサイクリングで、先頭集団は3人の選手が8分の差を付けて逃げていた。逃げるバンガーデレンにマシントラブルが起きる中、追走集団ではコンタドールがペースを上げるがフルームは落ち着いて対応していた。先頭集団のバンガーデレンとリブロンの2人で2回目の峠にアタック、メイン集団ではフルームがアタックするもコンタドールは反応出来なかった。ポートがペースを上げてフルームに合流、ハンガーノック状態だったフルームに食料を補給し窮地を救った。先頭ではリブロンが脅威の追い上げを見せてバンガーデレンを抜き去りステージ優勝を果たした。

ツール・ド・フランス2013、第19ステージのプール・ドワザンからル・グラン・ボルナンまでの204.5kmの区間の模様をハイライトで紹介。マイヨ・ブランを失っていたローランが勝負に出てあと一歩まで迫るも突然の大雨で1人先行するローランの体力を奪われ、モビスターのコスタに抜かれマイヨ・ブランとステージ優勝の夢が絶たれてしまった。

ツール・ド・フランス2013、第20ステージのアヌシーからアヌシー・セムノズまでの125kmの区間の模様をハイライトで紹介。翌日の最終ステージは凱旋ステージの為、選手たちにとっては最後のレースとなる。モビスターはキンタナのステージ優勝を狙いエースのバルベルデまでもアシストにまわりハイペースでレースを進めた。フルームもマイヨジョーヌをステージ優勝で飾ろうとアタック、コンタドールはついて行く事ができず総合3位をロドリゲスに抜かれてしまった。レースはキンタナが最後にアタックを掛けてステージ優勝を果たした。

ツール・ド・フランス2013、第21ステージのベルサイユからパリ シャンゼリゼまでの133.5kmの凱旋レースの模様をハイライトで紹介。

ツール・ド・フランスの表彰式の模様を紹介。

キーワード
スカイプロサイクリング
フルーム
ポート
ツール・ド・フランス
エバンス
シュレク
コンタドール
キャストゥル(フランス)
アクス・トロワ・ドメーヌ(フランス)
モビスター
バルベルデ
キンタナ
ガーミン・シャープ
アスタナ
フルサング
マーティン
サン・ジロン(フランス)
バニェール・ド・ビゴール(フランス)
アルゴス・シマノ
キッテル
ツール・ド・フランス2013
グライペル
ロット・ベリソル
サン・ジルタ・デ・ボア(フランス)
サン・マロ(フランス)
アブランシュ(フランス)
モンサンミッシェル
カベンディッシュ
フジェール(フランス)
バスティア(フランス)
オメガファルマ・クイックステップ
サクソ・ティンコフ
トゥール(フランス)
サン・タマン・モントロン(フランス)
サン・プルサン・シュル・シウール(フランス)
リヨン(フランス)
ソジャサン
シモン
オメガファルマ
トレンティン
ジポール(フランス)
モンバントゥー(フランス)
サガン
エウスカルテル
ニエベ
ベゾン・ラ・ロメーヌ(フランス)
ギャップフランス)
コスタ
アンブラン(フランス)
ショルジュ(フランス)
BMCレーシング
バンガーデレン
ギャップ(フランス)
ラルプ・デュエズ(フランス)
アージェードゥーゼール
クリストフ・リブロン
プール・ドワザン(フランス)
ル・グラン・ボルナン(フランス)
ローラン
アヌシー(フランス)
アヌシー・セムノズ(フランス)
チーム・カチューシャ
ホアキン・ロドリゲス
ベルサイユ(フランス)
シャンゼリゼ(フランス)

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 8月8日 放送
  2. 次回の放送