参議院比例代表選出議員選挙 政見放送 2019年7月9日放送回

放送日 2019年7月9日(火) 22:30~23:24
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
22:30~

オープニング映像。今回は日本共産党、立憲民主党、公明党の政見放送を伝える。

キーワード
公明党
立憲民主党
日本共産党

参議院比例代表選出議員選挙 政見放送 (ニュース)
22:30~

日本共産党の小池晃党書紀局長による政見放送。安倍首相が年金を7兆円削ることを表明したことを問題視し、2000万円を貯金するよりも1票で政治を変えることが簡単とする。低すぎる年金の底上げを行う他、消費税増税を停止し、お金の心配なく学び、子育てができる社会を目指す。大企業には中小企業並みの法人税、富裕層の株取引には平等の所得税を課していく。現政権による公文書改竄、賃金統計の捏造などを批判し、市民と野党の共闘を進め、新しい政治を作っていく。

共産党の山下芳生氏による政見放送。8時間働けば普通に暮らせる社会の実現を掲げ、最低賃金を全国どこでも1時間1000円に引き上げ、1500円を目指す。保育や介護現場で働く人の賃金を月5万円アップする他、労働者派遣法を抜本改正する。長時間労働にも待ったをかけ、日本から過労死を無くしていくために尽力する。男女の賃金格差も無くし、ジェンダー平等社会を目指す。

梅村早江子氏による政見放送。消費税10%増税を中止していく他、公費1兆円の投入で国保料を大幅に引き下げる。子供の医療費無料化を国の制度として実現し、保険料負担を見直し、安心して暮らせる年金へと改革していくという。

椎葉寿幸氏による政見放送。お金の心配なく学び、子育てができる社会を目指していくべく、学費値下げ、奨学金の充実化を図る。赤ちゃんから高校生まで全ての年代で、保育・教育の無償化を進めてまいる。

紙智子氏による政見放送。安倍政権が財界やアメリカの要求を優先して農業の現場を軽視しているとし、家族農業を応援していく政治に転換していく。農業を基幹的産業と位置づけ、食料自給率の50%達成を目指す。TPPや日米FTAは中止し、担い手が安心して農業を営めるように力を尽くす。

井上哲士氏による政見放送。核兵器禁止条約に反対する安倍政権を批判し、地震の大国である日本における原発の再稼働に疑問を呈する。太陽光といった再生可能エネルギーの方が原発よりも発電コストが安く、雇用創出にも繋がる。

仁比聡平氏による政見放送。ジュゴンが暮らす美しい沖縄の海に土砂投入を続ける安倍政権を批判し、普天間基地の撤去をアメリカに求めていく。日米地位協定の抜本的な改革を図り、兵器の爆買いをやめさせる。そして、憲法9条を活かし、対話と外交の力で北東アジアと朝鮮半島の平和維持を目指す。

小池氏は全国32の一人区で野党統一候補が実現し、自民党の打倒を目指すと語り、投票を呼びかけた。

立憲民主党 代表の枝野幸男と衆議院議員 石川香織による政見放送。枝野幸男は金融庁の老後2000万円問題について、枝野幸男は現政権を批判し、大きな蓄えがなくても安心できる社会を目指すとし、年金制度の国民的議論、総合合算制度の導入などを主張した。また経済政策については、冷え込んだ個人消費を回復させることで、日本全体を経済成長させることが重要であるとし、最低賃金1300円の引き上げなど、具体策を説明した。

枝野幸男は子育てや介護について、社会保障の政策と経済政策をセットで考えることで、安心と成長の好循環をつくることを目指したいと主張した。また10月の消費増税については、法人税の引き上げなど、国民目線で税制全体をチェックして議論する必要があるとした。また原発ゼロについては、廃炉への現実的プロセスを提示すべきで、日本のエネルギー政策の根本的転換を実現すべき、と主張した。その他、外交や安全保障の課題にどう取り組むかについては、日米同盟を堅持する、などと主張した。

枝野幸男は、日本は女性、LGBT当事者、障害当事者の議員が少なく、多様性のない政治を変えるためには、多様性の中から新しい価値観を発見していく姿勢が大事で、個人の可能性が狭められる事のない環境を作ることが大事である、などと主張。立憲民主党からは女性が4割、LGBT、障害者当事者など、様々な人が立候補をすると説明した。そして立憲民主党の目指す政治のビジョンとして、参加意識をもてる民主主義などを掲げた。立憲民主党は参院選でハッシュタグ「令和デモクラシー」を掲げているが、新しい政治のあり方を意味している。

立憲民主党 代表の枝野幸男による政見放送。枝野幸男は夏の参院選について、日本の政治の流れを変える転換点にしたい、国民一人一人の抱える課題や、国民の声から始める政治を始めよう、などと訴えた。

公明党の山口那津男代表による政見放送。庶民に根ざした公明党が連立政権にいるからこそ、政権が安定し、希望ある社会が実現できると主張。中東情勢、貿易摩擦など国際情勢は緊迫化するなか、日本としては対話、協調による道を模索し、国際社会をリードしていくためにも政権の安定化は重要だとする。金融庁の審議会リポートについて、山口氏はどこに住むか、どんな暮らしをするかによって必要とされる資金は千差万別で、年金制度は確実に安定して改善されていると主張。その上で人生100年という高齢社会にどう備えていくかはこれから論議すべきだという。また、参議院選挙を通じて、公明党が打ち出すのは消費税増税による使い道を変更して、教育負担を軽減していくこと。10月からは年間最大6万円の年金生活支援給付金に加え、低所得の少ない高齢者には介護保険料を軽減する。全世代型の社会保障へ大きな一歩を踏み出す。山口氏は増税延長論について、これ以上の先送りは将来の世代にツケを回すことになると主張した。

増税にあたっては軽減税率を実施し、消費者の痛税感を和らげる。さらに子育て世帯、低所得者向けのプレミアム付き商品券の発行など景気対策も実施していく。加えて、国会議員の歳費10%削減を実現するという。また、経済政策では中小企業、小規模事業者が賃上げできる環境づくりを後押しする。最低賃金を2020年代半ばには全都道府県の半数以上で1000円以上に引き上げ、国民が実感できる景気回復を実現する。そして、認知症に関する不安の声に応え、対策を講じていく。認知症の予防、介護方法、根本治療薬の開発に注力するとしている。高齢者ドライバーによる事故については安全運転サポート車の普及を目指す。免許証の返納で交通の足が無くなるケースに備え、相乗り導入、公共交通機関の運賃割引なども図っていく。最後に山口氏は「公明党は今回の参議院選挙で7選挙区の勝利とともに比例区6議席以上の獲得を目指している。引き続き、連立政権で国民ニーズを受け止め、安定した政治を進めてまいる」などと語り、投票を呼びかけた。

公明党の比例区候補者から、6名が挨拶。若松謙維氏は行政の不正、ミスゼロ政策に取り組んでいくと語った。

若者と女性の活躍を推進してきた平木大作氏は日本経済の再生に全力で取り組むと語った。

新妻秀規氏は中小企業の税負担、軽減策を推進するなど実績を訴え、ものづくりで日本を元気にしていくと語った。

生活困窮者自立支援制度の創設などに携わってきた山本香苗氏は誰も置き去りにしない、誰もが活躍できる社会の実現を目指していくと挨拶した。

山本博司氏は重度の知的障害がある娘がいると話し、誰も置き去りにしない社会を実現していくと主張。また、南海トラフ巨大地震や豪雨災害に備えていくとしている。

教員の働き方改革などに携わってきた河野義博氏は再生可能エネルギーの拡大、日米地位協定の運用改善に全力で取り組んでいくと語った。

キーワード
安倍首相
日本共産党
参議院選挙
増税
年金
法人税
TPP
核兵器禁止条約
再生可能エネルギー
普天間基地
日米地位協定
立憲民主党
麻生大臣
金融庁
総合合算制度
最低賃金
長時間労働
子育て
介護
消費増税
日米同盟
LGBT
労働者派遣法
FTA
公明党
名目GDP
プレミアム付き商品券
生活困窮者自立支援制度
南海トラフ巨大地震

エンディング (その他)
23:23~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 7月9日 放送
  3. 次回の放送