さださん、あのね 公開復興サポート 明日へin大船渡 2013年7月7日放送回

放送日 2013年7月7日(日) 0:55~ 1:50
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
00:55~

さだまさしが岩手県大船渡にある「リアスホール」から挨拶。今からさだまさしに聞きたいことが沢山書かれたボードを使って公演することを話した。

オープニング映像。

あのねのテーマ

キーワード
大船渡(岩手)
あのねのテーマ

さださん、あのね 公開復興サポート 明日へin大船渡 (バラエティ/情報)
00:57~

さだまさしが岩手県の大船渡にあるリアスホールでみんなの「あのね」を聞いて回る。

大船渡市を紹介。市街地やさんま漁、新沼謙治など大船渡に関するの写真を公開した。

再び岩手県の大船渡でリアスホールにいるみんなの「あのね」に答えていく。さだまさしはワカメについて語り。ご当地キャラクターのおおふなトンが登場した。

続いて、さだまさしは犬派なことや、息子のTAIRIKUのこと、人の顔を覚えられない相談に答えた。

続いて、主人が1人で旅行に行ってしまったことについてトーク。奥さんはさだまさしだから話して公開されると思っていなかったと語った。さだまさしは何も知らされていなかったと話した。

続いて、親孝行したいと話す女性とトーク。さだまさしは母と娘のケンカについてひどいことを言い合ってもすぐに仲直りすると話した。

さだまさしが「案山子」を披露した。

さだまさしが「北の国から~遥かなる大地より~」を披露した。

さだまさしが大船渡のリアスホールでみんなの「あのね」に答える。思わぬサプライズに号泣した母親や、津波に巻き込まれた女性とトーク。津波巻き込まれた女性は、近所のおばあちゃんと助けようと思ったら巻き込まれたことを話した。

続いて、亡き夫と共にさだまさしのコンサートに行ったり曲を聞いていた女性とトーク。女性は震災当日夫とは別々の場所にいたことを話し、1年くらい曲を聞くことができなかったと語った。さだまさしは同じ立場だったら聞く気がしないと話した。

今年3月11日に孫がメロンパンを仏に届けて欲しいと言ってきた女性とトーク。女性は自分の家に仏様はまだないが、孫が周りの人たちの姿を見て思ったことだと話した。さだまさしは津波の話になると辛いが、もっと話して忘れないことが大切だと語った。

さだまさしが「奇跡~大きな愛のように~」を披露した。

さだまさしが「道化師のソネット」を披露した。

キーワード
大船渡(岩手)
新沼謙治
さんま
つばき
TAIRIKU
案山子
北の国から~遥かなる大地より~
津波
震災
奇跡~大きな愛のように~
道化師のソネット

エンディング (その他)
01:47~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 7月7日 放送