ヒーローたちの名勝負 ジョホールバルの舞台裏 日本サッカー歴史的勝利

ヒーローたちの名勝負( -めいしょうぶ)は、2013年4月から2014年3月にかけて、NHK総合テレビジョンで土曜日22時台 に放送されたスポーツのドキュメンタリー番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年4月20日(土) 22:30~22:50
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
22:30~

ワールドカップ初出場を決めたジョホールバルの歓喜の舞台裏に迫る。そして、城彰二らがイランの試合を見て試合を振り返る。

キーワード
ジョホールバルの歓喜

こうして彼らは世界への扉を開いた 日本サッカー ジョホールバルの歓喜 (バラエティ/情報)
22:31~

城彰二の活躍に迫る。日本がワールドカップを懸けた試合で、中山雅史は城選手に託すしか無いと思ったことを話し、城彰二がゴールを決め同点となって映像が流れた。中山は城選手のテクニックを評価した。

フランスワールドカップ・アジア最終予選は国立競技場でスタートした。三浦知良と城彰二が先発で出場。城彰二はアトランタ五輪で活躍を受けての起用であった。しかし、日本チームは不振で城彰二は出場機会を激減していった。城彰二はその当時を振り返りフラストレーションが溜まっていたと語った。

その後、延長戦を経て日本は初のワールドカップ出場を果たした。中山は城選手には前進む力があったことを語った。城選手曰く、サッカー人生で一番重要な試合。

1997年11月16日日本は、ジョホールバルでイランと対戦した。城彰二はベンチスタートで、三浦知良とコンビに岡田監督は中山雅史を起用した。前半中山雅史は相手にプレッシャーをかけて先制点を奪った。中山雅史はその当時を振り返り、冷静に練習通りにサイドキックで蹴ったと解説した。

井原正巳は、イラン代表のエースのアリ・ダエイをマークしていた。だが、後半にダエイのシュートを押しこまれて同点に追いつかれてしまった。その当時を振り返り、イランムードになった中で城彰二はウォーミングアップをしていたなどと語った。その後、イランに逆転を許してしまった。そして、岡田監督は今までの起用とことなり、城彰二とロペスが同時にピッチにたった。

キーワード
ジョホールバルの歓喜
ワールドカップ
ワールドカップ・アジア予選
アトランタ五輪
1998FIFAワールドカップ・アジア予選
ジョホールバル(タイ)
三浦知良
岡田監督
アリ・ダエイ
呂比須ワグナー
イラン

エンディング (その他)
22:49~

ヒーローたちの名勝負の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 4月20日 放送
  3. 次回の放送