NHKヨーロッパサッカー 今 注目の男たち

放送日 2013年9月20日(金) 2:35~ 4:05
放送局 NHK総合大阪

番組概要

地震情報 (ニュース)
02:35~

20日2時25分頃、東北地方で地震が発生。福島県で最大震度5強を観測。東京電力によると、福島第一原発ではこの地震で新たな異常は発生していない。気象庁は、震源の深さから“地震は陸側岩盤内部で発生したとみられ、2年前の巨大地震の余震と考えられる”と話している。

キーワード
福島県
いわき(福島)
郡山(福島)
水戸(茨城)
東京電力
宇都宮(栃木)
東海村(茨城)
柏崎(新潟)
女川(宮城)

オープニング (その他)
03:15~

2014FIFAワールドカップブラジル大会まであと9ヵ月 頂点を目指す選手たちがヨーロッパで戦いを繰り広げている。きょうはヨーロッパサッカーの注目選手について放送する。

きょうは名良橋晃・山本昌邦らとともにヨーロッパサッカー注目選手についての解説を行う。名良橋晃は選手らについて、一日一日を無駄にしてほしくないと話した。

キーワード
2014FIFAワールドカップブラジル大会
長友佑都
香川真司

ドイツ ブンデスリーガ (バラエティ/情報)
03:19~

ドイツ ブンデスリーガのアタッカーを紹介。今シーズンマインツに移籍した岡崎慎司はホームでの開幕戦でゴールを決め好スタートを切った。新天地で得点力に磨きをかける。

ニュルンベルク 清武弘嗣の最大の武器はセットプレイ。チーム浮沈の鍵を握る司令塔としてゴール量産を目指す。

フランクフルト 乾貴士は今シーズン左サイドハーフのレギュラーとして躍動している。

ドイツ ブンデスリーガのボランチを紹介。ヘルタ 細貝萌は開幕戦から先発し、攻守に渡る活躍を見せている。

ニュルンベルク 長谷部誠はボランチへの挑戦へとこだわり新たな挑戦を初めている。

ドイツ ブンデスリーガのサイドバックを紹介。シャルケ 内田篤人は昨シーズン リーグのベストイレブンにも選出され、中心選手としてチームを牽引している。

ハノーバー 酒井宏樹は今シーズン 開幕戦から先発フル出場した。大型サイドバックとしてサイノを開花させつつある。

シュツットガルト 酒井高徳は昨シーズンから右サイドバックに定着し、攻撃面で成長をせていいる。

ブンデスリーガの所属の日本代表選手についてスタジオトーク。山本昌邦はチーム移籍を行った細貝萌について、ぶれない丁寧さから今シーズンにかける思いが伝わってくる と話した。名良橋晃は海外で日本人選手同士が切磋琢磨しているのは非常に良いことだと話した。

バイエルン ミュンヘンを紹介。キャプテン P.ラームやT.ミュラー、M.ノイアーなどドイツ代表の主力8人が顔を揃えている。その中でもチームの顔となっているのが天才ドリブラー A.ロッベンとヨーロッパ最優秀選手に輝いたF.リベリー。これら強力選手を擁する同チームは2シーズン連続の三冠を目指している。

バイエルン ミュンヘンの注目選手についてスタジオトーク。B.シュバインシュタイガーは今年 少し下がってのゲームメイクに挑戦しており、精度の高いロングパスとパスをした後のシュートシーンに再度現れるフィジカルの高さが大きくチームを変える可能性がある。山本昌邦は昨シーズン圧倒的な強さで優勝したのにも関わらずそこに満足しないという監督の意識のあらわれだと話した。

キーワード
岡崎慎司
マインツ
清武弘嗣
ニュルンベルク
乾貴士
フランクフルト
ブンデスリーガ
細貝萌
ヘルタ
長谷部誠
内田篤人
シャルケ
酒井宏樹
ハノーバー
シュツットガルト
酒井高徳
P.ラーム
T.ミュラー
A.ロッベン
F.リベリー
M,ノイアー
M.ゲッツェ
B.シュバインシュタイガー
ダンテ
M.マンジュキッチ
T.アルカンタラ
FCバイエルン・ミュンヘン

イタリア セリエA (バラエティ/情報)
03:33~

イタリアでの4シーズン目を迎え、長友佑都は大きな危機感を覚えていた。「FIFAコンフェデレーションズカップ2013」では持ち味の攻撃サッカーが通用せず、実力の差を痛感した。新たにチームを率いるW.マッツァーリ監督は長友に攻守の両立という新たな課題を与え、開幕初得点を決めることができた。第二節でも積極的に攻め上がり、2試合連続のゴールを決めることに成功。現地の新聞でも絶賛された。

長友佑都選手についてスタジオトーク。山本昌邦は長友がイタリア語で監督と話していたことについて、努力の結果 こういう人に運がついてまわることがあると話した。

ミランが誇るイタリア代表のストライカーコンビ。23歳のバロテッリは、強靭な体とパワーが武器。長身ながら細かなテクニックを兼ね備える万能型のストライカー。20歳のエルシャーラウィはスピードに乗ったドリブル突破が得意。ディフェンスラインの裏を一瞬でつくスピードが持ち味。この若き2人がミラン攻撃の柱となっている。3連覇を狙う王者ユベントス。チームの中心はベテラン・ピルロは、決定的なパスでゴールを生み出す司令塔。W杯優勝も経験した世界屈指の選手。

スタジオでは、名良橋晃はイタリアの変化について、「守備力もあるが攻撃面という特徴を全面的に出しているスタイルにはなっている」とコメント。コンフェデレーションズカップのメキシコ戦のメンバーを写真を見ながら、4人がミラン、5人がユベントスとなっており、このチームを見ておけばイタリア代表が見えてくると紹介。長友のライバルになる選手について山本昌邦は、「バロテッリで、なかなか経験出来る相手ではないので、長友にはぜひ経験して、周りの代表選手に伝えてもらいたい」とし、名良橋晃は、「長友選手がこういう選手たちに対してどう抑えてくれるのか、そういうところで日本代表の成長にもつながる」とコメント。そのほか、テベスやイグアインについてもトーク。

キーワード
長友佑都
FIFAコンフェデレーションズカップ2013
W.マッツァーリ
インテルナツィオナーレ・ミラノ
ミラン
ユベントス
バロテッリ
シャーラウィ
ピルロ
テベス
ユヴェントスFC
イグアイン

イングランド プレミアリーグ (バラエティ/情報)
03:46~

続いて注目の男とされたのはマンチェスター・ユナイテッドの香川真司選手。今シーズンチームは28年ぶりに監督が変わった。D.モイーズ監督の新采配では開幕戦、香川真司の出場はなかった。この試合、攻撃の中心となったのはR.ギグス、トップ下のポジションにはD.ウェルベック、さらに後半そのポジションにはW.ルーニーが入り、両者とも活躍をみせた。第2節、トップ下のポジションにはルーニー。試合は膠着した状態で、A.ヤングが投入される。この試合でも香川真司の出場はなく、3試合目でも香川真司の出場はなかった。モイーズ監督は9月、M.フェライニを獲得、さらに中盤の選手を補強した。厳しい競争を強いられる香川、挑戦の日々は続く。

香川真司についてスタジオトーク。香川真司は新監督後の開幕戦から出場の機会が与えられていない。これについて山本昌邦は監督が変わったためにチームのスタイルが変わったことによるものだと話す。また現在のチームの戦術について話され、香川真司が入ることによりチームのコンビネーションも増えてくるだろう、と話す。また新加入となったフェライニの起用についてや、同じく吉田麻也もサウサンプトンFCで出場の機会がなかなか与えられていないということが話される。

イングランド プレミアリーグでかつてピッチに立った稲本潤一選手はめざましい活躍を見せた。そんな稲本潤一選手に同じくイングランド・プレミアリーグでプレーする香川真司選手、吉田麻也選手についてなどインタビュー。稲本潤一はイングランド・プレミアリーグで培った自信は代表で活きてくる、と話す。また彼らが出場機会にめぐまれないことについて、常に試合に出れてなくても良いコンディションを保ち、常に試合の気持ちのモチベーションでいてほしい、と話す。

稲本潤一選手のインタビューを受けてスタジオトーク。名良橋晃は香川真司・吉田麻也に常に上を持つ意識を持ってもらいたい、と話す。山本昌邦は2人について「成長する」という気持ちを持って欲しいと話す。

イングランド・プレミアリーグで注目のチームを紹介。「マンチェスターシティー」。切り札はスペイン代表の選手たち。D.シルバは攻撃の起点、J.ナバスやA.ネグレドも活躍を続けている。「チェルシー」はチームのセンターラインにオスカルやラミレス、ダビドルイスなどブラジルの選手を揃える。

注目のチームの紹介を受けてスタジオトーク。こういう選手たちとプレーすることで日本人選手がレベルアップしていく、ということが話題になった。

山本昌邦、名良橋晃のワールドカップの主役になるかもしれない国を挙げる。その国にあげられたのはベルギー、山本「台風の目になると思う」と話す。ベルギーにはC.ベンテケやE.アザール、S..ミニョレがおり、プレミアリーグで活躍をみせている。また海外でプレーする香川など日本人選手への期待が話された。

キーワード
香川真司
マンチェスター・ユナイテッド
D.モイーズ
R.ギグス
D.ウェルベック
W.ルーニー
A.ヤング
M.フェライニ
マンチェスター・ユナイテッドFC
フェライニ
吉田麻也
サウサンプトンFC
香川真司選手
吉田麻也選手
イングランド・プレミアリーグ
マンチェスターシティー
D.シルバ
J.ナバス
A.ネグレド
オスカル
ラミレス
ダビドルイス
チェルシー
プレミアリーグ
C.ベンテケ
E.アザール
S.ミニョレ
ワールドカップ
香川選手

エンディング (その他)
04:02~

エンディングトーク、名良橋晃は海外でプレーする日本人選手について、「充実したシーズンを過ごして欲しい」と話す。山本昌邦は1つ1つのプレーに注目して我々も楽しんでいきたいと思う、と話す。

  1. 前回の放送
  2. 9月20日 放送