衆院選特集 2014年12月13日放送回

放送日 2014年12月13日(土) 20:00~21:15
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
20:00~

明日47回衆議院選挙が投票日を迎える。各党の党首たちは冬の日本列島を駆け巡り何を訴えたのか。

衆院選特集 (ニュース)
20:00~

公示日の朝、新幹線の中で演説の資料に目を通す自民党の安倍晋三総裁。ギリギリまで検討を続けている。安倍総裁は「緊張感でいっぱいです。毎日毎日この総選挙で結果を出すことができるのかどうか、そういう思いが常に頭のなかにあってずっと緊張しっぱなしの状況ですね。」と話した。衆議院の解散に踏み切った安倍晋三は第一声で選挙の大義を強調した。

引き続き被災地の復興に取り組むと強調した。安倍晋三は「東北の復興なくして日本の再生はない。」と話した。選挙戦初日の昼食では安倍晋三はカツ丼を食べながら被災した人々の話に耳を傾けた。色紙には東北の復興にかける想いを書いた。国民の信を得て政権の継続を目指す自民党は経済政策を最大の争点と位置づけた。安倍晋三は成果は出ていると話し、アベノミクスの継続こそが景気回復につながると訴えた。

安倍晋総裁は接戦が伝えられる選挙区を回りテコ入れを回した。多い日には一日10回の演説を行った。さらにインターネット上の世論を重視し、移動時間などにフェイスブックを更新をした。選挙戦序盤、自民党有利の情勢が伝えられた。しかし安倍総裁は過去の経験を引き合いに出し、党内の引き締めを図った。

選挙戦のさなか、円相場は1ドル120円台となった。7年4カ月ぶりの円安水準である。民主党が批判をしているように安倍政権は円安総裁を増やした。安倍総裁は演説で円安の大切さを訴え、「私達は倒産件数を2割減らして100万人の雇用を作った。この道を変えるわけにはいかない」などと話した。

民主党の海江田万里代表は今回の選挙戦を一強多弱を打破する戦いと位置づけている。海江田万里代表はアベノミクスを厳しく批判し対決姿勢を鮮明にした。海江田万里代表は演説で、「100万人増えたが、そのほとんどは非正規雇用。正規雇用は減っている」と話した。民主党は野党第一党として与党と対峙できる勢力の確保を目指している。海江田代表はアベノミクスを転換し、社会を支える中間所得層を厚く豊かにすると訴えた。

遊説の合間に昼食をとった。安倍政権の2年間を問う選挙だとする民主党、原子力政策も批判した。福島での演説で海江田代表は「安部総理は全く3.11の過酷な事故がなかったかのような発言。それでいいのか。」とはなした 。海江田代表は「やっぱり安倍政権に対する怒りはあるかな」と話した。

維新の党は日本維新の会と結の党が合流し結成された。横浜での演説では江田憲司は「安倍政権の三本の矢では肝心要の一本が飛んでいない。成長戦略というやうです。規制改革、地域主権改革、既得権益を打破して本当の改革を成し遂げられるのはわが柵のない維新の党だけ。」と話した。遊説の合間に通りかかった東京の霞ヶ関では江田共同大は柵の中で改革を進める難しさを話した。

この日の昼食はコンビニで買った親子丼だった。埼玉県坂戸での演説では、電力などを例にあげて自由化が進んでいないと主張し、競争こそ景気回復につながると主張した。長野県上田での演説では、「超巨大与党を出現させてしまうと、やりたい放題、安倍政権強権政治を断行していくと思う、それを皆さんの手でストップをかけさせていただきたい」と話した。

公明党の山口那津男代表は自民党と共に進めてきたアベノミクスの審を問う選挙と位置づけた。景気回復の実感を公約に掲げる公明党は軽減税率の導入に最も力を入れた。遊説の間に訪れた東京の稲城の商店街では軽減税率について意見を聞いた。

寒さを凌ぐためスーツの下に着込んだウィンドブレーカーは、初めて選挙に出た時先輩議員から受け継いだもの。山口代表が重視するのは中小企業や地方にアベノミクスの効果を行き渡らせること。この日は埼玉県川口の町工場を訪れ、意見を聞いた。大阪の豊中の演説では「国民の意見を素直にしっかりと受け止めて実現をする、前へ進める。これが政治の正しい進め方。ストップばかり言っては政治はだめ。しっかりと前へ進める」と話した。

次世代の党、平沼赳夫党首は公示日の朝、岡山・津山市で神社で参拝する様子が紹介。次世代の党は8月に発足した党で安倍政権の経済政策を評価する一方で軌道修正が必要で、地方では受け入れられない中身であると訴えている。平沼赳夫氏はかつて、自民党の政治家とし通産大臣などを歴任した人物で、 戦前に総理大臣を務めた平沼騏一郎氏のひ孫であると紹介。平沼氏は日頃から感謝の気持ちを持ってと、洋服でも寒さの中、長野県や東京・北区を訪れながらコートを着ずに演説をする様子が紹介された。

総選挙に向け、共産党の動きが紹介。志位和夫委員長は自共対決をキーワードに自民党への対決姿勢で全面に打ち出している。東京・新宿や宮城・仙台市、東京・江東区など人が集まる所に出向き、演説や住民との挨拶を心掛けていた。

志位委員長が演説に向けて心がけている事が紹介。毎日、最新情報を取り込み内容も変えていく必要があると語っていた。

総選挙に向け、生活の党の動きが紹介。新潟・魚沼市を訪れた小沢一郎代表は演説で、物価があがり、収入は減る一方、それがアベノミクスの実態だと訴えていた。また東京の自宅では散歩や2匹の愛犬との時間が気晴らしになると笑顔で語っていた。

総選挙に向け、社民党の動きが紹介。吉田忠智党首は今回が党首として初めての選挙戦である。大分・臼杵市や熊本・八代を訪れ「人々の生活を破壊している」と訴えていた。更に村山元首相も駆けつけ、「党首も頑張っているから応援して下さい」と叫んでいた。

総選挙に向け、新党改革の動きが紹介。荒井広幸代表は党勢拡大のため議席獲得を目指している。東京・台東区を訪れると観光スポットでの挨拶やアベノミクスを補強しようと家庭ノミクス実行とスローガンをたて演説をしていた。

選挙戦中盤、安倍総裁は選挙報告を受けた翌日、安倍総理は接戦選挙区で演説、民主党政権と違い海外企業を呼び込むことが出来ると演説した。安倍総裁が掲げる地方創生としてあげるのが観光、この日は岩手県で地元の人間に観光について聞く場面も見えた。遊説先ではその土地の特産品をあげるなどして地方創生のアピールを行った

薩摩仙台市を訪れた安倍総理、安全性が確認できた原発は議会で採択し稼動させる考えの安倍総理は住民に理解を求めた。女性が輝く社会の実現を目指す安倍総裁は働く母親にどのような支援を求めているか耳を傾け、安全保障ついて集団的自衛権の閣議決定を行った安倍総裁は法整備を行うことを訴えた。有権者の信任を得て政策を進めたいという意志を表明した選挙戦となった。

安倍総裁は選挙活動を終え、自宅に帰った。選挙期間中妻のあきえさんは地元で活動している。安倍総裁は一日の終わりに妻と電話で話している。また安倍総裁は選挙活動するにあたり、愛読書である祖父岸信介元総理大臣の証言録を読み返した。本には日米安保条約の改定を行った際に直接審を問えなかったことの悔いが綴られている。安倍総裁は「祖父ですら後悔していたというのは大変参考になる」と話した。安倍総裁は演説で「前進をするのか後退をするのか決める選挙であります。」と訴えた。

民主党の海江田代表は自民党の経済政策では格差が開くことを訴えた。特定秘密保護法が施行された12月10日、海江田代表は安倍政権の手法について批判、海江田代表は人への投資こそが経済を成長させると訴えた。

取材日には長女の希望さんが訪れ差し入れを行い、「逆境こそに強いのが父の強み」とコメント。一強多弱の状況を打破すべく訴えかけた選挙戦だった。

維新の党は無党派層を中心に支持を広げた。橋下共同代表との東西の2枚看板の選挙戦、橋下代表は危機感を覚え、中央集権体制を批判し、地方分権を公約に掲げており、江田共同代表は与党と闘える勢力の必要性を訴えた。

公明党の山口代表、連日の地方遊説により体調に気を使う様子、福島を訪れた山口代表は復興に取り組む姿勢を訴えかけ、園途中で風評被害で苦しんだ工場を訪れた。公明党は自民党との連立政権を12年間行っており、「バラン取れた合意形成に公明党の役割がある」とコメントし、党の役割を訴えかけた。

米農家との対話ではアベノミクスが進める円安に対する不安の声が寄せられた。また演説で海江田代表は「油の値段が上がる、肥料の値段が上がる。安倍さんのやり方では上の方だけ輝いてそこから下は真っ暗闇」と話した。

NHK世論調査の結果が発表。衆院選への関心は今回の方が関心があると答えた人が全開の40ポイントに比べ、26ポイントと下がっていると伝えられた。

次世代の党・平沼党首はタブーを斬るとして生活保護などの問題に取り組むとしている。東京北区などで保守層を中心に訴えを続けている。

共産党は自民党批票判の受け皿として支持の拡大を図った。基地問題について訴えてきた共産党は基地のない沖縄県を訴え、都市部の対話集会では若い世代にも支持を求めた。

生活の党・小沢代表は岩手でかつての自民党を引き合いに安倍政権への批判を展開した。小沢代表は政権交代可能な政治状況の再現を目指している。

社民党・吉田党首はこの日の集会で参加者から憲法改正に関する不安の声があがり、吉田党首は日本国憲法を貫く平和主義を主張するのが社民党の最大の役割だと話した。盛岡での演説では、集団的自衛権をめぐる安倍政権の姿勢を強く批判した。

新党改革・荒井代表は遊説の合間に支持者への絵手紙を書いていた。東京・有楽町で荒井代表は小さな政党でもできることがあると訴えている。

キーワード
民主党
いわき市(福島)
北海道
福岡
福島
維新の党
坂戸市(埼玉)
上田市(長野)
横浜(神奈川)
霞ヶ関(東京)
軽減税率
稲城(東京)
川口(埼玉)
豊中(大阪)
次世代の党
津山(岡山)
長野
北区(東京)
日本共産党
新宿(東京)
仙台(宮城)
江東区(東京)
生活の党
魚沼(新潟)
社民党
村山富市
臼杵(大分)
八代(熊本)
新党改革
台東区(東京)
安倍政権
地方創生
北上(岩手)
和歌山
燕(新潟)
平沼騏一郎氏
薩摩仙台(鹿児島)
鳥栖(佐賀)
難波(大阪)
総選挙
特定秘密保護法
長崎
宇都宮(栃木)
川越(埼玉)
アベノミクス
寝屋川(大阪)
家庭ノミクス
岩見沢(北海道)
那覇市(沖縄)
岩手
盛岡市(岩手)
有楽町(東京)

エンディング (その他)
21:12~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 12月13日 放送
  3. 次回の放送