“ラグビー愛”に燃えるまち 〜東大阪市花園ラグビー場界わい〜 2012年12月12日放送回

放送日 2012年12月12日(水) 9:35~ 9:43
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
09:35~

オープニング映像。

西日本の旅 (バラエティ/情報)
09:35~

東大阪市の花園ラグビー場では学生・社会人・国際試合まで数々のラグビーの名勝負が繰り広げられた街で、街全体がラグビーに愛着を持っており多くの小学校でも授業にラグビーを取り入れている。英田南小学校の南條賢太さんは元日本代表選手、「子ども達の笑顔を見ることが楽しい」と話した。その子どもたちと学校近くの「吉田春日神社」を訪れた。この神社には木でできたラグビーボールがあり試合前に選手達が祈願に来るようなラグビー神社と呼ばれている。

木製のラグビーボールを作った橋下一吉さんを訪れた。ラグビー好きがこうじて木でラグビーボールを作り始め、今では年間150個ほど作りボールは全てが手作業とのこと。こだわりは美しい曲線を出すこと、と話している。橋下さんは「ラグビーにずっと関わっていられることが幸せ」と語った。

花園の夜の街を訪れた。花園ラグビー酒場は旗やサインボールなどが並ぶラグビー一色の店内で、店主の東屋あさ子さんは街でも有名なラグビーファンで、16年お店をきりもりしている。今月18日、高校ラグビーの大阪府大会決勝が行われたくさんの街の人々が声援にかけつけた。東大阪市花園ラグビー場界隈は誰の胸にもラグビーへの愛が熱く燃える街だった、と原大策レポーターが伝えた。

キーワード
東大阪市(大阪)
花園(大阪)
  1. 12月12日 放送