衆議院小選挙区選出議員選挙 政見放送 「和歌山県」(一部)

放送日 2017年10月13日(金) 8:15~ 8:45
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
08:15~

衆議院小選挙区選出議員選挙の政見放送。放送は決められた方式から候補者届出政党の責任で選んだもの。小選挙区・和歌山県について放送する。放送するのは日本維新の会・日本共産党・自由民主党の政見放送。

キーワード
日本維新の会
日本共産党
自由民主党

衆議院小選挙区選出議員選挙 政見放送 (ニュース)
08:16~

小選挙区和歌山県、日本維新の会の政見放送。この政見放送は日本維新の会が自ら製作して提出したものをそのまま放送する。松井一郎が「消費増税凍結」「身を切る改革で教育無償化」「徹底した納税者目線での税金の使い方を見直すことを実現してきた」「自ら報酬2割をカットして被災地へ届けている」「どの政党が実行できるのかを有権者・納税者のみなさまに見極めてもらいたい」などと伝えた。

日本維新の会、共同代表の片山虎之助が「我が党は身を切る改革、徹底行革、それによる財政再建を大きな柱にしている」「与党は数を頼む。野党はなんでも反対。これでは国民はたまらない。我が党は小さな党だが目立つ党だと考える。良いことは良い、悪いことは悪い。是々非々の立場で反対の時は提案を致します。できるだけ与野党の合意形成を努めてまいります」「身を切る改革で教育無償化。問題は財源と進め方。消費税のこれから上げる2%の増収分の一部を教育無償化にあてるとしているがそれよりも身を切る改革。国会議員や地方議員の定数を減らす。地方公務員はまだ280万居る。その水準を下げていくことをまずやって国民のみなさんに負担していただく前に税金を使う議員や公務員がこれだけ身を切りましたとい言わないと」等と伝えた。

和歌山県第2区、栄たかのりの政見放送。「既得権益と戦い、しがらみのない政治の実現を目指します。増税の前にやるべき行政改革をする。増税して景気を冷やしてはならない。国民の負担を増やさずに行政改革。身を切る改革で教育を無償化することが他の党と大きく異なることだ」等と伝えた。

新しい日本を拓く2017維新八策。「身を切る改革で財源を生み出す」「機会平等社会のための教育を無償化」「働くを支援する障害活躍改革」「時代に適した今の憲法へ」「徹底規制緩和で日本経済を強化」「大規模災害に対応できる仕組み改革」「中央集権打破による地方の自立」「現実に即した安全保障を」とした。

小選挙区大阪府、日本共産党の政見放送。この放送は日本共産党が自ら制作、提出した物をそのまま放送するとの事。志位和夫委員長は街頭演説にて「冒頭で解散、こんな無法な解散は戦後初めてである。安倍首相はなぜこんな暴挙にうって出たのか、7月の都議会議員選挙で大惨敗を喫した追い詰められた結果である。先に伸ばす程に後がないので一か八かになった。今度の選挙は安倍政権を退場においこむ歴史的チャンスの選挙である、最大の争点は安倍暴走政治をこのまま続けてもいいのか、という点です。憲法をこれだけないがしろにした政権はかつてない。安保法制、秘密保護法、共謀罪、3つの憲法違反の法律をそろって廃止し、日本の政治に立憲主義と平和主義を取り戻そう。強権で沖縄新基地建設をゴリ押ししている、東京電力の柏崎刈羽原子力発電所まで再稼働した。この暴走政治の行き着く先は森友・加計疑惑などの国政の私物化です。安倍首相夫妻のお友達であれば国有地が特別に値引きされる。獣医学部の新設で特別に便宜がはかられる。日本共産党は国会でこの疑惑、あいまいにせず、徹底究明する。どうか日本共産党を大きく躍進させ、数におごった安倍政権を倒し、国民に日本の政治をとりもどそう。北朝鮮が国際社会の一致した意思をふみにじって、核実験と弾道ミサイル発射を絶対に許す事は出来ない。いまのいちばんの危険はどこにあるのか、軍事衝突が起きる危険、それは核戦争であります。私は戦争だけは絶対に起こしてはならないと心から訴えたいのであります。経済制裁の強化と一体に対話による平和的解決の努力をつくす、これが唯一の解決策ではないか。対話を否定し米国の軍事力行使を容認し日米の軍事一体化をすすめる危険な姿勢をあらためて憲法9条をもつ日本こそ対話による平和的解決のイニシアチブを発揮すべきである」と演説した。共産党志位和夫委員長は街頭演説にて「安倍首相は突如として消費税10%の増税分の一部を教育と子育てにまわすといいはじめた。こんなに消費が冷え込んでる時に消費税10%やったら家計も経済もどん底になるのは明らかである。日本共産党は格差と貧困をただす「4つの経済改革」を実行する。1つ目は消費税10%中止、増税するならアベノミクスで大儲けをあげている富裕層と大企業に応分の負担を求める税制改革をしよう。2つ目は社会保障、教育、子育て、若者など格差と貧困の是正に役にたつところに予算をおおいに増やそう、残業代ゼロ法案はキッパリ断念させ、長時間労働を法律できびしく規制する。3つ目は最低賃金を大幅に引き上げて8時間働けばふつうにくらせる社会を一緒につくろう。4つ目は中小企業をしっかり支援するとともに安心して続けられる農業をつくり、食料自給率をおおはばにひきあげていこう。1%の富裕層と大企業のための政治ではなく、99%の国民のための政治を作ろう。これが日本共産党の経済改革の提案である。安倍首相が9条1項・2項を残しつつ別の項目で自衛隊を明記するというが、単に存在する自衛隊を憲法で追認するというにとどまらない、9条2項は空文化、死文化する。2項があるからこそ戦後の自衛隊はひとりの外国人も殺さずひとりの戦死者も出してはいない、海外派兵の大きな壁になって頑張ってきたのは2項、この2項を空文、死文とすると無制限の海外での武力行使が可能になってしまう、このような危険な道はストップさせる為に日本共産党は頑張ります。7月7日、核兵器禁止条約が国連加盟国の2/3である122の国の賛成で採択された。この禁止条約によって核兵器は非人道的で反道徳的であり、歴史上初めて違法な物になったのです。私は日本政府にサインする事を強く求める、サインしないなら政府を取り替えてサインする政府を私達で作ろう。2年間とりくんできた野党と市民の共闘の1丁目1番地、原点は安保法制廃止と立憲主義の回復です。市民と野党の共闘で日本を変える、この大方針はゆるがず堅持して今後もがんばりぬく決意、こんどの選挙で、日本共産党を伸ばして比例代表選挙で大躍進させて頂くとともに小選挙区でも勝利を勝ち取らせてもらう事を重ねて訴えて、私の訴えとします。ありがとうございました、がんばります」と演説した。

日本共産党の和歌山県小選挙区候補を紹介。和歌山1区は原やすひさ氏。2区は下村まさひろ氏。3区はくすもと文郎氏。「小選挙区は候補者名で、比例は日本共産党と書いて投票してください。」と伝えた。

小選挙区和歌山県、自由民主党の政見放送が流れた。安倍総理は「北朝鮮の脅威、少子高齢化という国難を乗り越え、いかにしてこの国を守り子どもたちの未来を切り拓いていくのか。この選挙は日本の未来を決める選挙です。豊かで平和な日本を守りぬく。未来に責任を持つ確かな政策を私達は実行し続けます。」などと話した。自由民主党和歌山選挙区の立候補者3人を紹介。和歌山第1区は門博文氏。和歌山育ちの門博文氏は衆議院議員を2期務めた。地元和歌山の観光産業を企業人として日夜汗を流してきた門氏はいつしか「和歌山の観光を発展させ和歌山の若者が働ける場所を生み出さなければ和歌山の発展はない。」と考えるようになった。北朝鮮の脅威に対し、適切な対応が出来るのは安定した政治力を持つ自民党であると門氏は訴えている。「この国を、守り抜く。ふるさと和歌山を守り抜く。」門氏はそのために全力を尽くす。門氏は「自民党はこの5年間しっかりと日本を支えてまいりました。これからも安定した政治を続けていけるのは私達だけです。」などと話した。

和歌山県第2区は石田真敏氏。石田氏は早稲田大学卒業と同時に政治の世界に飛び込み和歌山県議会議員に30歳の若さで初当選し、11年務めたあと、41歳のときに海南市町に就任。海南市長を2期8年務めたのち、石田氏は国政の場へと立った。石田氏の武器は地方行政を知り尽くした数少ない国会議員であるということ。第2次安倍政権のもとデフレ経済を脱し、有効求人倍率がバブル期を越えた現在、自民党は「ソサエティー5.0」を提唱。第4次産業革命とも呼ばれる新しいモノづくりの時代に突入しようとしている。石田氏はここに和歌山2区の活性化の道を切り拓くという。石田氏は「異次元の革新的な技術を使い、新しい産業を生み出す。今までの農業や観光業をより活性化させていく。そういうことによって地域の活力を維持していく。そういう取り組みをこれから進めてまいりたいと思います。」などと話した。

和歌山県第3区は二階俊博氏。衆議院議員を11期34年務めた。数々の要職に就任し、5度の閣僚経験と自民党総務会長、自民党幹事長を歴任。今二階氏は世界における日本の役割をふるさと和歌山から発信し続けている。二階氏は「ふるさと和歌山の発展に全力で取り組みます。県民の皆様の一層のご理解とご協力をお願いいたします。」などと話した。安倍総理は「自民党には政策を確実に実行できる多才な人材がいます。私達は必ず結果を出します。皆様とともにこの国を守り抜く。どうかあなたの1票を自民党に託してください。」などと話した。

小選挙区大阪府、日本共産党の政見放送。この放送は日本共産党が自ら制作、提出した物をそのまま放送するとの事。志位和夫委員長は街頭演説にて「冒頭で解散、こんな無法な解散は戦後初めてである。安倍首相はなぜこんな暴挙にうって出たのか、7月の都議会議員選挙で大惨敗を喫した追い詰められた結果である。先に伸ばす程に後がないので一か八かになった。今度の選挙は安倍政権を退場においこむ歴史的チャンスの選挙である、最大の争点は安倍暴走政治をこのまま続けてもいいのか、という点です。憲法をこれだけないがしろにした政権はかつてない。安保法制、秘密保護法、共謀罪、3つの憲法違反の法律をそろって廃止し、日本の政治に立憲主義と平和主義を取り戻そう。強権で沖縄新基地建設をゴリ押ししている、東京都の柏崎刈羽原子力発電所まで再稼働した。この暴走政治の行き着く先は森友・加計疑惑などの国政の私物化です。安倍首相夫妻のお友達であれば国有地が特別に値引きされる。獣医学部の新設で特別に便宜がはかられる。日本共産党は国会でこの疑惑、あいまいにせず、徹底究明する。どうか日本共産党を大きく躍進させ、数におごった安倍政権を倒し、国民に日本の政治をとりもどそう。北朝鮮が国際社会の一致した意思をふみにじって、核実験と弾道ミサイル発射を絶対に許す事は出来ない。いまのいちばんの危険はどこにあるのか、軍事衝突が起きる危険、それは核戦争であります。私は戦争だけは絶対に起こしてはならないと心から訴えたいのであります。経済制裁の強化と一体に対話による平和的解決の努力をつくす、これが唯一の解決策ではないか。対話を否定し米国の軍事力行使を容認し日米の軍事一体化をすすめる危険な姿勢をあらためて憲法9条をもつ日本こそ対話による平和的解決のイニシアチブを発揮すべきである」と演説した。

共産党志位和夫委員長は街頭演説にて「安倍首相は突如として消費税10%の増税分の一部を教育と子育てにまわすといいはじめた。こんなに消費が冷え込んでる時に消費税10%やったら家計も経済もどん底になるのは明らかである。日本共産党は格差と貧困をただす「4つの経済改革」を実行する。1つ目は消費税10%中止、増税するならアベノミクスで大儲けをあげている富裕層と大企業に応分の負担を求める税制改革をしよう。2つ目は社会保障、教育、子育て、若者など格差と貧困の是正に役にたつところに予算をおおいに増やそう、残業代ゼロ法案はキッパリ断念させ、長時間労働を法律できびしく規制する。3つ目は最低賃金を大幅に引き上げて8時間働けばふつうにくらせる社会を一緒につくろう。4つ目は中小企業をしっかり支援するとともに安心して続けられる農業をつくり、食料自給率をおおはばにひきあげていこう。1%の富裕層と大企業のための政治ではなく、99%の国民のための政治を作ろう。これが日本共産党の経済改革の提案である。安倍首相が9条1項・2項を残しつつ別の項目で自衛隊を明記するというが、単に存在する自衛隊を憲法で追認するというにとどまらない、9条2項は空文化、死文化する。2項があるからこそ戦後の自衛隊はひとりの外国人も殺さずひとりの戦死者も出してはいない、海外派兵の大きな壁になって頑張ってきたのは2項、この2項を空文、死文とすると無制限の海外での武力行使が可能になってしまう、このような危険な道はストップさせる為に日本共産党は頑張ります。7月7日、核兵器禁止条約が国連加盟国の2/3である122の国の賛成で採択された。この禁止条約によって核兵器は非人道的で反道徳的であり、歴史上初めて違法な物になったのです。私は日本政府にサインする事を強く求める、サインしないなら政府を取り替えてサインする政府を私達で作ろう。2年間とりくんできた野党と市民の共闘の1丁目1番地、原点は安保法制廃止と立憲主義の回復です。市民と野党の共闘で日本を変える、この大方針はゆるがず堅持して今後もがんばりぬく決意、こんどの選挙で、日本共産党を伸ばして比例代表選挙で大躍進させて頂くとともに小選挙区でも勝利を勝ち取らせてもらう事を重ねて訴えて、私の訴えとします。ありがとうございました、がんばります」と演説した。総選挙は2票あります、大阪のみなさん小選挙区は候補者名で、比例は日本共産党と書いて投票してください。日本共産党の政見放送でした。ただいまの放送は決められた方式から候補者届出政党の責任で選んだものです。

キーワード
日本維新の会
民進党
小選挙区
日本共産党
原やすひさ
下村まさひろ
くすもと文郎
www.jcp.or.jp
政見放送
和歌山県
自由民主党
安倍晋三
少子高齢化
門博文
和歌山大学
松下興産
ロイヤルパインズホテル
金正恩
再生可能エネルギー
東京都
石田真敏
海南高校
早稲田大学
和歌山県議会
海南市
予算委員会
はたごんぼ
安倍総裁
りら創造芸術高等学校
世界民族祭
第2次安倍政権
デフレ経済
有効求人倍率
バブル
ソサエティー5.0
第4次産業革命
ドローン
人工知能
IoT
準天頂衛星
みかん
橋本市(和歌山)
紀美野町(和歌山)
有田市(和歌山)
二階俊博
衆議院
国連
世界津波の日 高校生サミット
日本
黒潮町(高知)
志位和夫委員長
安倍
都議会議員選挙
安保法制
共謀罪
秘密保護法
大阪府
柏崎刈羽原子力発電所
森友
加計
辺野古(沖縄)
北朝鮮
アメリカ
志位和夫
ニューヨーク(アメリカ)
有楽町(東京都)
テロ等準備罪
東京電力
東京都議会議員選挙

エンディング (その他)
08:44~

「放送は決められた方式から候補者届出政党の責任で選んだものです。」などの内容のエンディングが流れた。

キーワード
政見放送
公職選挙法
衆議院
小選挙区
  1. 前回の放送
  2. 10月13日 放送
  3. 次回の放送