マサカメTV 山歩き

『マサカメTV』(マサカメティービー)とは、NHK総合テレビジョンで2013年4月6日から放送されていた情報バラエティ番組である。タイトルにあるマサカメとは「まさか!の目のつけどころ」という意味である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年11月13日(金) 2:20~ 2:52
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
02:20~

今回は山歩きを楽しむための目のつけどころをご紹介。なすなかにしは年間260万人が訪れるという高尾山を訪れた。名物の天狗焼やレストランで足湯なども楽しめる。

キーワード
高尾山
天狗焼

山歩き (バラエティ/情報)
02:22~

山岳ガイドの橋谷晃さんが山歩きのウラ技を紹介。疲れたら髪の毛を引っ張り体をまっすぐにすると楽になるという。またスダジイのドングリを食べると体力回復によい。橋谷晃さんは人混みの中で写真をとっても人混みを消す裏ワザがあるといい、NDフィルターで光の量を減らしシャッタースピードを遅くすることだと紹介した。この方法は止まっているものだけが写る。続いて、鏡を使って山でうんざりの人混みを消す方法とはなにかクイズを出題した。

山でうんざりの人混みを鏡を使って消す方法とは?という問題について、ミッツ・マングローブは登山をやると思います?と逆質問した。荒俣宏は自撮り棒、磯山さやかは通行人に太陽を反射させるなどと自分でも分からない回答をした。

橋谷晃さんは「せっかくの山も人ばっかり」解消法として、鏡を鼻からアゴのあたりに地面と水平に置く方法を紹介。これは「ミラーハイク」と呼ばれ、イギリス発祥でハイキングでよく行われている山遊び。ちなみに足元が疎かになるので、行う時にはサポートをお願いすること。

伊沢正名さんはきのこの写真家として活躍していて、山に行くと葉っぱを拾って集めている。目的はお尻をふくためで、集めた葉っぱは約200種類にのぼる。

スタジオにはお尻に優しい?葉っぱが用意され、若林らはヤブムラサキ、クサイチゴなど3種類の葉の肌触りをチェックした。葉っぱをこよなく愛する伊沢正名さんはトイレットペーパーよりも葉っぱの方が気持ち良と語り、今回はトイレットペーパーとクサイチゴの摩擦力を比較することに。すると滑らかさではクサイチゴに軍配が上がった。なお、今回計測したのは滑らかさだけで、葉っぱがトイレットペーパーよりも勝っているわけではない。また、使う際には漆などかぶれる植物にご注意を。

三拍子は徳島・上勝町にて、山歩きを耳で楽しむ澤田俊明さんと対面。澤田さんによるとやまびこのコツとしては短く叫ぶ方がより明確に聞こえるといい、叫ぶ時に適したポーズも伝授。またロケーションとしては頂上よりも中腹あたり、後ろに壁があり、前方約350m先に山が見えるのがベストだという。更に恋に効く!?やまびこがあるといい、高倉陵は候補の女性に土屋太鳳を挙げた。澤田さんは文章を書き出し、高倉に書いた文章を叫ぶように促した。

恋に悩んでいる人にオススメ 占いができるやまびこの叫び方は?という問題について、磯山さやかは「タオちゃんはリョウちゃんが あいすすき」、ミッツ・マングローブは「タオちゃんはリョウちゃん が おだまりッ」と回答した。正解は「タオちゃんはリョウちゃんがきらい、好き」。やまびこは叫ぶ声に重なると聞こえず、長い文章の最後の言葉だけが聞こえるという仕組み。そのため、この解答だと「好き」という言葉だけが聞こえる。

スタジオには山歩きに便利!早変わりグッズが登場。最初の黒いバッグは安定感あるイスになり、続いては一見すると白いタブレットのようだったが水をかけて広げるとお手拭きになった。そしてフィルムケースにおさめられていたのは10gもないサングラスで、メガネの上からでもかけられる。スタジオでは荒俣宏が試着し、若林は爺のロボットみたいとコメント。

キーワード
ドングリ
高尾山
長野県
北八ヶ岳
ミラーハイク
ヤブムラサキ
クサイチゴ
エビヅル
中央区(東京)
上勝町(徳島)
三拍子
土屋太鳳

エンディング (その他)
02:50~

マサカメTV!の次回予告。

エンディングにて、春日俊彰はやまびこで叫ぶなら「好きだ 荒俣先生」とコメント。すると荒俣宏から「はーい」と返事があった。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 11月13日 放送
  3. 次回の放送