マサカメTV 見えないカビ&肺で育つカビに気をつけて!

『マサカメTV』(マサカメティービー)とは、NHK総合テレビジョンで2013年4月6日から放送されていた情報バラエティ番組である。タイトルにあるマサカメとは「まさか!の目のつけどころ」という意味である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年5月31日(土) 1:20~ 1:55
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
01:20~

しっかり掃除をしてもすぐに同じ場所にはえるカビ。今回は、カビ対策をお送りする。

キーワード
カビ

グッバイ!カビ 梅雨が来ても大丈夫! (バラエティ/情報)
01:22~

なすなかにしがカビ対策に悩んでいる主婦・森田さんのもとを訪れ風呂場を見せてもらった。森田さんは掃除をしても1週間でカビだらけになってしまうと話した。そこへカビ対策を研究する高鳥浩介が登場し、あることが原因で空気がカビの胞子だらけになっているとクイズを出題した。

司会者のオードリーたちが挨拶。今日のテーマ・カビについて春日俊彰は10年間敷布団をあげていなかったら裏側がカビで真っ黒になっていたと話した。

◯◯が原因で空気がカビの胞子だらけになっているとのクイズの正解は「天井」だった。微粒子が見える特殊カメラで天井を叩いたところを撮影すると、クロカビとアオカビが飛び散りまくっていた。対策方法は消毒用アルコールでまんべんなく拭くことだと紹介した。

スタジオで正解は荒俣宏とはるな愛だった。はるなは、自分も天井はチェックしないけどいますよねと語っていた。ここでマサカメメールが紹介。見えないカビ VTRの森田さんの風呂場は、主に天井に生えていたが、基本はあまり掃除しない上の方に生えやすいと伝えた。

ここで、まさかの場所に生えるカビがVTRで紹介。蛇口の入り口部分、シャンプーやリンスなどボトルの内側が紹介された。

続いては、主婦の西山政子さんが紹介。実は2年前に喘息に襲われ、呼吸困難に繋がった。病院の検査では肺に原因不明の影が確認され結果、肺にカビが成長し炎症を起こした事が明らかになった。西山さんの襲ったカビは「フミガータス」と呼ばれる身近なカビの中でも重いアレルギー症状を引き起こすもので大量になると肺に穴をあける事もあると説明された。医師の谷口正実さんは、患者さんも知らない事で進行した状態で発見される事が多いと語っていた。ここで「フミガータス」が大繁殖する場所はドコか?クイズで出題された。

スタジオでカビ「「フミガータス」が発生する場所についてトーク。エアコンや窓など様々な場所が上がっていた。

カビ「フミガータス」が発生する場所の正解は、エアコンだった。エアコンは、空気が温度が下がると液体に変わり、それが冷えると水蒸気が水になり結露していく。これがカビにとって大繁殖すると説明された。医師の谷口正実さんは、エアコンのファンについているカビの一つ「フミガータス」なので、エアコンの掃除、メンテナンスは重要だと語っていた。

スタジオで正解は荒俣宏とデーブ・スペクターだった。ここでマサカメメールが紹介。エアコンの中に生えるカビ、たくさん外に出るのは風が出始めて10分間なので、アレルギー持ちの人は最初の10分間は窓を開けてカビを部屋の外に逃せば大量に吸い込む事は防げると伝えた。

続いては、なすなかにしがカビ対策について大阪市立自然史博物館の外来研究員、浜田信夫さんが身近なカビを紹介。浜田さんは、皆さんが大切に持ち歩いている◯◯に相当なカビが存在していると発表した。中でも「黒色酵母」と呼ばれる風呂場に発生しやすいカビと説明し、そのものとは何かがクイズで出題された。

スタジオで春日がカビ「黒色酵母」を見せると出演者は、「よく持てるね」と驚きの声をあがていた。クイズについて、はるな愛は携帯電話とあげていた。

正解は、スマホのケースだった。実際にカビ「クロカワカビ」を確認した一般の人は、ありますねと冷静に語っていた。ここで、浜田信夫さんの研究結果で110人中、約3割近くの「カビ」が発見されたと発表された。また、浜田さんの研究ではスマホのケースには想像以上に水分が入り込んでいると説明された。

スタジオでスマホのケースについてトーク。春日が、自身の経験でスマホを落とした時にケースが割れ中を見ると真っ白だった、あれはカビだったんだねと語っていた。はるな愛もカビの原因も知ったから家に帰りたいと述べていた。

キーワード
カビ
クロカビ
アオカビ
フミガータス
喘息
黒色酵母
スマホ
クロカワカビ

エンディング (その他)
01:51~

マサカメTV!の次回予告。

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月31日 放送
  3. 次回の放送