探検バクモン 国技館 本場所直前の舞台裏!大関編

『探検バクモン』(たんけんバクモン)は、NHK総合テレビジョンで2012年5月2日から2019年3月13日まで放送された教養番組である。爆笑問題の冠番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年5月6日(水) 17:10~17:35
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
17:10~

今回の探検場所は国技館だと伝えた。本場所直前の準備の様子などが伝えられる。

オープニング映像。

国技館 本場所直前の舞台裏!大関編 (バラエティ/情報)
17:11~

国技館の前か伝える。太田光は来たことがないと語った。国技館は今年で30周年になると伝えた。今回は中を特別に撮影させてもらえると伝えた。入口には藤島親方とゆるキャラのひよの山が出迎えた。また遠藤関のパネルが用意されていた。

国技館の内部ではちょうど土俵が作られている最中だった。藤島親方はなかなか見ることが出来ないと伝えた。土俵作りを担当するのは呼び出しだと伝えた。呼び出しの仕事は多岐に渡ると伝えた。そこで呼出しの志朗さんに話を聞いた。土俵の土は土俵に最適な埼玉県川越市の土だと伝えた。また土俵を固めている様子が伝えられた。

呼出しの志朗さんは相撲が好きだったけど、体が小さかったので裏方になったと語った。呼出しにも番付や呼び名があると伝えた。新人呼出しの大将は17歳の呼出しで、仕事にやりがいを感じていると語った。土俵で大事なのは土だけでなく俵も大事だと伝えた。俵は相撲の15日間持つように丈夫につくることが大事だと伝えた。

土俵トリビアを伝える。土俵の隅に桶があるが、これは力水を吐き出す場所だと伝えた。その水はそこから下水道に繋がっていると伝えた。また場所前には土俵の神を迎える祭りの土俵祭りがあると伝えた。その際には土俵に穴を開けて鎮め物を埋めると伝えた。

国技館探検を続ける一行は体力測定室を訪れた。ここは新弟子検査を行う場所だと伝えた。そこには特注の身長計などがあった。元舞の海関の新弟子検査では頭にシリコンを入れていたことは有名だと伝えた。そこで実際に田中裕二が測定した。田中裕二は153.5cmだったので不合格だった。体重計はに荷物用の測りだと伝えた。白鵬は新弟子検査の際にはかなり痩せていたと伝えた。

国技館には知られざる場所があると伝えた。そこで西の花道が紹介された。また力士が怪我した時に使うカートのようなものが紹介された。

キーワード
遠藤関
ひよの山
川越市(埼玉)
土俵祭
新弟子検査
元舞の海関
白鵬

エンディング (その他)
17:34~

エンディング映像。番組ホームページアドレスが伝えられた。

探検バクモンの番組宣伝。

キーワード
探検バクモン 番組ホームページ
  1. 前回の放送
  2. 5月6日 放送
  3. 次回の放送