えぇトコ 魅惑の味!人情商店街を行く〜大阪・鶴橋〜

『えぇトコ』は、2012年4月13日より、近畿地方2府4県のNHK総合テレビジョンで放送されているNHK大阪放送局制作の紀行番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年9月30日(土) 10:05~10:50
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
10:05~

30軒ほどの焼肉屋さんがビッシリと軒を連ねる大阪・鶴橋の焼肉横丁を訪れた。焼肉だけでなく寿司・韓国料理など美味しいものの宝庫だという。

キーワード
鶴橋駅
鶴橋(大阪)

魅惑の味!人情商店街を行く〜大阪・鶴橋〜 (バラエティ/情報)
10:06~

絆を結ぶ大阪・鶴橋の商店街をアグネス・チャンとレッド吉田が行く。

商店街では様々な種類のキムチが売られている。元々は戦後の闇市から始まり、その後国際商店街と呼ばれるようになった。2人は人気の海鮮チヂミを頂いた。

お父さんは30年前に海鮮料理の店を始めた。働いている時に出会ったのはお母さん。59歳と49歳で2人とも再婚だった。お母さんの一目惚れだったと言う。知り合いもいない、日本語も話せないお母さんを決心させたのはお父さんのプロポーズだった。嫁じゃなくて店に女が欲しいと言った。そこにお願い!と言ったのだと言う。お母さんは結婚して本当に良かったと言う。

お好み焼き店の”オモニ”は、「お客さんがみんな私を大事にしてくれる。今は本当に幸せ」と話した。また、ご主人は「あらゆる苦労をさせたようですが、自慢になることが多い。そういう点では、結果的に幸せが来た」と語った。

60歳を過ぎた母親が心配で6年前に家族で日本にやってきた息子のユンさんは、初めての日本で言葉を懸命に覚えた。お店を手伝うために日本に来てくれたのだと言う。家族の愛がつなぐ味。そのぬくもりにひかれて人々はここにやってくる。

御幸森天神宮にやってきた。御幸森天神宮は仁徳天皇が行幸される際に立ち寄ったと言われる場所だと言われている。2人はお参りをした。

レッド吉田とアグネス・チャンは、生野区にあるコリアタウンを訪れた。ここはコリアンフード店が100軒以上並び、年間100万人が訪れるという商店街。

2人は大阪市生野区桃谷3丁目の「お好み焼 オモニ」にやって来た。店内は有名人の写真でいっぱいだった。 店のお母さんは83歳だが毎日働いているという。おつまみとしておでんも作っている。

2人はコリアタウンで「キンパ」を食べた。キンパとは韓国風のり巻きのことで、最近では焼肉やスルメ、チーズが入ったものが人気だという。2人が注文したのは1本に卵5個を使った店自慢の一品。

鶴が集まったためつるのはし跡と言われている場所を訪れた。わが国最古の橋であるという事ができる。

大阪鶴橋の絶品の味。焼肉店がとても多く連なっている。忘れられない美味しさの焼肉屋がレッドさんがあると言う。

コリアタウンを散策していた2人は、唐辛子を扱っている店に立ち寄った。唐辛子は韓国の食卓に欠かせない食材で、異なる粉をブレンドしてオリジナルの唐辛子を作る人もいるという。「唐辛子の醤油漬け」を試食したアグネスが「美味しい」と言うと、レッド吉田は調子に乗って2個も食べ、あまりの辛さに悶絶していた。

焼肉の新楽井にやってきた。20年前に来てから忘れられない。メガネが置いてあった。水中メガネをつけた。七輪でお肉を焼くため目がしみないように水中眼鏡をかけるのだと言う。

注文すればおでんでお好み焼きを作ってくれるとのことで、アグネスさんはダイコンとコンニャクをリクエスト。

一番人気はハラミカルビミノの盛り合わせ。レッドさんが忘れられない味はシマチョウと赤センマイも頂いた。お店ができた65年前から肉の仕込みは変わらない。秘伝の味は夫婦で守り続けている。

オモニは14歳の時、両親と分かれて1人で日本に来たという。言葉もわからず、貧しい生活を送ったのだという。17歳で香港から日本にやって来たアグネスさんはオモニに自分の姿を重ねていた。20歳で結婚するも、夫はボランティアで子どもたちに勉強を教えるため、ほとんど家には帰ってこなかったという。お好み焼きの美味しさとオモニの人柄が人々を引き寄せ、今では鶴橋を代表するお店になった。

2人は続いて、トッポギを試食した。トッポギとは、トックと呼ばれる餅をコチュジャンや砂糖で甘辛く炒めた韓国料理のこと。2人が立ち寄った店の店主 カン・アンジャさんは、15歳の時に来日し、およそ60年前からトッポギを販売。手押し車から商売を始め、大変な苦労をしてきたアンジャさんだが、自分を受け入れてくれたこの街が大好きだという。

夫婦に嬉しい事があった。長男の作文、将来の夢は店を継ぎたいという夢だったのだと言う。中学1年の吉弘くんは中学生になってお店を手伝うようになった。小学2.3年くらいの時から両親が多くの人のために肉を切っていてかっこよく思えたと話した。世代を越えて味のバトンが受け継がれる。

鶴橋は寿司の穴場スポットで、市場の魚屋さんや魚を仕入れに来た料理人が通うとのこと。店主は淡路のウニを6個のかっぱ巻きの上に乗せて出してくれた。

2人は商店街の一角に気になる店を発見した。覗いてみるとカウンターでお客さんがお酒を飲んでいた。

コリアタウンから南に歩いた桃谷5丁目にヘムルタン鍋(海鮮鍋)の居酒屋「福一」を見つける。店主のコウさんとその奥さんのチャンさんは韓国のチェジュ島出身。ヘムルは海鮮という意味。鍋の下に大きなホタテが。ヘムルタンはワタリガニ・エビ・サザエなど7種の海鮮と野菜を入れコチュジャンと味噌で味付けする鍋料理。食べ、うま味があるとコメント。更にオススメ料理の「アワビ粥」があるという。アワビの身を切り、肝と米を混ぜ石鍋で煮込む。食べ、肝の風味が良いと話した。

この辺りで最も古い店だという居酒屋を訪れた。朝の8時30分から営業しており、市場で働く人や夜勤明けの人が朝から訪れ、狭いカウンターで語り合って疲れを癒やすのだという。人気の秘密はマスターの工夫を凝らした料理、「イワシにゅうめん」はイワシがぶつ切れのまま入っている。味のポイントは韓国産唐辛子とのこと。隠れ名物は「エイの肝」。アグネスさんは「そこには幸せがもう生まれているから」を歌った。

翌朝鶴橋の商店街で早朝から活気のある「鶴橋鮮魚卸売市場」にやってきた2人。全国から魚が集まっている。

鶴橋には魚市場があり早朝から魚を買いに来る人で賑わっている。貝専門店ではタイラギを開いてもらう。大きな貝柱はこの時期は身が肥えて最高の味。歯ごたえと貝の甘みがある。新鮮な魚を求めプロの料理人も集まる。レストランを営んでいるという方は同業者も多いという。何も付けずバーナーで炙ったタコを食べ、このままで充分とコメント。マグロ店はマグロの頭の肉を食べさせてもらい甘いとコメント。市場の真ん中には憩いの場のコーヒーショップがある。60年以上続けているという。魚市場で働く人の人気メニューのホットドッグは昔の味だと話した。鶴橋の魚市場は朝から活気がある。

キーワード
鶴橋駅
鶴橋(大阪)
鶴橋商店街
キュウリキムチ
生野区(大阪)
結婚
ラッキョウキムチ
ヤマイモキムチ
ゴボウキムチ
トマトキムチ
海鮮チヂミ
桃谷(大阪)
御幸森天神宮
コリアタウン
お好み焼 オモニ
キンパ
つるのはし跡
唐辛子
唐辛子の醤油漬け
新楽井
ハラミ
カルビ
ミノ
シマチョウ
赤センマイ
トッポギ
吉すし
ウニ
福一
よあけ食堂
イワシにゅうめん
ホタテ
ワタリガニ
エビ
サザエ
コチュジャン
鶴橋
済州島
エイの肝
アワビ
ヘムルタン鍋
アワビ粥
そこには幸せがもう生まれているから
鶴橋鮮魚卸売市場
タイラギ
タコ
マグロ
鶴橋鮮魚市場
コーヒーショップ マツイ
ホットドッグ

エンディング (その他)
10:48~

特別展覧会「国宝」の紹介。京都国立博物館で10/3(火)~11/26(日)。お問合わせは075-525-2473。

「ええトコ」の番組宣伝。

「ウナギを追いつづけた男~塚本博士の大冒険~」の番組宣伝。

Eテレの宣伝。

「バリバラアンコール」の番組宣伝。

どーも、NHKです。の映像が流れた。

キーワード
特別展覧会「国宝」
雪舟
山水長巻
天橋立図
慧可断臂図
火焔型土器
吉祥天像
薬師寺
仮面の女神
縄文の女神
縄文のビーナス
快慶
行快
大日如来坐像
京都国立博物館
京都府
奈良県
Eテレ
  1. 前回の放送
  2. 9月30日 放送
  3. 次回の放送