すてきにハンドメイド 「自分サイズで作ろう 基本のパンツに挑戦!」

すてきにハンドメイドは、NHK教育テレビジョンが2010年3月31日に放送を開始した趣味実用番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年3月19日(火) 10:15~10:40
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
10:15~

オープニング映像が流れた。

すてきにハンドメイド (バラエティ/情報)
10:15~

普段着からお出かけまでで使えるストレートパンツだが、パンツは作り方の基本をマスターすればスリムパンツやワイドパンツにも対応することができる。そこで今回はパンツの基本を教える。

ベーシックなデザインのパンツをを作ることができれば様々な作りにつなげることができるが、今回作り方を教えてくれるのは、まるやまはるみさんとなっていて前にファスナーの付いたパンツを紹介してくれる。前はベルト仕立てでスッキリとしているが後ろ側はゴムでラクラクになる作り方もできるのだといい。ポケットも横や後ろにしっかりとついてくる。また、これらのポケットにもファッションの意味があり、大きすぎ・小さすぎると余白が大きくなることでヒップが強調されてしまう。位置も下すぎるとおしりが垂れて見えてしまい、上すぎてもバランスが悪くなってしまうと紹介された。

ストレートパンツの作り方を紹介。接着芯は40cm四方のものがよく、接着テープは1.5cm幅を使っていく。また、型紙の縫い代も紹介され、接着芯・テープをポケットなどに貼り、前後のパンツや見返しなどにはジグザグミシンをかけていく。下準備を終えたらまずは斜め切り替えのポケットから。まず前パンツと袋布を裏表に注意してあわせていき、布を揃えたら1cmのは場に合わせて塗っていき、ポケットの下から1~1.5cmは縫い残しておく。その後アイロンでわっていき、これを折り返したらもう一度わっていく。表に返したらポケット口に0.1・0.7cmのステッチをかけ、わき向こう布と前パンツを重ねてまち針でとめることで、ミシンを縫うさいに外さなくてよくなり、口が出来上がる。そして、前パンツを避けると袋布があるので周りを1cmの幅で塗っていったらジグザグミシンかロックミシンをかけていく。前パンツの真ん中はまち針を刺して、袋布の端のところを0.5cm離れた場所でミシンで縫っていく。

ファスナーの付け方がVTRで説明された。左前に見返しをつけ、縫い返しをアイロンをかけて割ってから折り返して縫う。右前パンツを空き止まりの1.5cm下まで縫い、左のパンツを裏返して右のパンツに入れてまたぐりを合わせて2回縫う。またぐり底はアイロンで折っていく。続けて持ち出しを中表にして下を縫って作り、折返しにアイロンを掛けてひっくり返す。 ミシンを掛けて閉じ、前下にファスナーを宛ててまち針で留め、ファスナーの下に持ち出しを添えてきちんと押し付けて留め、ミシンで縫っていく。空き止まりまできっちり縫い、反対側をまち針で留めてひっくり返し、持ち出しを避けて留めてミシンで縫う。縫い終えたら表にひっくり返しステッチを掛けてから裏に戻し持ち出しより延びているファスナーをカット。避けていた持ち出しをまち針を外して戻し、ファスナーがついた。裏の持ち出しの布が留まっているのを確認するよう伝えられた。

後ろパンツにポケットを付ける。まずはできあがり3cmの場所を折ったらアイロンがけしていき、端を0.8cmで折り、さらに2.2cmで折る。そして、端から0.2cmの場所で更におったら、周りの縫い代も1cmで折る。後ろのパンツにポケットの布をおき、まち針かしつけで止めたらここにも周りにステッチをかけていく。

続いて、わきとまた下を塗っていく。前と後ろは中表に合わせ、脇の部分を1.5cmの幅で塗っていき、縫い終わったらアイロンがけでわっていき、すそも0.8cm・2.7cmの三つ折りにしておく。おったすその布は一旦広げて布の端から端までを、端から1.5cmで塗っていく。また、筒状になったパンツは仕上馬を使うと整いやすいが、使わなくても問題はない。

最後にウエストベルトを縫うと伝えられた。後ろと脇を縫い、脇はゴムを通すためゴムを縫わないようにと伝えられた。縫いしろを縫い、裏ベルトの端を8mmアイロンで折ってから中表にして端をミシンで縫い、アイロンで折ってひっくり返しパンツのウエストとベルトを留めた。ポイントを最初に留めて、その後細かくまち針かしつけ縫いで留め、1cmのところを一周ミシンで縫って縫いしろをベルト側に倒し、ウエスト部分にしつけをかけて裏ベルトが留まっているか確認。ステッチをわきからかけて後ろのベルトにゴムを通して端を1cm出してまち針で留めておく。ゴムを調整し、1cm出ているゴムをベルトに入れてゴムテープが動かないようミシンで留めて開いている口をまつり縫いで留め、鈎ロックをつけてパンツが完成した。

ここでパンツのパーツを確認。上前の部分のパンツ裏は見返し・下前の部分は持ち出しと言うと紹介されていた。また、右と左を間違えないことが重要となってくる。

パンツが完成した後のトーク。「これでパンツが完成しました」「たしかに工程が少し多いのでチャレンジかなと思うんですが、丁寧にいけば作った後の感動が」などと語られた。順番を間違えなければゆっくりやっていけば出来ると述べられ、店で売っているものを同じ作り方なのでわからなくなったら手持ちのものを参考にすると良いと語られた。今回はストレートパンツだったが、同じ作り方で違うパンツも作れるという。

ストレートタイプからスリムパンツの型紙に変更したものが、ワイドパンツに変更したものが紹介された。

ワイドパンツの完成品が紹介された。「こちら普通にボリュームがあるので、丈を短めにするとバランスが」「ああ、なるほど」などと語られた。パターンを見ると少し変えるだけで雰囲気が変わり応用が効くと述べられた。一つずつ工程をやっていくと自分に合ったパンツが出来るのでぜひチャレンジして欲しいと述べられた。

キーワード
まち針

エンディング (その他)
10:38~

こんかいの基本のパンツはテキストに掲載されていると伝えられた。書店にない場合はNHK出版0570-000-321まで。また電子版もテロップで紹介された。

次回のすてきにハンドメイドの番組宣伝。

エンディング。ちょっとの変更でいろいろ変わるなどと語られた。

キーワード
すてきにハンドメイド
電子版
NHKエデュケーショナル

番組宣伝 (その他)
10:39~

すイエんサーの番組宣伝。

いだてんの番組宣伝。

美と若さの新常識の番組宣伝。

ひと皿の魔法の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 3月19日 放送
  3. 次回の放送