あの日 わたしは〜証言記録 東日本大震災〜 「宮城県名取市 木村敏さん」

放送日 2016年2月17日(水) 10:50~10:55
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
10:50~

オープニング映像。

あの日 わたしは〜証言記録 東日本大震災〜 (バラエティ/情報)
10:50~

東日本大震災アーカイブスのURLが表示された。

明日へ -つなげよう- NHK東日本大震災プロジェクトのPR。

仙台市の寺の住職をしている木村敏さんは、震災時は宮城・名取市役所の職員として遺体安置所の運営に取り組んだ。市役所では、多数の死者が出た場合に備えて遺体安置所の設営準備に取り掛かった。木村さんは自分の担当業務ではなかったが、僧侶としての経験を生かしたいと安置所の運営に名乗りでた。すぐに市内の体育館が安置所として決まり、木村さんは最初に棺を集めることを指示した。職員は仙台市内の葬儀社にかけあい、在庫としてあった550個の棺を買い集めた。震災翌日、遺体が次々運び込まれ、できるだけ早く引き渡してあげたいとの思いから、木村さんは遺体に化粧を施し、棺の覗き窓を開けて訪れたすべての遺族に公開した。引き渡し作業は順調に進んだが、運ばれてくる遺体の数は一向に減らず、子どもや若い人の遺体の多さに、木村さんの気持ちが徐々に追いつめられていった。葛藤の中、甚大な被害を受けた沿岸部に住む高校の先輩との再会に救われ、すべての遺体を引き渡して5月に遺体安置所は閉鎖した。木村さんはすべての犠牲者を弔った。

キーワード
東日本大震災アーカイブス
明日へ -支えあおう- NHK東日本大震災プロジェクト
仙台市(宮城)
東日本大震災
木村敏

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 2月17日 放送
  3. 次回の放送