全国高校駅伝 男子第67回

放送日 2016年12月25日(日) 12:15~14:56
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
12:15~

オープニング映像。

男子第67回全国高校駅伝(中継) (スポーツ)
12:15~

京都市・西京極陸上競技場から中継。女子は大阪薫英女学院が優勝、男子のレースは0時半から始まると紹介した。出場校を一覧で紹介した。

実況・星野圭介、解説・尾方剛の挨拶とトーク。2020年東京五輪の出場のきっかけとなる選手が出てきてほしいなどと話した。

全国高校駅伝のコースを紹介した。42.195キロを7区間に分けて戦う。

スタート前の選手たちの様子を紹介した。「NHKスポーツ」アプリでの、コースの見たい地点を選んで映像を見られるライブストリーミング配信などを案内した。

注目チームを紹介。広島・世羅は1区に主将の吉田圭太、3区にデービッド・グレが走る。主将のコメントを紹介した。解説では、前半で逃げ切るための構成になっていると紹介した。

長野・佐久長聖は5000メートル13分台が2人、14分台が5人の構成。1区の名取遼太は、ライバルに広島・世羅や岡山・倉敷を挙げた。

岡山・倉敷は予選トップのタイムで出場。選手の故障などの不安要素があると紹介した。

他には熊本・九州学院が、熊本地震で熊本城周辺のコースが使えなかった、県外への遠征ができなかったなどの苦労を乗り越えての出場。4区・神林勇太のコメントを紹介した。

三重・伊賀白鳳は解説いち押しのチーム。7人とも昨年出場、優勝争いの可能性もあると紹介した。

1区の出場選手47人のうち、5000メートル13分台のタイムを持つ有力選手は6人。もう一人、福島・学法石川の遠藤日向がいたがインフルエンザで欠場となっている。秋田・秋田工の齋藤椋選手、三重・伊賀白鳳の塩澤稀夕主将、兵庫・西脇工の加藤淳選手にレースでの作戦を聞いた。その他、2008年から1区は留学生を除く選手が走ることが決まっていると紹介した。

スタート前の選手たちの様子を紹介した。スタート位置は予選会でのタイムで決まり、優勝候補ほど前列の中心に並んでいると紹介した。

全国高校駅伝がスタート。1区の選手が10キロのコースを走った。トップは長野・佐久長聖。

番組HPと「NHKスポーツ」アプリ、4チャンネルから見たい地点を選んで映像を見られるライブストリーミング配信などを案内した。

京都府警察の白バイ隊員を紹介。寶英行巡査長、澤島寛明巡査長。

2区の選手の走りを伝えた。トップは長野・佐久長聖。

3区の選手の走りを伝えた。トップは長野・佐久長聖。

4区の選手の走りを伝えた。トップは岡山・倉敷に変わった。

5区の選手の走りを伝えた。トップは岡山・倉敷。

6区の選手の走りを伝えた。トップは岡山・倉敷。

7区の選手の走りを伝えた。優勝は岡山・倉敷。

2区の選手の走りを伝えた。トップは長野・佐久長聖。

1区区間賞の名取燎太(長野・佐久長聖)にインタビュー。ラストスパートは苦手だったが克服できた、チームの仲間たちを信頼していると答えた。

ゴール地点から中継。47チームすべての選手が完走した。

優勝した岡山・倉敷の監督と選手にインタビュー。勝又雅弘監督は、39年目にしての初優勝と予想外の好タイムに感動している、選手の負傷もあったが乗り越えられたなどと答えた。アンカーの名合治紀は、チームメイトや応援してくれた人に感謝したいと答えた。

男子第67回全国高校駅伝は岡山・倉敷が優勝。レースをハイライトで伝えた。

全47チームの順位とタイム、7区間の区間賞を紹介した。2位以下の選手や監督のコメントを紹介した。

番組HPと「NHKスポーツ」アプリを案内した。レース後のHPではチームごとの動画などを航海予定。

全国女子駅伝、全国男子駅伝の放送を案内した。

キーワード
全国高校駅伝
大阪薫英女学院
西京極陸上競技場
東京五輪
NHKスポーツ
世羅
吉田圭太
デービッド・グレ
佐久長聖
名取燎太
倉敷
九州学院
熊本地震
神林勇太
伊賀白鳳
学法石川
遠藤日向
インフルエンザ
齋藤椋選手
塩澤稀夕主将
加藤淳選手
京都府警察
寶英行巡査長
澤島寛明巡査長

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 12月25日 放送
  3. 次回の放送