全国高校駅伝 男子第66回

放送日 2015年12月20日(日) 12:15~15:00
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
12:15~

オープニング映像。

西京極陸上競技場から、スタート前の選手のようすを紹介した。出場の全59校を一覧で紹介、青森・八戸学院光星、神奈川・法政二、岡山・倉敷、宮城・小林、千葉・流通経済大柏、開催地枠の京都・桂などをピックアップした。

放送席から、実況の太田雅英が解説の尾方剛を紹介した。

男子のコースを1区から順に紹介した。全長42.195キロ、1982年に現在の形となった。現地の天気などを紹介した。

注目高校をVTRで紹介。前回大会では広島・世羅が優勝。今年は新迫志希、井上広之、ポール・カマイシ、中島大就、吉田啓太の5人が去年に続き出場。中継では、世羅は女子が優勝しているなどと紹介した。キャプテンの新迫志希への取材を紹介した。

続いて、福島・学法石川の遠藤日向を紹介。3000メートルの高校日本記録を更新した。解説の尾方剛は、1区が好スタートを切れるかが鍵と紹介した。その他、山口・西京、長野・佐久長聖などの注目校をピックアップした。京都・洛南から坂口隆平選手へのインタビューを紹介した。

キーワード
八戸学院光星
法政二
流通経済大柏
井上広之
新迫志希
ポール・カマイシ
中島大就
吉田圭太
遠藤日向
西京
洛南
坂口隆平選手

全国高校駅伝 男子(中継) (スポーツ)
12:30~

白バイは京都府警の中島章吾巡査長、山室勇太巡査長。

順位放送ホームページの案内。

1区を終え、先頭集団は長野・佐久長聖、千葉・八千代松陰の2校。

2区を終え、広島・世羅の井上広之が逆転トップで交代した。

3区を終え、広島・世羅のポール・カマイシがトップで交代。2位は宮城・仙台育英のサイラス・キンゴリが15人抜き。

4区を終え、広島・世羅の吉田圭太がトップで交代。仙台育英の三條拓士は右わき腹を痛め、2位から7位へ順位を下げた。

5区を終え、広島・世羅の山口和也がトップで交代。

6区を終え、広島・世羅の植村拓未がトップ。大会記録のペースを6秒上回った。

全国高校駅伝男子は広島・世羅が2時間01分18秒で優勝。大会新記録の2時間01分32秒を更新した。全59校のフィニッシュを伝えた。

キーワード
順位速報ホームページ

エンディング (その他)
14:45~

優勝した広島・世羅の岩本真弥監督、主将の新迫志希選手が取材に答えた。監督は新記録樹立について、高校の名が歴史に残ってうれしいなどと答えた。主将は新記録について聞かれ、監督や周囲の指導・応援に感謝したいと答えた。

全国高校駅伝男子は広島・世羅が2時間01分18秒で優勝。全59校の順位を伝えた。

試合を振り返ってトーク。尾方剛は広島・世羅の優勝について、それぞれの区間の選手が役割を果たしていたなどと答えた。

全国高校駅伝男子の試合をハイライトで伝えた。

上位チームの順位の変動を紹介した。その他、2位・九州学院の中川選手、3位・倉敷の中谷選手、4位・佐久長聖の日野選手、6位・洛南の奥村監督と白永選手などのコメントなどを紹介した。

全国高校駅伝男子は広島・世羅が2時間01分18秒で優勝。全59校の順位を伝えた。

試合を振り返り、今年はレベルの高い戦いだったなどと話した。

NHKロードレース・ホームページとデータ放送の案内。

全国女子駅伝、全国男子駅伝の今後の放送の案内。

エンディング映像。

キーワード
中川選手
日野選手
中谷選手
奥村監督
洛南高等学校
白永選手
NHKロードレース

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 12月20日 放送
  3. 次回の放送