NHK杯フィギュア 第40回 2018 男子シングル・フリー

放送日 2018年11月10日(土) 19:30~21:45
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

オープニング映像。

男子シングル フリー(中継1) (スポーツ)
19:30~

イ・ジュンヒョンが「ピアノ協奏曲第2番」にのせて演技を披露。合計得点188.26点で暫定1位。

第2グループの6分間練習の様子を伝えた。ルールの改正について解説の本田は「加点を多くもらえると高い点数がでるが、失敗をすると減点も大きくなる」などと解説した。

宇野昌磨のショートプログラムの演技を振り返った。

男子シングル滑走順を伝えた。

解説の本田は「宇野選手は転倒はあったが練習を見た感じではいい調子できている」などと話した。

ケビン・レイノルズが「クロノ・トリガー」の曲にのせて演技を披露。合計得点182.67点で暫定2位。

佐藤洸彬が「交響曲第5番」の曲にのせて演技を披露。合計得点185.18点で暫定2位。

ヤロスラフ・パニオットが「メシアが再び」にのせて演技を披露。合計得点173.64点で暫定4位。

アレクサンダー・ジョンソンが「ウッドキッド メドレー」にのせて演技を披露。合計得点199.75点で暫定1位。

デニス・パシリエフスが「ラストサムライ」の曲にのせて演技を披露。合計得点197.60点で暫定2位。

男子シングル現在の順位を伝えた。佐藤洸彬は4位。

第2グループの選手を紹介した。

男子シングル第2グループの滑走順を伝えた。

第2グループの6分間練習の様子を伝えた。本田は「転倒はあったがフリーではしっかりやるだけだと言っていたので、切り替えて挑んでくると思う」などと話した。

ビンセント・ジョウが「グリーン デスティニー」などの曲にのせて演技を披露。合計得点223.42点で暫定1位。

マッテオ・リッツォが「ローリングストーンズメドレー」にのせて演技を披露。合計得点224.71点で暫定1位。

山本草太が「信長協奏曲」の曲にのせて演技を披露。合計得点213.40点で暫定3位。

ドミトリー・アリエフが「Clouds, The Mind on the(Re)Wind」にのせて演技を披露。合計得点219.52点で暫定3位。

宇野昌磨が「月光」にのせて演技を披露。合計得点276.45点で暫定1位。

セルゲイ・ボロノフが「Way Down We Go」にのせて演技を披露。合計得点254.28点で暫定2位。

男子シングルの最終結果を伝えた。優勝は宇野昌磨。

宇野は「温かい声援の中で滑ることができて力にもなり、その期待に応えた演技ができたとは言えないが次に向けて頑張りたい」などと話した。

本田は宇野のインタビューについて「細かいミスが悔しかったのでは」「課題を次の試合に生かして練習していってほしい」などと話した。

表彰式の様子を伝えた。優勝は宇野昌磨、2位はセルゲイ・ボロノフ、3位はマッテオ・リッツォ。

宇野昌磨のフリーの演技を振り返った。

山本は「演技中動揺もありミスもあったので悔しい」「楽しんで滑れましたし次につながったと思います」などと話した。

佐藤は「前半は大きな失敗もなかったが、頑張りすぎて後半体が追いついてなかった」などと話した。

男子シングルの最終結果を伝えた。

男女の日本人の最終結果を伝えた。男子の宇野昌磨は優勝、山本草太は6位、佐藤洸彬は10位だった。女子の紀平梨花は優勝、宮原知子は2位、三原舞依は4位だった。

「Legend on Ice」の番組宣伝をした。

「Legend on Ice」の番組宣伝。

「Legend on Ice」に参加する本田は「短い時間で覚えるのは難しかったが、このメンバーで滑れる楽しさがあった」などと話した。

NHK杯フィギュアの番組宣伝。

キーワード
広島グリーンアリーナ
NHK杯国際フィギュアスケート競技大会
ピアノ協奏曲第2番
クロノ・トリガー
交響曲第5番
メシアが再び
ウッドキッド
ラストサムライ
グリーン デスティニー
ローリングストーンズ
信長協奏曲
Clouds, The Mind on the(Re)Wind
月光
Way Down We Go
宇野昌磨
山本草太
佐藤洸彬
紀平梨花
宮原知子
三原舞依
  1. 前回の放送
  2. 11月10日 放送
  3. 次回の放送