国民文化祭 第32回 なら2017 第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会

国民文化祭(こくみんぶんかさい)とは全国から集結し、演劇、吹奏楽、美術作品などを発表する文化の祭典である。国文祭と略され、「文化の国体」といわれている。1977年から始まった全国高等学校総合文化祭に対抗し、一般の団体でも全国規模で参加する文化祭をしようと当時の文化庁長官で作家の三浦朱門が提唱し文化庁と東京都の共催で1986年にNHKホールで第1回大会が行われた。以降、毎年各県持ち回りで開催されている。しかし近年は開催地選定が難航することが多く、2016年から文化庁と開催都道府県は開催費用を削減する案が挙がっている。さらに2017年からは全国障害者芸術・文化祭(障文祭)と合同開催されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年9月9日(土) 15:51~16:35
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
15:51~

オープニング映像。

国民文化祭・なら2017 全国障害者芸術・文化祭なら大会 開会式 (バラエティ/情報)
15:52~

伎楽「獅子奮迅」が披露された。

奈良豆比古神社翁舞が披露された。

子ども狂言「伊呂波」が披露された。

書道パフォーマンスが行われた。

「ボレロ」が披露された。

創作パフォーマンス「唐子」が披露された。

「やまとしうるわし」の合唱が披露された。

舞楽「太平楽」が披露された。

文化の交流・融合が披露された。

東大寺大仏殿で国民文化祭・なら2017 全国障害者芸術・文化祭なら大会 開会式が行われる。八嶋智人が総合司会、永倉由季がアシスタントを務める。皇太子様が「奈良県は多くの文化財と美しく豊かな自然景観に恵まれた地である。新たな文化を想像する場として多くの成功をおさめることを願います」と述べた。

普照・栄叡が唐に渡って鑑真を日本に招くストーリーの動画が流れた。6度目にして日本に帰ることができた。鑑真は光を失い、栄叡は二度と船に乗ることはなかった。

イメージソング「やまとしうるはし」を制作した新井満さんがステージに登場。創作の出発点を問われると「ヤマトタケルノミコトが故郷奈良のことを懐かしみながら詠んだ和歌から」と説明した。

キーワード
伎楽
翁舞
狂言
佛隆寺
宇陀市(奈良)
ボレロ
普照
やまとしうるわし
東大寺大仏殿
皇太子
栄叡
重文 東征伝絵巻 部分
唐招提寺
大明寺
鑑真
やまとしうるはし
鑑真大和上坐像
東大寺
金剛八角燈篭
  1. 前回の放送
  2. 9月9日 放送
  3. 次回の放送