国民文化祭 第31回 あいち2016

国民文化祭(こくみんぶんかさい)とは全国から集結し、演劇、吹奏楽、美術作品などを発表する文化の祭典である。国文祭と略され、「文化の国体」といわれている。1977年から始まった全国高等学校総合文化祭に対抗し、一般の団体でも全国規模で参加する文化祭をしようと当時の文化庁長官で作家の三浦朱門が提唱し文化庁と東京都の共催で1986年にNHKホールで第1回大会が行われた。以降、毎年各県持ち回りで開催されている。しかし近年は開催地選定が難航することが多く、2016年から文化庁と開催都道府県は開催費用を削減する案が挙がっている。さらに2017年からは全国障害者芸術・文化祭(障文祭)と合同開催されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年11月5日(土) 15:05~15:50
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
15:05~

今回の舞台は愛知、テーマは愛故知新。

第31回国民文化祭 あいち2016 (演技/演奏)
15:05~

内山俊哉と戸田恵子がオープニングの挨拶をし、茶運び人形をモチーフにしたキャラクター・ブンぞーを紹介した。オープニングフェスティバルは会場を大仕掛なからくり空間に見立てて進める趣向。ブンぞーがネジを巻き舞台が動いた。

今井検校勉が平曲「那須与一」を披露した。

織田信長、徳川家康、豊臣秀吉が語り部として登場し今井検校勉の紹介などをした。舞台上に山車のセットが現れ、様々な人形を紹介。

知立山車文楽「二人三番叟(揉ノ段)」を披露した。

西川カーク、西川千雅らが人形振り「三番叟(鈴ノ段)」~創作展開を披露した。

創作舞踊「尾張名古屋のにぎわい」を披露した。

織田信長、徳川家康、豊臣秀吉が再登場し、「ふるさとで文化の祭典が催されると聞いて見物にやって来た」などと話した。華房小真・真子が「熱田神戸節」「都々逸」を披露した。

名古屋こども歌舞伎が「弁天娘女男白浪 稲瀬川勢揃いの場」を披露した。

徳川家康が名古屋誕生の語りをした。

平針木遣り音頭保存会が「大木遣り」「桑名(二番)」を披露。名古屋城築城をきっかけに街ができたなどと語られた。

創作舞踊「あいちの美意識」を披露した。

「花祭 市の舞」を披露した。

和太鼓集団 志多らが和太鼓パフォーマンス「花まつり 志多ら舞」を披露した。

織田信長、徳川家康、豊臣秀吉の語り。テーマ曲「愛故知新」(出立ver.)を披露した。

キーワード
茶運び人形
愛知県芸術劇場
那須与一
織田信長
豊臣秀吉
徳川家康
知立山車文楽
知立山車文楽保存会
二人三番叟
三番叟
パリのアメリカ人
大須商店街連盟
PRINCESS SAMURAI of JAPAN あいち戦国姫隊
パフォーマンス集団 kids heart
熱田神戸節
都々逸
弁天娘女男白浪
名古屋こども歌舞伎
アズ・タイム・ゴーズ・バイ
木遣り音頭
Aesthetic
花祭
和太鼓集団 志多ら
愛故知新
  1. 前回の放送
  2. 11月5日 放送
  3. 次回の放送