国民文化祭 第30回 かごしま2015

国民文化祭(こくみんぶんかさい)とは全国から集結し、演劇、吹奏楽、美術作品などを発表する文化の祭典である。国文祭と略され、「文化の国体」といわれている。1977年から始まった全国高等学校総合文化祭に対抗し、一般の団体でも全国規模で参加する文化祭をしようと当時の文化庁長官で作家の三浦朱門が提唱し文化庁と東京都の共催で1986年にNHKホールで第1回大会が行われた。以降、毎年各県持ち回りで開催されている。しかし近年は開催地選定が難航することが多く、2016年から文化庁と開催都道府県は開催費用を削減する案が挙がっている。さらに2017年からは全国障害者芸術・文化祭(障文祭)と合同開催されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年11月7日(土) 16:05~16:50
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
16:05~

鹿児島アリーナで開かれた第30回 かごしま2015の開会式の様子を紹介。主催者を代表して馳浩文部科学大臣があいさつ。皇太子さまがお言葉を述べられた。今年のテーマは「本物。鹿児島県~文化維新は黒潮に乗って~」。

キーワード
国民文化祭かごしま2015
宮脇太地さん
千足咲菜さん
小倉達弘さん
石堂和雄さん
吉川南海さん
増本加那美さん
馳浩
皇太子さま
雅子さま
伊藤祐一郎

第30回国民文化祭 かごしま2015 (バラエティ/情報)
16:12~

「~南北600km!故郷を紡ぐ旅の始まり~」の演技の様子。高校3年生の2人がふるさとを見つめなおす不思議な旅をする物語が繰り広げられた。

ルリカケスの精にふんした城南海が「旅のはじまり」を披露。 

ルリカケスの精にふんした城南海が「出航」を披露。 

「~海に抱かれしふるさと 黒潮文化の源流を求めて~」の映像が流れ出演した少女が「島唄 ヨイスラ節 島への愛」「島唄 ヨイスラ節 少女への想い」を披露。物語の続きが演じられた。

出演者が輪になり八月踊りを披露。奄美大島サテライト会場との中継もつないだ。

「~歴史・文化海道より~ 進取の風を乗せて~」の演技の様子。「荒れる黒潮」が披露された。

種子島恵時、種子島時堯ら当主役が出演しての演技の様子。出演者らが踊りに合わせ「進取の島」を披露。

「文化維新~受け継がれしもの創り出されしもの~」の演技の様子。薩摩琵琶奏者の山下剛の演奏に合わせ示現流による薩摩の心技が披露された。

「~『本物。鹿児島県』に生きる未来への賛歌~」の演技の様子。出演者全員で「黒潮の民のうた」が披露された。

キーワード
国民文化祭かごしま2015
城南海
旅のはじまり
出航
島唄 ヨイスラ節 島への愛
島唄 ヨイスラ節 少女への想い
武下かおり
武下和平
奄美大島
荒れる黒潮
種子島恵時
種子島時堯
進取の島
薩摩琵琶
示現流
山下剛
黒潮の民のうた

エンディング (その他)
16:49~

あさが来たスペシャル拡大版の番組宣伝。

バラエティー生活笑百科の番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 11月7日 放送
  3. 次回の放送